(写真=PIXTA)

注目の女性起業家8人。本格起業の道を進んだ先輩たち

会社のトップとして働く女性の起業内容がわかる!

起業や副業の話題が身近に聞かれるようになり、働き方の選択肢のひとつとして存在感を増しつつあります。心の中で、「いつかは起業を」と夢を描いている人もいるのではないでしょうか。女性の起業家は男性に比べまだ少ないですが、私たちの前に、道を切り開き確固とした歩みを進めてきた人たちがいます。日本の女性起業家、注目の8人を紹介します。

働く女性の支援をビジネスにしている女性起業家2人

●堤香苗氏(株式会社キャリア・マム)

株式会社キャリア・マム(2000年設立)

事業内容:主婦会員を活用したアウトソーシング、女性のキャリア支援、カフェ・託児付きコワーキング施設の運営など

起業ヒストリー:1964年生まれ。早稲田大学第一文学部在学中よりフリーアナウンサーとして活躍。1995年にキャリア・マムの前身・育児サークル「PAO」、1996年に任意団体「キャリア・マム」を立ち上げ、2000年に株式会社キャリア・マム設立。女性の再就労支援の実績により、東京都女性活躍推進大賞ほか多数の賞を受賞している。

●小室淑恵氏(株式会社ワーク・ライフバランス)

株式会社ワーク・ライフバランス(2006年設立)

事業内容:働き方改革コンサルティング、講演・研修、コンテンツビジネス、コンサルタント養成

起業ヒストリー:1975年生まれ。日本女子大学卒業後、株式会社資生堂に入社。社内のビジネスモデルコンテストで優勝し、育児休業者の職場復帰支援サービス「wiwiw(ウィウィ)」を立ち上げ、社内起業家となる。2005年資生堂を退社、翌年ワーク・ライフバランスを設立。長時間労働の是正やダイバーシティの実現など、女性の働きづらい日本の企業風土の改革を牽引する。

上場企業のトップを務める女性起業家2人

企業の信用力や安定性に公的なお墨付きを与える株式上場。企業が起業家の手を離れてパブリックなものになったことを示します。自身の企業の上場を果たした2人の起業家を紹介します。

●次原悦子氏(株式会社サニーサイドアップ)

株式会社サニーサイドアップ(1985年設立)

事業内容: PR、キャンペーン、スポーツマネジメント、イベントその他プランニングなど

起業ヒストリー:17歳で母親の高橋恵氏と共に創業、1993年に社長就任。企業のPR支援のほか、スポーツビジネスを手掛け過去5回の五輪に関わるなど、多岐に渡って事業を展開する。2008年に大阪証券取引所ヘラクレス (現・東証JASDAQ市場) に上場、2018年には東京証券取引所へ市場変更し、異例のスピートで2部から1部指定に。

●仲暁子氏(ウォンテッドリー株式会社)

ウォンテッドリー株式会社(2010年設立)

事業内容:ビジネスSNS「Wantedly」の企画・開発・運営

起業ヒストリー:1984年生まれ。京都大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス証券を経てFacebook Japanに初期メンバーとして参画、2010年ウォンテッドリーを設立。2017年、東京証券取引所マザーズに上場。2012年に公式リリースされた「Wantedly」は、現在月間200万人が利用するビジネスSNSに成長した。

金融業界に革命を起こす女性起業家2人

経済を動かし回すのがお金の流れです。新しい資金調達の仕組み・クラウドファンディングや、加速する世界的な潮流・キャッシュレスの決済サービスを構築した、2人の起業家を紹介します。

●米良はるか氏(READYFOR株式会社)

READYFOR株式会社(2014年設立)

事業内容: クラウドファンディングサービス「Readyfor」運営

起業ヒストリー:1987年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院修了。米スタンフォード大学留学中にクラウドファンディングを知り、2011年日本初のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を立ち上げる。2014年より株式会社化、代表取締役 CEOに就任。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出、日本人史上最年少でダボス会議に参加するなど、世界経済に存在感を示している。

●佐俣奈緒子氏(コイニー株式会社)

コイニー株式会社(2012年設立)

事業内容: 決済サービス「コイニー」の提供

起業ヒストリー:1983年生まれ。高校時代にアメリカへ留学し、帰国後に京都大学経済学部に入学。大学在学中より米ペイパルの日本法人立ち上げに参画、加盟店向けのマーケティングを担当する。ペイパルジャパン退職後コイニーを創業し、スマートフォンやタブレットを用いた決済サービス「コイニー」をリリース。2018年にはストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社とグループ化し、事業持株会社としてヘイ株式会社を設立。

社会問題をビジネスで解決する女性起業家2人

環境や貧困など社会が抱える課題を、ビジネスの手法で解決しようとするのがソーシャルビジネス。近年ますます重要性を増しています。サービスの利用や商品の購入によって私たちも自然に支援に参加できる、そんなビジネスを展開する起業家を2人紹介します。

●城宝薫氏(株式会社テーブルクロス)

株式会社テーブルクロス(2014年設立)

事業内容:グルメアプリ「テーブルクロス」の運営、インバウンド体験型メディア「byfood.com」の運営

起業ヒストリー:1993年生まれ。立教大学在学中に、企業と新商品開発を行う学生団体「Volante(ボランチ)」を創設し代表として活動。大学3年時に起業し、飲食店の予約が途上国の子供の給食費になる社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」を開発、2015年に正式リリースした。2017年にはグローバルEY主催「世界の女性起業家」に選出される。

●鮫島弘子氏(株式会社andu amet)

株式会社andu amet (2012年設立)

事業内容:エチオピアンシープスキンを使った皮革製品の企画、販売

起業ヒストリー:化粧品メーカーのデザイナーを務めた後、青年海外協力隊としてエチオピアとガーナに赴任。帰国後、外資系ラグジュアリーブランドでのマーケティング経験を経て2012年andu ametを設立。製造過程における生産国の環境配慮や正当な労働対価を実現し、ラグジュアリーブランドの中に「エシカル」「フェアトレード」といった社会貢献性を確立した。2015年、現地法人をエチオピアに設立。

起業の目的とビジョン、あなたは何を叶えたい?

せっかく起業するなら自分のやりたいことに全力で取り組み、前向きに進んでいきたいですよね。先輩起業家たちの歩みは、自分の思う社会的価値の実現に向けての、地道で果敢な歩みです。あなたはこれからの社会で、何を叶えたいですか?

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集