『会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン』 (安井元康著、すばる舎)

間違いだらけの自己投資。本当に効果を出せる自己投資の方法とは?

書籍『一気に伸びる人の自己投資のキホン』より

これからの時代、常に新しい考え方や学びを身につけるために自己投資していく必要があります。しかし、結果が出ないことに時間やお金をつぎ込んでしまっては意味がありません。

『会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン』 (安井元康著、すばる舎)より、人生やキャリアの選択肢を広げていくための自己投資の方法についてご紹介します。

自分に合った自己投資の方法を見つけるには?

学歴と職歴は必ずしも一致しないことがよくあります。

著者は、ごく普通の都立高校から、ごく普通の中堅大学に進んだと自身の学歴について語っています。学生時代は、学費と生活費を稼ぐためにアルバイトなどをこなしてきました。ある意味では、平均的な大学生としての過ごし方なのかもしれません。

迎えた社会人生活で、「自分は学歴で勝負できない」という現実を直視した著者。これからは、職歴で勝負していこうと思い立ちます。

自分が現在置かれた状況を受け入れ、将来を過去と現在の延長として見るのではなく、常に未来思考、つまり成功している自分からの逆算で、その時々にやるべき自己投資をしてきました。(4ページより引用)

著者が就職したのは就職氷河期といわれた時代のこと。ITバブル崩壊直後の2001年に新卒でベンチャー企業に飛び込みます。

その後の職歴は圧巻です。20代で上場企業2社において役員に、30代では戦略コンサルティング会社の幹部から売上1200億円を超える上場企業の社長になります。

自分が勝てる場所と勝てるやり方を常に探りながら自己投資。焦らずに、でもがむしゃらに努力を続けてきたのだといいます。

自己投資といえば、一般的にセミナー通いや資格取得といったイメージがあります。しかし、誰にでも当てはまる成功の方程式などはありません。

大事なことは、自分に合った自己投資は自分で考えることなのだと本著には書かれています。テーラーメイドの自己投資法を自ら考える。そして、目先の結果にとらわれることなく、5年後も10年後も第一線で活躍するために、本当の実力を身につけることを目指すべきなのです。

自己投資、最初の第一歩は小さければ小さいほどいい

自己投資の大切さは分かるけれど、実際のところ時間がなかなか取れないという人も多いのではないでしょうか。その回答は明確で、「思い立った今日、その日が初日」であると著者はいいます。

たとえば、一番集中できる早朝に、自宅で線を引きながらじっくり読む、考える・読み返す場面では、通勤時間を活用するなど、自分にとって何が効率的かを模索してみてください。(105ページより引用)

完璧な良いタイミングなどは存在しない。だからこそ、やるかやらないかだけの話であるといえるでしょう。

最初のステップは、小さければ小さいほど良さそうです。今日1冊の本を買ったら5分でも1ページでも、まずは読んでみる。大きなステップを最初からするのではなく、むしろ小さなステップから始めることが、挫折しない成功の秘訣であるといえそうです。

入り口時点でのハードルを下げて、取り掛かりやすいことから始めることで、自己投資に慣れることができそうです。

コスパ最強の自己投資は読書

著者は、「結局、読書がコスパ最強の勉強法」であるといいます。1冊1000円前後から一流の知識や知恵に触れられるのですから、効率がいい投資対象であることは明らかです。しかし、ただ本を読み、眺めているだけでは意味がありません。付箋を貼ったり、大事なところに線を引いたりして、著者の意見と対峙しつつ読むことが重要です。

一般的に本を出すほどの著者は、それぞれの分野で実績があるものです。著名人や実力者と実際に会って話をすることは難しくても、その考えと直接対峙できるのが読書であるといえます。

著者の意見と自分の意見とを比較しつつ、その違いを考えながら読み進めて自分のものにしていく。いかに読書が自己投資として効果的な勉強法であるかかが分かります。

自己投資を習慣化するコツは「お金をかけないこと」

最初からお金をかけるのではなく、身の丈にあった費用感で実施していくのも、自己投資を習慣化するコツです。(152ページより引用)

資格取得などの勉強は、何かとお金がかかるものです。そこで著者はいかにお金をかけずに自己投資するかについて工夫していたようです。

たとえば、無料のセミナーや講演会、ワークショップ。最近では、YouTubeにも無料のすばらしい動画の講義が溢れています。質の高いセミナーや役に立つ情報があるウェブサイトなど、常にチェックして学ぶ体制を整えておくと良いといいます。

無料のコンテンツを使いながら勉強を進めていくうちに、やがて少し物足りなくなってきたとしたら、その時点で有料に切り替える。段階を踏むことで、自分のレベルに合わせた無理のない自己投資ができそうです。

自己投資の王道ともいえるスクール通いは、通っただけで満足してしまう人が多いと著者はいいます。スクール通いはお金がかかり、時間が指定されてしまう。そして、安心してしまい、それ以外の学びをしなくなってしまうという傾向があるようです。

身銭を切ることで強い覚悟が生まれるという一面もありますが、スクール通いに本業の予定が振り回されてしまったら本末転倒です。

20代は勉強、30代は健康

本著の最後において、頭と体の両方が資本であると著者は語っています。若いうちは多少の無理が効くものですが、20代で頭への投資の比重を多くして仕事の基礎固めをしたなら、年齢を重ねるにつれて、体への投資の比重をあげていくと良いようです。

20代は勉強、30代は健康。「資本比率」を徐々に変えていく(190ページより引用)

ジム通いはスクール通いと同様に、通っていることで安心してしまうこともあります。食事に気をつけたり、規則正しい生活をしたりして、健康のために自分でできることはたくさんあるでしょう。

さまざまな自己投資の方法や種類。その中から、自分自身のレベルや性格、年齢に合わせて戦略的に選び取っていくことが、結果を出していくコツであるといえそうです。

書籍紹介

自己投資 『会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン』 (安井元康著、すばる舎)

タイトル: 会社では教えてもらえない 一気に伸びる人の自己投資のキホン
著者: 安井元康
発行: すばる舎
定価: 1400円(税抜)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集