(写真= miya227/Shutterstock.com)

30代女性の中途採用事情を読み解く。転職で希望をかなえる方法とは?

30代女性の転職は追い風?逆風?

「30代にもなって新たな会社にチャレンジするのは難しいのではないか?」「結婚や出産もしたいけど、転職の妨げにならないだろうか?」など、30代女性の転職にはその年代ならではの悩みがあるでしょう。

30代からの転職は可能なのか?女性の転職や中途採用市場に関するデータから探ります。

転職市場は30代女性にとって追い風か、逆風か?

30代女性の転職事情は明るいのでしょうか、それとも厳しいのでしょうか。まずは、近年の転職市場の動向から見てみましょう。

●30代の中途採用がもっとも多く、2019年も増加傾向

リクルートワークス研究所『中途採用実態調査(2018年上半期実績、2019年度見通し)』によると、2018年度上半期の中途採用における採用年齢層は、30代が66.8%でトップ。40代の中途採用も、2017年から2018年で5.3ポイントの増加と高い伸びを見せています。厳しいのは50代以降の年代です。

これは男女まとめてのデータなので男女で傾向が異なる可能性もありますが、30代はまだ、転職に年齢の影響を心配する世代ではなさそうです。

●採用と処遇を決めるのは「経験・能力・知識」

企業が転職者を判断するポイントはどこなのでしょうか。厚生労働省『平成27年転職者実態調査の概況〔事業所調査〕』によると、転職者のいる事業所の採用理由は、次のような回答となっています。

<専門的・技術的な仕事>
1位:経験を生かし即戦力になるから……64.8%
2位:専門知識・能力があるから……55.0%
3位:離職者の補充のため……48.4%

<事務的な仕事>
1位:離職者の補充のため……59.3%
2位:経験を生かし即戦力になるから……45.4%
3位:職場の適応力があるから……29.9%

<販売の仕事/サービスの仕事>
1位:離職者の補充のため……(販売)57.2%、(サービス)62.7%
2位:経験を生かし即戦力になるから……(販売)57.8%、(サービス)47.7%
3位:職場の適応力があるから……(販売)30.1%、(サービス)35.1%

また、転職者の賃金や役職など処遇を決める際に考慮した要素においても、業種を問わず「これまでの経験・能力・知識」を挙げる企業がもっとも多く、全体で71.4%に上ります。

採用の可否、採用後の待遇を決めるのは「転職前に身につけたもの、積み上げたもの」だと考えてよい結果でしょう。これも、経験豊富な30代女性には追い風となる情報だと思います。

30代転職者の強みとは?

30代転職者の特徴も見ていきましょう。独立行政法人労働政策研究・研修機構が2019年に発表した『若者の離職状況と離職後のキャリア形成Ⅱ』の分析結果から追ってみました。2018年4月2日時点で20~33歳の、正社員としての勤務経験が1回以上ある人を対象に行った調査です。

●在職期間が長いほど能力が高い

全体的な傾向として、若手正社員の職務遂行能力は、長く勤めるほど伸びていきます。最初の正社員勤務先を離職した人も継続している人も、職務遂行能力を示すあらゆる行動特性において、入職3カ月時点よりも離職直前や調査時点のほうが高い得点を記録します。また、勤続期間3カ月超より3年超、3年超より5年超と、在職期間が長いグループのほうが、より多彩な行動特性について能力の伸びを示します。

30代になって転職を考える人は、大卒の新採用で就職したのであれば、勤続10年に届こうとする頃。企業の求める仕事の能力は、十分に備えていると自信を持ってよいのではないでしょうか。

●在職期間が長いほど、能力の高い人が離職していく

勤続者の能力と離職者の能力を比較してみると、次のようなことが分かりました。職務遂行能力は勤続期間に伴って伸びていきますが、勤続期間が長くなると、離職者が勤続者の能力を追い越す傾向が出てきます。

勤続期間3カ月超3年以内のグループで比べると、勤続者のほうが離職者より高い得点を示す行動特性は、半分くらい。5年超10年以内のグループになると、すべての行動特性において、離職者のほうが勤続者より高くなります。勤続期間が長くなるほど、能力の向上した人がキャリアアップのために会社を離れるという状況があるようです。

●「結婚・出産のため」転職する人たちの能力がもっとも高い

女性特有のデータもあります。勤続期間が長くなるほど「結婚・出産のため」を理由に転職する人が増えていくのですが、「結婚・出産」を理由に離職した人は、その他の理由で離職した人よりも高い能力を示すのです。

転職前の企業から見れば、能力が伸びこれから活躍する女性社員を、よその企業に流出させているというもったいない状況です。

一方、転職者の側に立ってみると、能力の高いビジネスパーソンが結婚・出産を理由に転職することは決して珍しくないとも言えるでしょう。

30代女性が気をつけたいのは「転職の満足度」

転職, 女性, 30代, 未経験 (写真=Erik Kalibayev/Shutterstock.com)

30代の転職女性は、企業の中途採用ニーズにマッチした有望な人材である可能性が見えてきました。しかし、気をつけたい落とし穴もあります。それは「転職した後に失望してしまう」可能性です。

●一度、非正規雇用になるリスク

転職後も正社員である女性は、現在の職場に入った後に結婚した人がもっとも多く、その割合は約6割です。最初の職場を離れて出産し、その後再就職する人では、その約半数が正社員以外の雇用になります。現在無業である人は、ほとんどが出産のタイミングで離職した人で、出産からの無業は、離職した女性全体で見ると約半数に上るのです。

転職により非正規雇用となることは、その後の正社員復帰を困難にするという意味でハイリスクです。30代女性の転職では、次の職場の雇用形態に注意を払うべきでしょう。

●家庭の制約が満足度を下げるリスク

正社員としての転職でも、留意しておきたいことがあります。男性には見られない傾向なのですが、勤続年数3年以上で正社員に転職した人は、他の勤続年数グループよりも現在の勤務先への満足度が低いのです。勤続意志も低めです。

勤続年数3年超のグループは配偶者や子供のいるケースも多いです。報告書では、家庭において男女が担う役割が仕事や再就職に制約を課し、結果として満足度を下げた可能性を指摘しています。家庭的な制約が転職後の待遇や仕事内容に与える影響をどの程度軽減できるかも、30代女性の転職においては、重要なポイントとなるのでしょう。

未経験分野に挑戦したいなら「異業界同職種」の検討を

ここまで見てきたことを総合すると、筆者はあまり未経験分野への転職をおすすめする気持ちにはなれません。せっかくの強みである経験や能力が生かせませんし、不本意な待遇や条件を飲み込んで踏み切れば、転職後に不満を抱える結果になりかねないからです。

それでも自分の希望や周囲の事情により、未経験分野に挑戦するのであれば、これまでのキャリアを生かせる「異業界同職種への転職」を考えてみてはどうでしょうか。業界が変わったとしても、それまで身につけたノウハウやスキル、職務知識は次の仕事に十分に生かせるでしょうし、転職先に強くアピールすることもできるでしょう。

30代の女性なら、裁量権の増えるマネージャーポジションへの挑戦もいいのではないかと筆者は思います。女性管理職が少ない職場であれば「自分が道を切り開く」という思いでチャレンジすることも、とても前向きなキャリアチェンジになるでしょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集