『ニューヨーク・ミリオネアの教え 一生モノの美しさを手に入れた人が幸せになる』 (一色由美子著、大和書房)

「私」という一生モノの資産を磨き上げるための4つのステップ

30代からの正しい自己投資方法とは

30代は変化していく若さやこれからのキャリアの方向性に惑う年頃であるといえるでしょう。残念ながら、若さは目減りする資産。長い人生において大切なのは、自分の価値を上げていく方法を知っておくことです。

『ニューヨーク・ミリオネアの教え 一生モノの美しさを手に入れた人が幸せになる』 (一色由美子著、大和書房)より、自分自身を資産と捉え、価値を高める考え方を紹介します。

本著は、自分自身を資産として捉え、若さだけではない、目減りしない真の美しさを身につける方法について教えてくれます。

1. 笑顔は1秒でできる美人テクニック

「たった1秒で美人に見せる方法はありますか?」そう聞かれたら、即答で、「笑顔を作ること」とお答えします。(16ページより引用)

本著には、内面に通じる外見の磨き方について、多くの項目が収められていますが、その代表格が笑顔です。

笑顔は、ストレスホルモンの分泌を減少させて幸せホルモンの分泌を促進し、血圧を下げる働きがあるそうです。また、笑顔でいると周りに好感を与え、親切に見えたり、能力がある人に見えたりするというペンシルベニア州立大学の調査結果もあるのだとか。

もし、「すきがない」「話しかけにくい」などと言われることがあるのだとしたら、無意識に出ている素の表情に、自分が思っているよりも笑顔が足りないのかもしれません。

著者がコンサルタントしているクライアントには、会社のデスクに小さな鏡を置くように勧めているのだといいます。そうすることで、なかなか気づきにくい、いつもの自分の表情がわかります。笑顔が欠けていることで逃している人との縁や、遠ざけている運があるとしたら、とてももったいない話です。

会議中、PCを打っているとき、電車に乗っているとき、そんなちょっとしたときに少しだけ口角を上げてみる。それだけで、素の顔がもっと表情豊かに、美しくなるのではないでしょうか。

2. 人との差別化を図る

多くの起業家をクライアントに持つ著者には、女性起業家だけではなく、これから起業を目指している女性など、自分のサービスを売ろうとしている側の人が多くいます。起業当初は、自分のサービスに高く値段をつけることに抵抗を感じる人が多いようですが、著者はこうした考え方を捨てるようにすすめます。

つまり安いという理由だけで人が来る時代は終わっているのです。同じサービスを売るなら、人との差別化を図ること。(151ページより引用)

ここにいけば、こんなメリットがある。それをきちんと表現し、魅力を前に出していけば、空間や時間にお金を払う人が現れるのが、現代の特徴であるといえるでしょう。

これは企業の商品だけの話ではなく、私たち一人一人にもいえることです。自分自身は、自分という商品を取り扱っている起業家であり、投資家でもある。自分にどう投資して、付加価値を上げていくか。どう魅せて、より高く自分を売っていくか。

そのためには、もっと自分を大切に扱い、人からも大切に扱ってもらえる人になっていく考え方を身につけていかなくてはなりません。

3. 習慣化する

本書に紹介されているのは、日常的にすぐできることばかり。筆者はさらにそれを習慣化する大切さを説きます。

私の周りにいる素敵な女性に「何かされていますか?」と聞くと、必ずと言って良いほど「特に何もしていません」そんな答えが返ってきます。なぜなら、素敵であるために、魅力的であるために様々なことを習慣化しているから。(8ページより引用)

4. 素敵な人たちとの人脈を築く

人は何物にも代えがたい財産です。どんなにお金があっても買えないものは、その人が長年欠けて築き上げてきた人脈だと思います。(189ページより引用)

どういう人と付き合っているのかということは、その人となりがわかるバロメーターになり得るでしょう。できることならば、良い人脈という財産を手に入れたいものです。

本著では、素敵な人たちとの人脈を築くコツとして、自己開示していくことがあげられています。ありのままの自分自身を相手に話すことができる人は、自分を認めて愛している人。その姿勢に対して、相手も自分のことをさらけ出してくれるはずだといいます。

そして、裏表なくはっきりとモノを言い、人によって態度を変えないことも信頼に繋がるといえるでしょう。すばらしい人脈は、年を経ても色あせることはなく、運命をも変えてくれそうです。

失っていく若さに固執して嘆くのではなく、得られるものを吸収しアップデートを続けていく。そんな生き方を意識していくことで、若さを超越し、自分自身の資産を高めていくことができそうです。

自分自身という資産を築いていく

著者は結婚や出産を経てニューヨークで暮らした経歴を持っています。ニューヨークといえば、イメージコンサルタントの本場。ドミニク・イズベックに師事した後、自ら「Y Style New York」を立ち上げ、ミリオネアやエグゼクティブのコンサルティングを手がけてきました。

2011年に帰国してからは、ニューヨークでの経験を活かして日本でもサロンをオープン。外見や立ち居振る舞い、コミュニケーションスキルなどについて、ビジネスパーソンや政治家など幅広いクライアントのコンサルティングを行ってきました。

著者のクライアントには、20代から50代までさまざまな年齢とバックグラウンドを持った人々がいます。しかし、その中でも30歳前後の人にかぎって、「もう若くないから」と結婚やキャリア、人生に至るまで何かと焦っている傾向があるのだといいます。

若さは誰にでも平等に与えられていますが、同じ時間をかけて皆、年齢を重ねていくもの。若さだけが女性の価値だと思い、見た目の若さに固執していては、その先には絶望感しかありません。

内面は若いときよりもバージョンアップでき、外見は内面の一番外側だと捉えて自身のライフステージに合わせつつキレイをアップデートできる。そんな考え方と行動のコツが本著にはまとめられているのです。

書籍紹介

資産,築く 『ニューヨーク・ミリオネアの教え 一生モノの美しさを手に入れた人が幸せになる』 (一色由美子著、大和書房)

タイトル: ニューヨーク・ミリオネアの教え 一生モノの美しさを手に入れた人が幸せになる
著者: 一色由美子
発行: 大和書房
定価: 1400円(税抜)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集