(写真=PIXTA)

すすめられて加入した「ペット保険」本当に必要だったの?

ペット保険の基礎知識をおさえよう!

ペットの数が子どもの数を上回った。これって本当だと思いますか?ちょっと信じがたい話ですが、2018年4月時点で15歳未満の子どもの数が1553万人であるのに対して、2018年10月時点での犬・猫の飼育頭数は1855万頭という調査結果が出ています。

ペット数の増加に伴いペット保険市場も右肩上がりとなっていますが、海外と比較すると日本のペット保険はまだまだ加入率が低いようです。ペットを購入したショップや動物病院ですすめられてなんとなく加入した人も多いでしょう。ここでは、ペット保険の現状を紹介します。

ペット保険について簡単に解説

ペット保険について、じつは内容をよく理解していない人も多いのではないでしょうか。まずはペット保険の運営会社や、保険内容について解説します。

● ペット保険を扱う保険会社ってどんなところ?

基本的に国内でペット保険を取り扱えるのは、金融庁の免許を受けている保険会社か、金融庁に登録している少額短期保険会社のどちらかになります。業者については、金融庁のホームページなどで確認できるので、加入を検討する際は参考にするといいでしょう。

少額短期保険会社とは、保険金額が少額で期間が1〜2年以内の商品を扱う業者のこと。聞き慣れないかもしれませんが、2018年時点で日本少額短期保険協会に9社が登録されており、その他を含めると10社以上の保険会社がペット保険を取り扱っていると考えられます。

● ペット保険の内容は?

ペット保険ではどのようなものが補償されるのでしょうか。動物病院で病気やけがの治療を受けた場合、人間のように健康保険はありませんからすべて自費診療になります。ペット保険はその際の治療費を負担してくれるというのが基本的な内容です。

保険会社によって条件はさまざまですが、治療費の50%〜100%の補償が受けられます。1日の限度額や年間の限度日数はありますが、入院や手術の対応なども可能です。ほかにも、動物病院の窓口支払い時に自己負担額だけを支払えばよいサービスや、獣医師への相談サービス、賠償責任の特約などがついているペット保険もあるようです。

●補償されないケースの例

ただし、治療であればなんでもカバーされるわけではなく、例えば去勢や避妊手術を受けているかいないかによって、同じ病気でも補償されないことがあります。また、ワクチン接種や遺伝性の病気など対象外になるものも多く、「補償されると思っていたのに……」といったトラブルにつながるケースもあり、加入の際には必ず補償内容を確認することが大切です。

保険料って変わらない?

ペット, 保険, 必要 (写真=PIXTA)

ペット保険の保険料はどのくらいなのでしょうか。犬や猫、そのほかにも鳥やうさぎなどペットの種類によっても異なりますが、ほとんどが一定期間の更新型であり、特に1年更新が多いようです。

● 1年更新の注意点

1年更新の保険でも、更新ごとに保険料が変わるものと変わらないものがあります。初回加入については年齢制限があることが多いので8歳くらいをめどに加入の検討をしたほうがよいでしょう。その年齢までに加入しておけば終身で更新できるという条件が多く見られます。

ただ、ペット保険は人の保険と「終身」の意味合いが少し異なります。1年ごとの短期契約を終身で更新できるということですので、毎年の更新時にその年齢に見合った保険料に変更となり、加入期間はずっと払い続けなくてはならないタイプが多く、保険料は年齢に応じて高くなる傾向があります。

ここで年齢別に変わる保険料の例を紹介します。

・ミニチュアダックスフンド
・オス
・小型犬の平均寿命……およそ14歳
・月払い保険料
0歳保険料……3190円
5歳保険料……3640円
10歳保険料……4250円
15歳保険料……4880円

保険会社によって年齢による保険料の差には違いがあり、0歳時と8歳時ですでに2倍近い保険料になっているところもあります。

● 飼う前に確認しておきたいペットの治療相場

これだけの保険料を払っても家族同然のペットの健康は守りたいと思うのが飼い主の心情ですが、どのくらいの頻度で病院に行く必要があり、どのくらいの治療費用がかかるのでしょうか。

ある調査によると、ペットが1年間に動物病院にかかる回数は半年に1回程度がもっとも多く、年平均では7.4回、13歳以上になると回数も多くなるという結果が出ています。

また、1カ月にかかる動物病院の平均費用は7408円、1つの病気にかかったときの治療費の最大額は平均5万8993円となっています。どちらにしても年齢が高くなるにつれて、かかる金額も大きくなっていくようです。

動物病院の料金は獣医師が自由に設定できるため、病院による差が大きくなります。ペットを飼うときには動物病院の情報を真っ先に確認する必要がありそうですね。

人もペットも保険はお守り

ペットは飼いたいけれどためらう理由の上位には、「お金がかかるから」という声があります。人もペットも病気やけがのリスクは生活全体に影響を与えるものです。日頃から食や運動で人が体を気遣うのと同じように、ペットにも質の良い食事と毎日の散歩を心掛けて、元気に長生きしてほしいですよね。

どちらにとっても保険はあくまでお守りです。1年更新というペット保険の特徴を生かすには、加入する年齢と、老齢になったときの治療に対する考えをしっかり持っておくことがポイントなのではないでしょうか。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集