(写真=PIXTA)

女性一人暮らしの引っ越し費用相場は?時期と荷物量がポイント

1人暮らしの引っ越し予算を知ろう!

引っ越しを計画しはじめたら、どのくらいの費用がかかるのか相場を知りたいと考えるでしょう。おおよその目安が分からないと、予算をどのくらい準備しておけばよいか不安になってしまいます。ここでは、引っ越し費用の相場やその内訳、費用を抑えるポイントなどについて紹介します。引っ越しを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

引っ越し費用の内訳

一人暮らしの引っ越し費用の総額は、家賃の5.5カ月分から13.5カ月分ともいわれています。何にどれくらいかかるのか内訳を確認しましょう。

●初期費用

賃貸の場合、敷金や礼金、仲介手数料や前家賃などの初期費用がかかります。おおよそ家賃の5カ月分から6カ月分が初期費用の目安ですが、物件によって敷金や礼金、仲介手数料などの費用が異なるので、家賃以外の部分もしっかりと確認して検討したいですね。

●ゴミ処分費用はリサイクルで節約

引っ越しの準備をしていると、燃えるゴミには出せないような金属や家電製品、家具などが出てくることがあります。市町村の窓口で粗大ゴミを引き取ってもらう場合は、300円から2000円程度が目安ですが、自治体によって費用が異なるので事前にチェックしましょう。

部屋の片付けをすると、どこから出てくるのかゴミの袋がいっぱいになることがあります。自治体のリサイクルに出したり、古着の買取などを利用したりしてお金のかからない処分方法で賢く整理しましょう。

●引っ越し業者に支払う費用

引っ越し業者に依頼する場合、一人暮らしなら5万円前後が目安ですが、3月4月の引っ越し繁忙期は費用が割高になることもあります。時期のほか、平日か土日祝日かによっても費用に幅があるため、注意しておきましょう。

●新居で使う生活雑貨の購入費用

新居に移ることをきっかけに、家具を新しくしたり、家事用品を新調したりすることが考えられます。1000円単位の細かい雑貨でも、購入するものが多いと意外と費用がかかります。家電製品や家具をどの程度そろえるかにもよりますが、10万円から50万円の範囲内を想定しておくとよいかも知れません。もちろん、グレードによって費用を抑えることも可能です。

引っ越しのタイミング次第で費用が変わる

引っ越し業者への費用を抑えるには、可能な限り繁忙期を外すとよいでしょう。引っ越し時期によって、引っ越し業者へ依頼する費用が割高になります。3月4月など入学や卒業、入社や転勤など多くの人が引っ越しをする繁忙期は、業者の手配が追い付かなくなるほど引っ越し件数が増え、業者側の「言い値」で見積もりされることがあります。

見積り額を払うことができない、または、引っ越しが手配できないことで「引っ越し難民」という言葉も出てきているようです。時期にゆとりがあるのであれば、繁忙期ではない時期を狙うことでよりお得に引っ越しできるかもしれません。

荷物の量で費用が変わる

引っ越す時期だけでなく、引っ越しで運ぶ荷物の量でも業者の見積り額が変わります。引っ越し業者に見積もりを聞くときに、部屋の広さ(1LDK、2LDKなど)や家族の人数を聞かれるのは、おおよその荷物を把握するためです。

また、電話で部屋の大きさや家族の人数を聞き取るだけでは実際の荷物の量を把握できないため、直接訪問して見積もりをする業者も多くいます。同じ一人暮らしでも、当然ながら人によって荷物の量が異なるため、大型荷物がどのくらいあるか、荷造りの箱はどのくらいになりそうか、できるだけプロの目で事前にチェックしてもらうのがおすすめです。

荷物の量によって準備する車両の大きさが変わるため、一般的な一人暮らしより荷物が多い人や、自転車やバイク、楽器などの大型荷物がある人は費用が高くなる可能性があります。

訪問前に荷物の整理を済ませておく

引っ越し, 費用, 相場 (写真=PIXTA)

あらかじめ断捨離をして荷物を整理しておくなど、訪問見積もりのときにすっきりした状態で見てもらうと、荷物が少ない印象になり、見積もり金額にも違いがでることが期待できるでしょう。反対に、散らかった状態で訪問見積もりをすると、荷物が多い印象を与えることがありますので、気を付けましょう。また、荷造りから運び入れまですべて業者に依頼することも可能ですが、費用を抑えたいのであれば自分で荷造りや荷ほどきをするという方法もあります。

引っ越し費用の相場は参考程度にする

一人暮らしの引っ越し費用がどのくらいかかるか、相場が気になりネット検索で調べる人は多いですが、口コミなどの情報はあくまで参考程度にとどめておくのが無難です。

引っ越しは、時期や荷物の量が異なると、費用に差額が生まれます。自分の引っ越しパターンが、ほかの人と同じとは限りません。電話で見積もりを依頼すると訪問を提案され、「相場を知りたいだけなのに……」と、多少の抵抗を感じるかもしれませんが、実際の荷物量を確認しないことには業者側も判断が難しいことでしょう。

ネットの情報や電話見積もりで提示された金額は、おおよその目安として考えておき、きちんと把握したい場合は正確な見積もりを依頼してみるのがおすすめです。数社の業者を比較することも、費用を抑えるポイントになります。引っ越し予算を検討する目安として、問合せしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集