(写真=unsplash)

貯金をする3つの意味とは?貯金ゼロ世帯が人生で大きな損をしているわけ

老後の備えだけじゃない

社会人としてある程度の経験を積んだ年代になると、「貯金する派」と「貯金しない派」に分かれます。ある調査で30代、40代の働き盛りの世代の約2割が「貯金ゼロ世帯」であることが分かり、「貯金しない派」にとっては安心材料になったかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか。現代は、稼げる世代こそ貯金はするべきです。あらためて「貯金する意味」について考えてみましょう。

貯金ゼロ世帯が23.1%という統計結果は安心?

SMBCコンシューマーファイナンスが2019年1月、30、40代の男女1000人に金銭感覚に関するアンケートを行ったところ、「貯金額ゼロ(貯金ができていない)」という回答が全体の23.1%を占めたそうです。ちなみに貯金額が100万円以下の人は60.5%になります。

「同世代の他の人もやっていないんだから私もきっと何とかなる」

そう思った人は貯金の意味をもう少し深く考えてみることをおすすめします。

「貯金ゼロ」の高すぎる代償

大前提として、見通しが暗い老後に備えるために貯金は必要なのです。

まず個人の環境を考えてみましょう。30代や40代は稼ぎ時である一方、65歳以降の定年退職までの折り返し地点に差し掛かります。そろそろ、退職後のマネープランについて考えておかないと、老後破産ということになりかねません。現役を引退すると収入は確実に減るにもかかわらず、支出は医療などで増える可能性すらあるからです。

視野をもう少し広げてみましょう。日本は1000兆円という世界最大の累積債務国です。財政破綻のリスクや少子高齢化を考えた場合、年金支給額が減り、医療費の自己負担の割合が上がっていくことは十分にあり得るでしょう。

さらに「貯金ゼロ円が2割前後」であることを加味すると、今の現役世代が老後を迎える頃には、高齢者の貧困や破産はより当たり前のものとして浸透しているかもしれません。

老後の備えだけじゃない!貯金をすべき3つの意味

貯金する, 意味 (写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

「見通しが暗い老後に備えるために貯金は必要だ」とすでにお伝えしましたが、貯金には老後の備えだけでない、3つの意味があります。

●貯金する意味1. 突発的な不測の事態に備える

突然病気にかかって医療費がかさむ、あるいは仕事をセーブする必要が出て生活費が必要になる、親の介護が始まるなど、老後になる前もリスクは存在します。育児においては、教育の内容次第でかかるコストが大きく変わります。

例えば、公立の小学校を選べば32万円程度で済みますが、私立の小学校を選べば153万円ほどかかります。仮に結婚・妊娠・出産・育児がないとしても、事故や病気で仕事ができなくなり、収入が途絶えるリスクは誰もが抱えているのです。

こういった現役時代のリスクの備えとして保険をまず思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、保険は加入に条件があり、誰もが活用できるわけではありません。さらに、保険が下りるには要件を満たす必要がありますし、たとえ要件を満たしていたとしても現金が手元に届くまでには日数がかかります。

貯金の良い点はいつでも使えることにあります。現役時代の不測の事態に柔軟に対処するという点では、貯金が一番。最低でも月収6ヵ月分の現金は手元に残しておくとよいでしょう。

●貯金する意味2. 投資の元手

今や政府が「貯蓄から投資へ」とスローガンを掲げるように、資産を運用して増やしていくことが資産形成において大切な時代となっています。

2017年2月の金融庁の資料「家計金融資産の現状分析」によると、日本の家計金融資産の52%(約900兆円)は現預金となっており、株式・投信投資割合は18.8%に過ぎません。これはアメリカの家計の半分以下(アメリカは45.4%)、イギリスの約半分(イギリスは35.7%)です。

家計の金融資産は1995年から20年間でアメリカは3.11倍、イギリスは2.27倍になっているのに対し、日本は1.47倍。資産を貯金だけに頼っていたのでは資産が増えるスピードが圧倒的に遅いのだと言えます。

資産運用は数千円からでも始められますが、まとまった元手があるのとないのとでは稼げる金額に大きな違いがあります。資産を増やしていくためにも、ある程度は貯蓄しておくことが賢明です。

●貯金する意味3. 人生のコントロール力をつける

「貯金ができる派」「貯金ができない派」の大きな違いは、セルフコントロール力にあります。これからの時代、コントロール力があるのとないのとでは人生の充実度合いが大きく異なるのです。

お金を貯めるにはまず、家計簿をつけて家計を把握する必要があります。家計簿をつける際にも甘えを捨てて自分の現実を直視する勇気と覚悟、つまりセルフコントロール力が必要です。

家計簿をつけると自分が何にお金を使いすぎているかが分かるようになります。また、貯金をするためにも、浪費グセがある人は生活のムダを見直さなくてはなりません。生活水準が高い人は、日常生活で工夫する必要があります。

貯金をこれまでしてこなかった人にとっては「工夫」という非常に面倒な作業が求められます。しかし「工夫」という作業は、人生のコントロール力を身に着けるトレーニングになります。

外食が多い人は、安い材料で食事をおいしく作り、楽しく食べるワザを身に着けるようになれるかもしれません。服が好きな人は、自分に似合う服を慎重に吟味するようになるかもしれません。あるいは、古着の活用が上手になったり、自分で服を作ってみたりするようになるかもしれません。

こういったプロセスを踏み、貯金が習慣になると、お金が貯まるだけでなく、生活そのものが貯金する以前より豊かに感じられるようになります。「お金がなければ私は人生を楽しめない」というお金依存的な考えを卒業し、「お金があってもなくても私は人生を楽しむ力がある」と主体的な考え方になれるでしょう。

「貯金」と「主体性」は先行き不透明な時代の必須アイテム

「貯金をする」という行為において得られるのは貯金そのものだけでなく、貯金をするプロセスの中で主体的に自分の人生を生きる姿勢です。

主体的に生きる姿勢があれば、仮に予想外の事態があっても自然と切り抜ける知恵がわいてきます。先行きの読めない時代を生きる世代にとっては、貯金と主体性は必須のアイテムだと言えるでしょう。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集