(写真=Cressida studio/Shutterstock.com)

女性は独身のほうがキャリア形成に有利?結婚がキャリアに与える影響とは

女性のキャリアを阻む原因を探ってみました

専業主婦が少なくなり、夫婦共働きが主流となっている現代。ですが、結婚した女性が男性と同じように働けているかというと、そうとも言い切れないのが現状です。

女性個人の自主的な選択や働き方がスローダウンした結果と思われがちですが、近年、「結婚」というライフイベントそのものが女性のキャリアに影響を与えることが分かってきました。

最近の研究知見から、キャリア戦略としての「独身」あるいは「結婚」を考えてみましょう。

結婚がキャリアに与える影響①:退職

独身, 女性 (写真=Cat Box/Shutterstock.com)

女性の場合、結婚したり子供を持ったりすると賃金が低下する現象が指摘されています。その大きな要因として考えられてきたのが退職によるキャリアの中断、そして高い職業地位に就けないマミー・トラックです。マミー・トラックとは、子供を持つ女性が昇進できず、キャリアコースから外れて同じ場所をぐるぐる回っている状態を言います。

論文『結婚は職業キャリアにいかなる影響を与えるのか?-無業・管理職への移動に関する男女比較分析-』(麦山亮太、家族社会学研究28巻2号、2016年)では、結婚がキャリアに与える影響を、退職して職業から離れる「無業への移動」とより高い職業地位へ移る「管理職への移動」の2つの側面から分析しています。

まず、「無業への移動」の傾向から見ていきましょう。

●結婚の直前から「無業への移動」が起こる

この論文では、結婚がキャリアに与える影響を、結婚そのものの効果、時間経過による変化、子供を持つこととの関連性などから統計的に分析しています。すると、次のようなことが明らかになりました。

女性では、結婚しているときにもっとも無業への移動が起こりやすくなります。子供の人数には大きく左右されず、「結婚」それ自体が無業への移動を起こす効果を持っていることが分かります。

ただし、子供が増えると、今度は移動を起こりにくくする逆の影響が出てきます。このことから、子供を持っている女性は、経済的な理由などから就業継続の必要性が高いのではないかと推測されます。

●結婚から6年経つと退職の傾向がストップ?

さらに時間経過との関係を見ていくと、無業への移動がもっとも起こりやすいのは、結婚1年前から結婚5年後までの期間であることが分かりました。

結婚1年前~1年後にかけてもっとも集中的に影響が表れ、結婚2~5年後は徐々に弱まりながら影響が続きます。そして、6年後以降は退職傾向がストップします。既婚女性では、結婚から5年ほどの期間を過ぎると、再び働き始めることがうかがわれます。

ちなみに男性のほうは、結婚がキャリアに与える影響や関連性はほとんど見られません。

●女性は無業にならなくても非正規雇用に流れる

労働政策研究報告書No.192『育児・介護と職業キャリア-女性活躍と男性の家庭生活-』(労働政策研究・研修機構、2017年)では、世代別のデータを使って、男女のライフコースと職業キャリアの変遷を追いかけています。

この報告書の分析でも同様に、女性は結婚して第1子が誕生するまでの間に退職する傾向が浮かび上がっています。また、女性では結婚した年や第1子が誕生した1年後の時点において、初職のときよりも正規雇用の割合が低くなっていることが分かりました。

退職して無業にならなかったとしても、結婚や出産を機に、労働的な制約が比較的少ない非正規雇用へと移っていく傾向が確認できるのです。

結婚がキャリアに与える影響②:昇進

独身, 女性 (写真=fizkes/Shutterstock.com)

次に、より高い職業地位へ移る「管理職への移動」の傾向を見てみましょう。論文『結婚は職業キャリアにいかなる影響を与えるのか?』では、同じ企業内で上位職に移動する「昇進」だけでなく、転職などにより管理職の地位に就くことも、「管理職への移動」として分析しています。

●結婚から6年経つと女性は昇進しにくくなる

前段で見たように、結婚は直前から女性に無業への移動を起こしましたが、その効果は結婚から6年経つと収まりました。しかし今度は、管理職への移動に影響を見せ始めます。女性は結婚6年後以降に、管理職への移動がしにくくなるのです。仕事と家庭の両立の難しさが、既婚女性を管理職へのアクセスにおいて不利な立場に置くものと解釈できます。

一方の男性では、結婚はむしろ管理職への移動を促進するものとして働いています。しかし、結婚から時間が経つほど管理職に移動する効果が強まるといった傾向は見られません。ですので、男性のキャリアと結婚の関係は、結婚後のキャリアの積み重ねの結果というよりも、雇用主の「父親になったのだから」という配慮からくるものと見ることができます。

●女性の昇進は「長時間労働の承諾」と引き換え

では、女性の昇進を可能にするものは何なのでしょうか?別の研究成果を見てみましょう。

『働き方の男女不平等-理論と実証分析』(山口一男、日本経済新聞出版社、2017年)は、日本において女性の経済分野での活躍が遅々として進まない実態を分析している書籍です。管理職割合や賃金、雇用形態などに大きな男女格差が残る現状について、何がそれを引き起こしているのかを統計分析しています。

その中の一章に、ホワイトカラー正社員の管理職割合の男女格差を決定づける要因について分析を行ったものがあります。それによると、もっとも大きく男女の昇進を分けるものは労働時間であることが分かりました。

これは、必ずしも「男性の方が長時間働いているから出世するのだ」ということを意味しません。週49時間以上働いている人たちでは管理職割合の男女差が小さくなるのですが、週48時間以下の人たちでは、男性管理職の割合がずっと高くなるからです。

つまり、より短時間の労働下では、男性の方が管理職になりやすいのです。女性は男性以上に長時間働かないと管理職になれない、または管理職になったら男性以上に長時間働かなければならないという事実が浮かび上がります。

また、末子が6歳以上になると、女性の管理職割合はますます減ることが分かりました。幼児期を過ぎれば手がかからなくなるような印象がありますが、管理職という立場から見ると、いっそう育児と仕事の両立が困難になることが示唆されます。

●女性の昇進に影響する「両立支援」と「男性の育児」

前出の報告書『育児・介護と職業キャリア』も、長時間労働が女性の昇進に及ぼす影響を指摘しています。

女性の管理職割合を高めるには、まずそもそもの女性正社員を増やすこと、そして女性が基幹的業務に携わる経験を増やすことです。長時間労働や残業、転勤などが前提となっている職場では、それができない女性社員を基幹的業務から排除することになってしまうので、女性のキャリアアップは見込めません。これは、女性だけが長時間労働を免除されれば解決するということではなく、職場全体で長時間労働を克服しないと女性の活躍は難しい、ということを意味しています。

また、夫が交代制やシフト制で働いている場合、妻側が常勤・フルタイムで働きにくい現状も分かっています。同時に、男性の育児休業、特に1カ月以上の取得が妻のフルタイム就業や男性自身の労働時間短縮につながる可能性も示唆されました。

つまり、育児などの両立支援を男性も十分に活用でき、男女ともに働きやすい職場であってこそ、結婚が女性のキャリアに及ぼすマイナス影響を除くことができるのです。

結婚が生涯所得に与える影響

独身, 女性 (写真=Ahmet Misirligul/Shutterstock.com)

最後に、結婚が所得に与える影響を見てみましょう。結婚が女性のキャリアに影響を及ぼした結果は、その生涯所得に直結します。

レポート『大卒女性の働き方別生涯所得の推計』(久我尚子、ニッセイ基礎研究所、2017年)は、大学卒女性の異なる11の働き方を設定し、そのケース別に生涯所得にどれだけの差が生じるのかを試算しています。

●出産退職からの再就職は生涯所得を大きく下げる

同じように正社員として職業キャリアをスタートさせた大卒女性でも、結婚して妊娠・出産した後にどんなコースをたどるかによって、大きな差が生じます。

大学卒業後、正規雇用の職に就き、産休・育休を取得して二子を出産。同一企業で60歳まで働き続けたケースでは、フルタイム復帰だと2億3008万円、時短勤務でも2億1234万円の生涯所得を得ることができます。

これに対し、第一子出産後に退職し、第二子が小学校入学時に非正規雇用者として再就職した場合を見てみましょう。フルタイムで9670万円、パートタイムだと6147万円。出産退職から再就職のコースを取ると、生涯でじつに1億円を大きく超える差が出るのです。

●独身であり続けた場合の生涯所得

産休や育休を取らず同一企業で働き続けた場合、大卒正社員の女性だと生涯所得は2億5816万円になります。非正規雇用者として働き続けた場合は、1億1567万円です。もちろん結婚して子供を持たない場合もこのコースをたどることになります。

正規雇用と非正規雇用を比べると1億円以上の格差が生じるのですが、出産退職から再就職コースをたどる場合と比べると、非正規雇用だったとしても1897万~5420万円上回ります。

女性のキャリアと結婚を考えるなら、パートナーの支えがカギ

独身, 女性 (写真=Elnur/Shutterstock.com)

残念ながら、女性のキャリアと結婚の間には、まだまだトレードオフの関係が残っていそうです。そこには自分の決断だけでなく、結婚相手の考え方、職場環境や上司・同僚の意識、社会全体の風潮も大きく影響してきますから、「自分さえ頑張れば、家庭もキャリアも両立できるはず!」というわけにはいきません。

家庭とキャリアの両立を目指すなら、少なくとも妻のキャリアを自分のキャリアと同じように尊重し支えてくれる相手を選ばないと、いずれどこかで挫折を味わいます。結婚前にはつい何となくの了解で済ませてしまいがちなキャリアプランですが、きちんと確認して擦り合わせておくことをおすすめします。

社会は一朝一夕には変わりませんが、まずは夫婦の間から徐々に変えていくことで、男性も女性も家庭と仕事を両立しやすい環境が生まれていくのではないでしょうか。

「よく考えたら、私の人生の充実に結婚はそれほど重要じゃないなあ」と思うなら、独身を選ぶのも悪いことではないと思います。独身は、キャリアも恋愛も自由に追求できるということ。いつでも自分の手の中にあるということなのですから。

【こちらの記事もおすすめ】
キャリアアップしたいアラサー女子が知っておくべき3つのこと
女性が転職の決断を迫られる3つの壁。キャリアを妨げる問題を考えてみた
年収1000万円キャリア女性を「貯金ゼロ」に追いやった3つの習慣

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集