(写真=PIXTA)

米国人女性が結婚・出産後も仕事を続けるために意識している3つのスタンス

もっと女性が自由でいられるために

米国では、結婚や妊娠をした友達に「今後仕事はどうするの?」という質問をすれば、「続ける、どうして?」と不思議がられることがあるかもしれません。

結婚や妊娠は多くの人の人生で起こりうる最も“普通”のことなので、特別扱いされることは少ないのです。

米国といってもとても広いため、どこの州でもというわけではありません。筆者のニューヨーク、ロサンゼルスでの経験を元に、米国人女性が仕事を続けられる理由にもなっているであろう、彼女たちの頭の中で意識している3つのことを紹介します。

1. 自分が家計を支える

米労働省の調査では、40歳までの転職回数は平均10回というデータがあり、パートナーも自分自身も転職や解雇のリスクが常にあります。このため、共働きの方が安心ですし、解雇された夫の代わりに、妻が働いて家計を支え、夫が主夫となって子どもの面倒を見ている家庭も珍しくありません。

また、世界の統計(2017年、総務省統計局)によると、日本は1000人中の離婚率が1.8%に対して、米国は2.8%と日本の約1.5倍。米国は日本よりシングルマザーの割合が高いです。

米国では女性が家計を支えるという意識が強く、仕事を続けざるを得ないとも言えそうです。

女性, キャリア (写真=PIXTA)

2. 職場の環境は気にしない

米国の採用面接で、年齢や結婚しているか、子どもがいるかどうかといったプライベートの質問をすることは法律で禁止されています。履歴書にも写真や年齢を記入する必要はありません。

プライベートの予定がある際は、上司に伝えて、在宅勤務か他の日に長く働くなど、融通を利かせることができます。「会社に悪い、迷惑がかかる」という心配はしません。

会社にとって貢献しているか、迷惑をかけているかは、あなたが心配するものではなく、会社が決めることです。解雇されない限り、自信を持って、会社はあなたの仕事に満足していると考えましょう。

3. 自分の人生が一番大切

米国のキャリアサイト大手のThe Museが「経済的な理由以外で仕事を続ける理由は?」という調査をしたところ、以下の意見が多かったようです。

「キャリアは常に自分の人生で優先順位が高く、子どもが生まれてもそれは変わらない」

「オフィスのデスクでコーヒーを飲みながら仕事に没頭して、お手洗いも一人で行けるなんて最高の贅沢」

筆者は日本人の友人などから「子どものために、◯◯を諦めた」と聞くことがありますが、本当に子どもがそれを望んでいるかも分かりません。にもかかわらず、子どもが常に優先順位のトップにいる家庭が多いと感じます。

米国では常に自分が優先順位のトップです。気分転換や自分のキャリアのために大切な存在ならば、ぜひ仕事を続けるべきです。

もちろん、出産後仕事を辞める人もいます。しかしその理由は、子どものために好きな仕事を辞めるのではなく、子どもともっと時間を過ごしたいと感じたから辞めるのです。仕事もしたいなら、自分が子育てをより楽しむためにどうすればもっと楽になるかを日々考えます。

子育てに悩むならば、経験豊富なベビーシッターに頼んで、その子に合ったしつけの仕方を学ぶ。料理や家事の時間がなければ、やらない日があってもよいのですし、家事代行サービスを使う人も多いです。すべて自分でやろうとせず、必要な際は便利なサービスを使いこなすのです。

経済的に自立すると、もっと自由になれる

米国を含め世界の多くの国で、“経済的な自立”を目指す女性は増えています。経済的に自立し、自身の知識や経験を増やすことで、人生の選択肢は誰でも広がります。

ただし、女性が好きなことを続けるためには、パートナー選びを上手にすることも重要だと思います。共働きならば、先に家に帰ったほうが夜ご飯を作る(もしくは外食する)など、自分のことは最低限できるパートナーを探すと、本当に楽です。

自分を幸せにできるのは、自分だけ。考え方次第で今後の人生をいくらでも楽しめますよ。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集