(写真=Lucky Business/Shutterstock.com)

35歳からの婚活、ココに要注意!晩婚カップルが直面する想定外の出来事とは

晩婚カップルの意識調査から考察してみました。

結婚の年齢が遅くなってきている現代。周囲を見渡してみても30代半ばを過ぎてから結婚する人は珍しくありませんし、そこから妊娠・出産へと進むカップルも少なくありません。

けれど晩婚・晩産カップルが見落としがちなのは、20代で結婚したカップルに比べて、ライフプランが後ろ倒しになることです。備えあっても憂い自体が消えるわけではありませんが、その憂いの輪郭がつかめれば、対処法を考えることができますよね。遅めスタートを切るために、その先を展望しておきましょう。

現代の家族形成は遅めスタート

婚活, 35歳 (写真=Evgeny Atamanenko/Shutterstock.com)

厚生労働省「人口動態統計」(2017年)によると、2017年の平均初婚年齢は、女性が29.4歳、男性が31.1歳。また、35歳以上で初婚となった人の割合は、女性で15.3%、男性で23.3%となっています。

次に、同じデータから、第1子出産時の母と父の年齢を見てみましょう。平均年齢は母が30.7歳、父が32.8歳。35歳を過ぎて第1子を出産した女性は、21.4%に上ります。

これらの数字からも、現代の家族形成は30歳前後から始まり、35歳を越えてからスタートする人も2割前後いることが分かります。

35歳からの出産と子育て、もっとも意識するのは?

婚活, 35歳 (写真=paulaphoto/Shutterstock.com)

では、遅めスタートのカップルが直面しやすい困難は、どんなところにあるのでしょうか。調査レポート『晩産カップルの人生設計への意識-35歳以上で子どもを持った40~50代既婚男女へのアンケート調査より-』(北村安樹子、第一生命経済研究所、2017年)から探ってみましょう。

この調査は、妻が35歳以上で出産した40~59歳の男性会社員595名、および夫が会社員で自身が35歳以上で出産した40~59歳の女性492名を対象に行ったものです。

●子供の出産で意識したこと

これら晩産カップルの男性と女性が「子供の出産に際して意識したこと」を見ると、次のような回答結果となっています。

<女性>
第1位:子どもが成人したときの自身の年齢(46.7%)
第2位:自身の健康・体力(43.9%)
第3位:子どもが成人したときの配偶者の年齢(36.0%)

<男性>
第1位:子どもが成人したときの自身の年齢(39.5%)
第2位:自分の収入の見通し(35.1%)
第3位:自分の貯蓄(34.6%)

●晩婚カップルの将来展望は「家族は健康」が前提?

年齢や経済状況を意識する一方で、「配偶者の健康・体力」を意識した人は、女性で24.6%、男性で11.8%。「子育ての期間中に家族に介護が必要になるかもしれないこと」を意識したと答えた人は、女性で12.6%、男性は3.5%に留まっています。

また、人生設計を立てている人は女性で17.1%、男性で23.2%。その効果について「自分(家族)の健康面でのリスクを意識できる」と答えた人は男女とも2割に満たず、「特に効果はない」と答えた人は女性15.9%、男性では30.8%に上りました。

これらの回答結果を見ると、将来については「そのとき考える」、そしてその将来も、自分や家族が病気やけがをせず健康で働き続けることを無意識の前提にしている人が多いのではないかと考えさせられます。

晩婚カップルが直面する、親の介護と育児のダブルケア

婚活, 35歳 (写真=Photographee.eu/Shutterstock.com)

同じアンケート調査をもとに、子育て中のカップルに降りかかる親の健康問題を検討した『晩産カップルにおける子育てと親の健康・介護問題-35歳以上で子どもを持った40~50代既婚男女へのアンケート調査より-』(北村安樹子、第一生命経済研究所、2017年)も見てみましょう。

●多くの晩婚カップルでは「親の介護」は想定外

子育ての期間中に親などの介護が重なる高負担の状態を「ダブルケア」と呼びます。厚生労働省が2016年に行った調査では、全国の40代以上男女の半数近くが、ダブルケアを身近な問題だと答えていました。しかし、このレポートのアンケート調査では、晩婚カップルのうち子育て期間中の家族の介護を意識していた人は、女性で12.6%、男性では3.5%に過ぎません。

北村氏は「多くの晩婚カップルにとって、子育て期間中に、親の健康・介護問題が重なって、継続的に介護にかかわる必要が生じるかもしれないと感じる経験は、想定外の事態だと考えられる」と分析しています。

●不安のトップは「介護費用」

しかし、実際の経験を問うと、子供が小学生以下の時期に親の健康・介護問題が重なった経験を持つ人は、回答者のうち男性で4人に1人、女性では3人に1人に上りました。その際どのようなことに困ったり、不安を感じたりしたかという点については、次のような回答となっています。

<女性>
第1位:家族の入院・療養・介護に必要な費用(46.7%)
第2位:自分の将来や健康への不安(38.7%)
第2位:自分に万一のことがあった場合の家族の日常生活(38.7%)
第4位:家族の収入がなくなったり、少なくなったりすること(37.3%)

<男性>
第1位:自分に万一のことがあった場合の家族の生活費(37.5%)
第2位:自分の将来や健康への不安(36.1%)
第3位:自分に万一のことがあった場合の家族の日常生活(26.4%)

女性第1位の「家族の入院・療養・介護に必要な費用」では、女性が男性を28.6ポイントと大きく上回り、逆に男性第1位の「自分に万一のことがあった場合の家族の生活費」では、男性が女性を18.8ポイント上回っています。

介護当時の女性の就労状況との関係を見ると、「入院・療養・介護費用」の問題を挙げた人は、就労していた女性では43.6%であったのに対し、就労していなかった女性では50.0%になりました。

北村氏は「介護費用に自分の収入を充てることのできる女性はそうでない女性に比べ、費用の不安を感じにくかったのでは」と述べています。

『平成29年度就業構造基本調査』(総務省統計局、2017年)によると、2016年10月から2017年9月までの1年間に介護や看護を理由に離職した人の割合は、女性が約8割を占めています。家族の中での介護における役割の差が、不安の違いに表れるのかもしれません。

●親の子育てサポートを欠く問題

日本では、子育て期の母親の大きなサポート役を「親」が担っているという実態が指摘されています。このアンケート調査でも、子育て期に親の介護問題を経験した回答者のうち、親に子供の預かりや見守りをしてもらった経験のある人は、男性で55.4%、女性では62.9%に上ります。

子育てと介護が重なる不安について、「家族に万一のことがあった場合の自分・家族の日常生活」を挙げた女性は32.0%と第7位にとどまりますが、親からの支援状況との関連を見ると、数字が変化します。急用時の預かりや見守りなど支援を受けた経験のない女性では26.7%の回答率なのに対し、経験のある女性では46.5%と上昇するのです。

子育て期に親の介護が重なると、子育てをする上で受けていた親のサポートを欠き、自身や家族の日常生活に支障が出るという困難も示唆されます。

晩婚カップルが人生設計をする際の問題点とは

婚活, 35歳 (写真=stockfour/Shutterstock.com)

●人生設計を「見える化」するメリット

第一生命経済研究所が発行する『ライフデザイン白書』では、人生設計について、「経済計画だけでなく、仕事や学業、家庭生活、余暇生活、老後の生活などすべての面を含んだ『自分の生涯総合計画(ライフデザイン)』」と定義しています。

アンケート調査から得られた人生設計の実施状況や意識の実態から、北村氏は人生設計を立てるメリットを次のようにまとめています。

① 人生の費用面での見通しを立てることができる
② 自身の人生設計に関する時間軸を意識できる
③ 将来起こり得る具体的なライフイベントを想定することで、必要費用を確認できる

ライフイベントとは、生涯に発生する結婚・就職・出産などの大きな出来事のこと。具体的に人生設計を考える際に用いられるのが、年齢やライフイベント、費用などを表にするライフイベント表です。男性は勤め先のセミナーや福利厚生を通じて、女性は出産や家の購入などライフイベントをきっかけに作成する傾向が見られます。

●想定外のライフイベントへの意識が夫婦で異なる?

北村氏は、経済面や予測可能なライフイベントの見通しだけでなく、予測の難しい自分や家族の健康リスクについても、早い段階から意識する重要性を指摘。特に、晩産カップルでは想定外となりがちな「ダブルケア」期も、自身のライフイベントとして「見える化」することが重要だと述べています。

筆者が気になったのは、男性と女性の意識差です。人生設計をすることに「特に効果はない」と考える割合は、男性が女性よりも高くなっています。

また、子育て期に親の介護が重なった経験を持つ人のうち「特に困ったり不安を感じたりしたことがない」と回答した人は、女性が8.0%だったのに対し男性は30.6%です。夫婦ともにライフプランは必要ないと思うのなら問題ないでしょうが、そこに差が生じるなら、一方だけが問題に対処し苦労しているということではないでしょうか。

結婚後の人生設計、ライフイベントは、自分だけのものではありません。乗り越えるべき困難や問題への心構え、当事者意識をそろえるためにも、結婚を1つのきっかけとして、ライフイベント表を作り2人の人生設計を話し合っておくことも大切なのでは、と感じました。

ライフイベントを意識することで晩婚を幸せなものに

婚活, 35歳 (写真=marekuliasz/Shutterstock.com)

遅い結婚への危機感をあおる風潮は強いですが、結婚時期は人それぞれ。精神的な成熟、キャリアや経済基盤の確立を待ち、その後で家庭を作ることができる遅めの結婚は悪いものではないと思います。ただ、早く結婚したカップルと遅く結婚したカップルでは、ライフイベントの到来時期と対処の仕方が異なるもの。そのアウトラインを押さえて、不安になり過ぎず結婚に向かいましょう。

不確定要素の多い婚活段階で細かく決め過ぎると自縄自縛になりかねませんが、おおよその将来を見通しておくことは、自分の送りたい人生と実現可能性を可視化にするためにも、有効なのではないでしょうか。「この人と結婚してうまくいくかな?」という見極めやすり合わせにも、役立つような気がします。

【こちらの記事もおすすめ】
30代女性の婚活は難しいって本当?結婚の実態を調べてみた
婚活で重視すべきは年収よりも……?「仕事×家庭」男性の価値観は都道府県で違う!?
婚活で「高年収の男性狙い」は正しい戦略か?注目すべきは「家事のできる男」!?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集