(写真=Dr. Gilad Fiskus/Shutterstock.com)

結婚式の伝統に見え隠れする価値観に警鐘?今アップデートすべき結婚観とは

伝統的結婚式に潜む問題にフォーカスしてみました。

結婚式は人生最大のイベント、一生の思い出に残る素敵なものにしたい。そう考える人は多いのではないでしょうか。その一方で、ゲストの選び方に頭を悩ませたり、親の希望と本人たちの希望が食い違ったりと、苦労する話も聞こえてきます。

新郎新婦の晴れ舞台のようでいて、舞台裏では昔からのしきたりや親や親族、人間関係のあれこれが絡み合う……。その背後に見え隠れするものは何なのでしょう?従来型の日本の結婚式のあり方に、問題提起してみたいと思います。

考えてみよう①:バージンロードと「娘を君にやる」問題

結婚式 (写真=Yunhyok Choi/Shutterstock.com)

●バージンロードを父と歩む意味

チャペルのドアが開き、お父さんと腕を組んでバージンロードをゆっくりと歩む。教会挙式の感動的なワンシーンです。バージンロードは花嫁の一生を表し、父親と歩むこれまでの人生から、新郎と歩むこれからの人生にバトンタッチするという意味があるのだそう。

結婚の許可をもらうときの定番の台詞、「娘さんを僕にください」を言う人は今はあまり多くないのでは……という気もしますが、私たちの意識の中ではまだ濃厚に、「女の子は父親から未来の夫に譲り渡されるもの」という観念が残っているのではないでしょうか。古い世代の父親たちならともかく、若いパパたちの間からも「娘を将来誰にもやりたくないなあ」みたいな心情が吐露されたりして、驚かされます。

しかし、ちょっと待って……?花嫁は父親から新郎に引き渡されるものなのでしょうか?

●「娘さんを僕にください」なら、離婚で「返品は利かないぞ」?

筆者が離婚して2年ほど経った頃、とある漫画を読んでいたところ、父親が結婚の許可をもらいに来た娘の彼氏に「返品は利かないぞ」と言うシーンがあり、衝撃と共に当時の記憶がよみがえりました。筆者が結婚するとき、父親が元夫に対しまったく同じ台詞を言ったことがあるのです。

筆者の父はいかにもウィットに富んだ調子でそれを言いましたが、漫画では完全に心温まる場面のじーんとくるニュアンス。

筆者はあっという間に離婚してしまいましたが、決して元夫に「返品」されたわけではありません。自分の意思で結婚を終わらせただけです。私たちの中にはこれほどまでナチュラルに、むしろ美談風と言っていいほど、「父が娘をやる」感覚が根付いているのでしょうか。

●バージンロードはなぜ素敵な感じがするのだろうか

明治民法では、戸主が家族の結婚や離婚を決めることができました。つまり結婚は、男性側の戸主=父親と女性側の戸主=父親の取り決めだったわけです。昔の結婚式では「〇〇家△△家 結婚披露宴」のように表記されることが普通でした。現在も席次や式次第に残っていますが、この風習に違和感を持つ人も多いかもしれませんね。ですが、バージンロードは感動的に見えます。

「バージンロード」という言葉はじつは、和製英語です。正しくは「ウエディングロード」または「アイル」。バージンロードという言葉の起源は定かではありませんが、どうやら高度成長期以降、日本にキリスト教式の結婚式が広まった頃に、結婚式業界で作り出された言葉のようです。

初期にキリスト教式の結婚式を選んだ家庭は、保守的ではない感覚を持つ家庭だっただろうと思います。「〇〇家△△家」式の結婚式に背を向けた人たちだったのではないかと思うのですが、父親が娘を送り出すという本質は同じです。

というよりむしろ、本質が同じだったからこそ大きな抵抗もなく受け入れられたのではないでしょうか。父と娘の関係性を変えることなく、「父娘の愛情」を表す形式に転換できたのではないか。そのように筆者は想像しています。

考えてみよう②:子孫繁栄を願う心と主賓のセクハラスピーチ問題

結婚式 (写真=gornostay/Shutterstock.com)

●「お子さんをたくさん生んでいただきたい」とやってしまう年配男性

勤め先の上司や親戚の最年長者など、いわゆる「偉い人」にスピーチを依頼すると「ぜひたくさんお子さんを……」のような話題が出ることがあります。体験したことのある人も多いのではないでしょうか。

2018年5月、自民党議員の加藤寛治氏の「女性は子供を生まないと社会の負担になる」という発言が世界的に問題となりましたが、あの発言はもともと、結婚披露宴での「新郎新婦には必ず3人以上の子供を生み育ててもらいたい」というスピーチの内容です。その直後筆者は、地元の結婚式でまったく同じ趣旨のスピーチを聞かされたという話を、ゲストとして出席した若い友人女性から苦々しくこぼされました。

センシティブな内容ですし現代の子育て環境を思うと、聞かされる女性はほぼ確実にげんなりすると思います。そもそも新婦やゲストの女性に嫌な思いをさせるスピーチは、結婚式のスピーチとして大失敗です。

主賓は大抵社会的地位のある年配の男性ですが、なぜ年配男性は、そこに言及せずにいられないのでしょうか。

●昔「子孫繁栄」、今「少子化対策」

「スピーチ文例集」のようなものを読むと、大抵は「はなむけの言葉、メッセージ」を入れろと書いてあります。さらに受け売りの言葉や決まり文句でなく、自らの経験や信条を織り込むと心に響くものになる、ともあります。つまり主賓スピーチで問題になりがちな部分には、その年代の男性たちが持つ「結婚とはどういうものか」が如実に表れているのだと思います。

日本では子供を持つのは結婚した夫婦という規範が強いですし、「跡継ぎ」「長男」の意識もいまだに強いです。「結婚」「子供」「幸せ」が分かち難く結びついているようにも思います。結婚を祝うスピーチで子供に言及してしまう人たちにとっては、ある意味自然なことなのでしょう。

現在はそこに「少子化」という問題が加わるので、事態をさらに面倒にします。少子高齢化が社会問題になっていることは大抵の人が知っていますし、上の世代の人ほど子供の多かった時代に生きていますから、子供が少ないことを問題視します。「少子化」に絡めると正統性が出るような、反論しづらい正論のようにも聞こえますよね。

●たくさん子供を作れば町の少子化が解決するかと言えば……?

ですが、本当に正論なのでしょうか?ひとつ反論を試みてみましょう。

筆者は自治体で結婚支援事業を担当していた頃、「果たしてこの町では結婚が増えたら人口が増えるのか?」をざっくり試算してみたことがあります。結婚支援事業の目的は、一応「少子高齢化と人口減少対策」とされているからです。

筆者の住む町は典型的な過疎の町で、1965年の総人口は2万4846人でしたが、2015年には9841人に減りました。その約4割が65歳以上です。

子供を作れる年齢を想定するのは難しいですが、19~45歳を可能性のある年齢層と仮定しましょう。2015年の19~45歳人口は男女合わせて1948人、この人たちが全員町外から配偶者を得て町内に住むと仮定すると、1948組のカップルができます。

1965年から2015年の人口減少分1万5005人、これをカップル1948組が出産でリカバーすると考えると、1カップル当たりに必要な子供数は7.702。つまり新規成立するカップル数を最大限多く見積もったとしても、カップルは8人の子供を作らないと人口が戻らないのです。

じつは、私の町の人口減には別の原因があります。19~45歳人口に占める婚姻数の割合は、1965年からほぼ1.5~2.0%を推移し、変化していません。2010年の合計特殊出産率は1.82で、2014年に政府が打ち出した希望出生率1.8を上回っています。

では、どこに原因があるか。19歳で人口が突然減るのです。それは1965年から50年間変わらない傾向です。つまり、結婚や出産が減っているのではなくて、高校を卒業した後の進学先や就職先がないだけなんですよね。結婚式で新婚カップルを励ましても、仕方のない話です。

考えてみよう③:「伝統」のノスタルジーと危険性の問題

結婚式 (写真=Joji Shima/Shutterstock.com)

●「花嫁行列」「花嫁道中」の復活イベントはロマンティックだけれど……

一般的な結婚式とは違いますが、地方では時々伝統行事を掘り起こして、花嫁行列や花嫁道中といったイベントを復活させることがあります。街づくりと絡めて、商工団体や市民団体が主催することが多いです。

伝統的でノスタルジックな結婚行事は新鮮で風雅な魅力がありますが、認識しておかなければならないことがあると思います。それは、「現代の価値観に照らし合わせると、伝統的な結婚観や家族観には問題が多い」ということです。

●「伝統」の中にある少し危うい価値観

少し前、筆者の町でも結婚式の伝統行事を復活させたことがあります。伝統の記録と保存という点では素晴らしいと思ったのですが、消化しきれないこともありました。

一つは「嫁入り」という概念は継承すべきなんだろうか、ということです。行事の形式や父母にちらっと聞いた思い出話からも、この儀式は明らかに「嫁が古い家を出て新しい婚家に入る」という一種の加入儀礼だったと思います。

もう一つは、花嫁の付き添い役となる童男童女は、片親の子はなれないということです。母は戦争で幼い頃父親を失ったため、この役になりたくてもなれずうらやましかったそうですが、「片親の子供は結婚の儀式に参加できない」ということはつまり、「片親の家庭は好ましくない」という価値観の反映だと思います。

また、こちらは筆者がある講演会で聞いた話です。その地域では結婚した夫婦が初めて婚家に入る際、男性は玄関から入り女性は勝手口から入るというしきたりがあったそうです。男性がそれに構わず新妻を玄関から入れたところ、親戚一同が激怒したのだそうです。平成に入ってからの話です。

●「お方追ん出し」の衝撃

先日、郷土の聞き書きの本を読んでいたところ、おそろしく衝撃を受ける記述に行き当たりました。「お方追ん出し(おかたぼんだし)」という風習です。「お方」とは「女房」「嫁」という意味です。旧暦2月9日は年に一度の戸籍整理の日で、夫や舅姑に気に入られない嫁は、その日に婚家を追い出されたのだそうです。

嫁は小豆飯や尾頭付きなどのお膳でもてなされた後、婚家を出されます。姑がごちそうをたくさん作っているのを見て不思議に思った嫁が理由を尋ねると、「今日はこのごちそうの後でお前を追い出すのだよ」と教えられて泣き出した、というエピソードが紹介されています。

明治以前、と書かれていますが、1955年(昭和30年)から1975年(昭和50年)の聞き取りで、当時のお年寄りに子供の頃の記憶として残っています。

伝統文化は忘れ去り無きものにしてしまうのでなく、問題のある部分も含め、記録に残すべきだと思います。ただ、ふんわりと「伝統って何か素敵だよね」という好意的なイメージにくるみこんでしまうのは危険です。危うい価値観は、素敵で美化されたイメージの中に紛れ込んで受け継がれるからです。

結婚も結婚式も、結婚する二人のためのものでいいと思う

結婚式 (写真=Halfpoint/Shutterstock.com)

「結婚式は親のためのもの」とか「個人的なものではない」というような話がありますね。私たちは社会の一員ですし結婚は社会的な身分変化でもあるので、それはある種の真理だと思うのですが、親の意向や社会のしきたりに捕らわれすぎる必要もないのだと思います。なぜなら、結婚式を意味づける結婚の価値観は時代に従って変わりますし、変わるべきだと思うからです。

次の世に受け継がなくていい価値観も、自分には合わない価値観もあると思います。積極的に部分改変したり、上書きしたりしてみてもよいのではないでしょうか。

最近はバージンロードを最初から彼と歩いたり、主賓を仲の良い友人に依頼したりというケースもあるそうです。筆者がこの先結婚式をすることがあるなら、席次も主賓も関係なく「異業種交流会」ならぬ「異知己交流会」みたいなものにしたいですね。あなたはどんな結婚式がしたいですか?

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集