(写真=pathdoc/Shutterstock.com)

バツイチ女性の新たな出会いにはコレが必要。「元夫の見えないカセ」のはずし方

バツイチ筆者の実体験からポイントを3つ紹介します。

漫画『だめんず・うぉ~か~』(倉田真由美、扶桑社)の登場以降、「なぜかダメな男とばかり付き合ってしまう現象」は女性の「あるある」として共有されたのではないでしょうか。「だめんず遍歴」してしまう要因はさまざまあるのでしょうが、確かにダメな男性選びは連鎖しそう……。

筆者は一度離婚を経験し半年後に次の出会いがありましたが、彼との交際は自分でも気付かなかった思い込みがあらわになる体験の連続でした。前の夫による一種の呪縛……それを解いていった過程をお話ししたいと思います。

バツイチ女性は、男性や結婚そのものが嫌になる?

imageTitle (写真=ThiagoSantos/Shutterstock.com)

●離婚調停申し立ての理由に見る妻の失望

裁判所による統計『司法統計年報-家事編』(最高裁判所事務総局編、2017年)には、その年に申し立てられた離婚調停のデータがまとめられています。

申し立てが妻と夫のどちらによるものかは次のとおり。

申立人 夫:1万7918人(27.3%) 妻:4万7807人(72.7%)

妻側の理由を見ると、

1位:性格が合わない(21.3%)
2位:生活費を渡さない(15.6%)
3位:精神的に虐待する(13.6%)
4位:暴力を振るう(11.6%)
5位:異性関係(9.0%)

ここには話し合いによる協議離婚のデータは含まれていないので一概には言えませんが、性格が合わないのはともかくとして、次に出会う男性に夢を持つにはガッツがいりそうです。

●筆者が次の交際スタート時に決めた「撤退基準」

筆者も例外ではなく、離婚直後は男性に対してかなり引き気味になっていました。それでもアプローチしてくれたある外国人男性と交際をスタートさせることになったのですが、そのときに決めた「撤退基準」があります。つまり、「こういうことが起きたらお付き合いは終わらせよう!」という最低基準なのですが……。

①命が危なくない
②心身に暴力を振るわれない
③犯罪に巻き込まれたり、経済的な損害を与えられたりしない

基準が低すぎて読者の皆さんに申し訳ないような気持ちになります。

ここまで下げないと思い切れなかったような気もしますし、言い替えると、この3点がクリアできればとりあえず「いいか」だったわけです。父親がダメすぎるとどんな男性もいい人に見えてしまうという話を聞いたことがありますが、それに似たようなものである気もします。つまり、期待値が下がるのです。

カセはずしステップ1:リラックスしても大丈夫

imageTitle (写真=PointImages/Shutterstock.com)

●車が半ドアでも世界は滅びないのだ!

今でも覚えているのが、最初の思い込みが解けた瞬間です。彼の車に同乗して発車しようとしたときにアラームが鳴ったので「ちょっと停めて。たぶんドアが開いてる」と言ったところ、彼は運転席のドアを閉め直して「君、警察みたい。死ぬときは死ぬからダイジョーブ」と笑いながらジョークを言ったのです。

このときの衝撃、理解されづらいだろうなという気がしますが、筆者にとってはコペルニクス的転回のように価値観がひっくり返りました。元夫と車に乗るとき、停車してロックを解除する前に筆者がうっかりドアを開けようとしただけで、いら立ちと不機嫌が飛んでくるありさまだったので、常にどんな粗相もしないように気を配っていたからです。

でも、半ドアでも死ぬときは死ぬんだし世界は終わらない!ロックうんぬん、いかほどのことぞ!

●プレゼントのチョイスに意見を述べても事件は起こらない

次に価値観の転換が起きたのは、彼が筆者にちょっとしたプレゼントをくれようとしたときでした。彼が勧めてくれたものに対し、「これじゃない方がいいな」と意見を言ってみたのです。

じつは筆者は、彼は機嫌を損ねるんじゃないか、突然キレるんじゃないかと内心ドキドキしていました。でも何も起こりませんでした。彼は「じゃあこっちは?」と穏やかに別の提案をしてくれただけでした。当たり前ですよね。

しかし筆者は結婚時、外食で「何を食べたい?」と聞かれ、「そっちは?」と聞き返したばっかりに大事件に発展したことがあるのです。

●相手の意向を先回りしてかなえる必要はない

彼と交際を始めて筆者が気付いたのは、結婚していたとき、自分がいつも何をしていたかということでした。自分の意見を控えて沈黙しなければならなかったわけではありません。「相手の意向を先回りして察し、自主的・自発的にかなえる」ということを求められ続けていたのです。車の中での振る舞いも、正しい答えを返すということも。

まるで明確な指示をしない上司と四六時中一緒にいる秘書のようなものですよね。即座に対応できるよう、常にスタンバイ状態にいなければならなかったわけです。

それに慣れていたのですが、男性と一緒にいるときも気を抜いてリラックスしていていいのだ、ということが徐々に分かってきました。

カセはずしステップ2:完璧な家事への圧力を感じなくてもいい

imageTitle (写真=Y Photo Studio/Shutterstock.com)

●なぜ彼の家で料理も洗い物もできなかったのか

彼は料理を普通にする人でしたので、付き合い始めて1年間くらいは、筆者は彼の家で何もしませんでした。大抵彼がご飯を作るのを黙って眺めていましたし、「なんで何もしないの?ズルーイ!」と言われてもどうしても手が出せませんでした。洗い物すら最初はできませんでした。

なぜなのか自分でもはっきり分かりませんでしたが、後に考えて到達した結論はこれです。「彼のルールをまだ知らないのに、ルールに外れたことをして怒られるのが怖かった」のです。

●「生タマネギはイヤだ」と言われてテンションダウン

徐々に料理もできるようになった頃のこと。サイドディッシュに生タマネギのサラダを作ったのですが、彼がそれを一口食べて「生タマネギはイヤだ」と言ったのです。

途端に自分でも信じられないくらいにテンションがダウン。あからさまに口数が減って目線が下方をさまよい、彼は笑わせようとしていろいろ話しかけてきますが反応できず、ほぼ動けないような状態になりました。

後できちんと「あなたが悪いわけじゃない」ことを説明しましたが、おそらくそのときの筆者の気持ちは、次の二つだったと思います。一つは「せっかく作ったのにダメ出しされた」という傷つき、もう一つは「相手の嫌いなものを出すという失態を犯してしまった」という罪悪感です。

もちろん彼はダメ出ししたわけでなく、自分の苦手なものの情報をシェアしただけです。それに彼は料理を作るとき、くどいくらいに「何を食べたいか」「これは嫌いじゃないか」を聞いていました。

●元夫の「自称主夫」と彼の「ゆるい料理」の違い

おそらく筆者には、「言われなくても相手の満足する料理を完璧に作らなければならない」という思い込みがあったのだと思います。

元夫も料理をする人で、バツイチでした。「前の結婚のときは俺が主夫だった」が口癖でしたが、その実、私と一緒にいるときはあまり家事をやりませんでした。彼の場合、どちらかというと自分の料理スキルを要求水準として使っていました。

例えば、焼きそばを炒める火力の強さやキュウリを刻む方向など、出来上がりだけでなく過程にもダメ出しが入るので、彼がいないときに料理する方が気楽でした。さらに、品数が少なくて食べ尽くすと「次は?」と催促されるのもしんどかったです。

現在の彼は焼きそばのお焦げも好きですし、具にはミックスベジタブルが入ることもあります。ジャガイモの皮はきれいにむかないし、シイタケの軸も取りません。玄米ご飯が固かったら炊きあがった後に炊飯器に水を投入します。そして大抵はプライパンひとつで料理を作り、そのままテーブルに載せて二人でつつきます。それで十分です。

筆者の「料理とは作り方から出来上がりまで完璧にこなして食べる人にサーブするもの」という呪縛が、またひとつ解けることとなりました。

カセはずしステップ3:最後に残っていたのは「信用するな」

imageTitle (写真=fizkes/Shutterstock.com)

●相手ともめたときに心の中でしていた「事前防御」

そのまま順調に交際が続くかと思われた3年目、関係がガタつき始めます。スケジュールのすり合わせなどに際し、筆者が無理をしていると感じるシーンが増えたのです。

こちらの不満を伝えたことも一、二度ありますが、筆者はどうしても相手の反応を事前にシミュレーションする癖が抜けませんでした。例えば、次のような具合です。

①何を言っても曲解されるパターン
②こちらの落ち度を突いてずらした論点で反撃されるパターン
③ここにいない第三者のせいにして責任逃れされるパターン
④自分のほうが大変なので優先してもらって当然とするパターン
⑤まったくそんなつもりがないので思い過ごしだとされるパターン
言いたいことは分かるがどうすることもできないと放棄されるパターン

ひどいですよね。ですが無意識のうちに、一番ひどい想定をして備えてしまうのです。実際にはこんな反応は返ってこないのですが……。

●3年通った末に別れを決意

彼と会うときはいつも筆者のほうが訪ねるというパターンも、徐々に負担となっていきました。彼がお店を経営していて休みが取れなかったり、外国人なので地理や道路に詳しくなかったりすることも要因でしたが、彼がしばしば口にする「いつか」「訪ねるつもり」がじわじわと心理的なダメージとなっていきます。

筆者の家と彼の家の距離はおよそ200km。あるとき、また彼の都合を引き受けることになってしまい、もう嫌になってしまいました。ふと思いついてこの3年間にかかったガソリン代と高速料金を計算してみたところ、絶句するような額に。ダメだ、これは。

おりしも別件のトラブルが発生し、彼のことははぐらかしながらタイミングを計っていましたが、とうとう何かを察した彼が疑問を投げかけてきたので、意を決して別れ話をしました。

●「言わなきゃ分からない人は、分かるつもりがない」

結果何が起こったかというと、彼が筆者の家に来るという事態に急展開しました。さらにその後、初めてその道のりを運転した彼が「ゴメンネ、こんなに遠いのだとは気付かなかった。これから費用も負担する」と謝罪するところまで。

筆者にとってかなり予想外の展開で驚いたのですが、そこに筆者の最後まで解けなかった思い込みがありました。筆者は「気付かなかったのだと気付かなかった」のです。「当然気付いているはずなのに知らん顔を決め込んでいる」と思っていたのです。

筆者も「フェアじゃないからこっちにも来てほしい」とは一度も言いませんでした。一度二度、何かの折にこちらの町に誘ったことがあるだけでした。

筆者の癖ですが、相手にあまり要求しないのです。数回軽く求めて何もなければ、「するつもりがない」とみなします。筆者はずっと無意識に「言わなきゃ分からない人は言っても聞かない。そもそも分かるつもりがない」と思い込んでいたのです。

筆者のラスボスは、「信用するな」「期待するな」でした。信用して期待してそれが裏切られれば、その落差の分、心は傷つきます。「信用しないこと」は、最後まで一番深いところに沈んでいた自己防御だったのだなと思います。

相手を信じることは、自分を信じること

imageTitle (写真=lola1960/Shutterstock.com)

筆者の男性不信も完全に解けたわけではないと思いますし、彼のことをパーフェクトな人格者だと見直したわけでもありません。むしろ、だめんず要素も備えていると思います。ただ、元夫像を彼に投影し続けていたら、見誤るものがきっとあっただろうと思います。

自分の目は過去の経験に影響され、バイアスに引きずられる。筆者は元夫と彼の違いを発見することで、少しずつ修正していきましたが、それでも彼を信じるということはとても難しかった。おそらく相手を信じるということは、自分の目、自分の判断をどこまで信じられるかということなのでしょう。

自分の判断基準は簡単にゆがみますから、ある特定の経験に引きずられないよう、「カセ」を相対化できる価値観のバリエーションに触れている必要があるのだと思います。新しく出会う相手でも友人でも同僚でもいいのでしょう。もしかすると、結婚前にもっとたくさんの男性と付き合っておくべきだったのかも……?と考えることもあります。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集