(写真=PIXTA)

【調査】銀行・証券で働く女性が考える「理想の職場」とは?

今の職場とのギャップは何?

理想の就職率ランキングでランク外となってしまうほどに人気度合いが下がっている金融機関。実際に金融機関で働く女性たちは「自分のキャリア」についてどのように考えているのでしょうか?

今回は「金融女性のキャリアに関するアンケート」(回答数24、2019年3月1日〜5日にDAILY ANDS編集部実施)で得られた回答から、金融女性の「理想の職場」について考えてみましょう。

金融女性の働いてみたい企業は「金融以外」

金融機関で働く女性を対象に「もしも、どこでも好きな企業で働けるなら、どんな企業で働きたいですか?」という質問をしてみました。具体的な企業名や理想の職場環境、そして回答者がそれらを選んだ理由がこちら。

●IT、スタートアップ系

・IT
「今後の企業の伸びが期待できるから」(25〜29歳、証券、個人営業)
「時代に沿っているから」(20〜24歳、証券、個人営業)
「風通しが良く、自由な発想ができる」(25〜29歳、証券、個人営業)

・マーケティング
「創造する仕事がしてみたい」(25〜29歳、証券、個人営業)

・スタートアップ
「個人の裁量が大きく、色々なことにチャレンジできるから」(30〜34歳、銀行、企画系)

●他業界

・JAL、ANA
「顧客第一主義を実践できそうだから。飛行機が好きだから」(25〜29歳、銀行、法人営業)

・オリエンタルランド
「夢を提供できる仕事だから」(25〜29歳、証券、個人営業)

・メディア系
「チームで何かを作り上げてみたいから」(25〜29歳、証券、個人営業)

・化粧品会社
「化粧品が好きなので、好きなことに関する仕事に就いてみたい」(25〜29歳、証券、個人営業)

●理想の職場環境

・賞与、働く仲間が仕事に前向きで優秀
「仕事の実績は自分次第とはいえ多少周りの影響を受けるものだから」(25〜29歳、証券、個人営業)

・金融以外の業界で、給料が高い、将来も安定していると思われる企業
「稼げる仕事がしたいから」(25〜29歳、銀行、個人営業)

・フレックス制が導入されており、個性と能力が最大限に認められる企業
「今までの会社に時間で縛られるという働き方では、今後限界が来ると考えたから」(25〜29歳、証券、個人営業)

・私服で働けて社員証を首からぶら下げれるオシャレで福利厚生がいいところ
「おしゃれだから」(30〜34歳、銀行、個人営業)

・週3日以下の勤務が可能な仕事
「労働時間を短縮したい」(30〜34歳、その他、法人営業)

注目したいのは「金融とは全く関係のない職種」という回答ばかりであること。現在のキャリアを活かすのであれば、同じ金融業界の大企業という回答があってもいいはずですが、「金融系がいい」という回答は1人のみで、「金融以外」を挙げる人が圧倒的でした。

「理想の職場」と「今の勤務先」のギャップは何?

最後に「理想の働きたい企業と今の職場との一番のギャップは何ですか?」という質問を行ってみました。前項の「働いてみたい企業」と合わせて読み解くことで、金融女性が今の職場のどういった点に不満を抱えているのかが見えてきました。

●同僚

「働く仲間の質」(25〜29歳、証券、個人営業)
「若手が少ない」(35〜39歳、証券、企画系)

●働き方・待遇

「固定時間拘束、ノルマで縛る方法」(25〜29歳、証券、個人営業)
「勤務時間」(30〜34歳、その他、法人営業)
「仕事量の割に給料が低すぎる」(25〜29歳、銀行、事務系)

●仕事の進め方

「今は完全に個人プレーで仕事をしている」(25〜29歳、証券、個人営業)
「今の職場は古い文化が未だに残っている点、革新がない」(25〜29歳 、証券、個人営業)
「泥臭さ」(30〜34歳、銀行、個人営業)

●仕事内容

「社会に貢献できているという実感が少ないこと。事務など現在では不要かつ非効率なものへの偏重が強すぎる」(30〜34歳、銀行、個人営業) 「今の仕事が、本当にやりたい事ではないので、日々の業務にやりがいを感じていないこと」(25〜29歳、証券、個人営業)

●業界の今後

「国内のお客様が中心のため内向的なイメージ」(25〜29歳、証券、個人営業)
「習慣とルールで縛っているせいで、社会の変化へ対応できていない。その為、全社的に自社の成長するイメージを描けていない」(25〜29歳、証券、個人営業)
「変化に対応できていない」(20〜24歳、証券、個人営業)

多かったのは、組織の体質や業界の今後の行く末、待遇面に対する不満でした。中でも給料面については複数の回答があり、労働に見合った報酬ではないと感じている人が多いようです。

ただ、不満があるからといってすぐに転職するのも考えものです。「長期的に叶えたいキャリアの理想像」がないと、どこの職場へ行っても不満が出てきてしまうからです。このアンケートでは10年後の理想のキャリアについても聞いてみました。次回はその回答を紹介します。

金融女性のキャリアに関するアンケートについて

対象者:金融機関に勤める20〜30代の女性
回答数:24
実施期間:2019年3月1日〜5日
実施主体:DAILY ANDS編集部

調査詳細はこちら

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集