(写真=Masson/Shutterstock.com)

つみたてNISAのメリットとは?「運用美女」を目指す!つみたてNISA利用術

iDeCoとの違いも押さえておきましょう

従来のNISAに続き、2018年からスタートしたつみたてNISA。長期間にわたり積み立てをしながら投資ができる非課税制度ということで、「え?それってiDeCoと何が違うの?」と戸惑う人もいることでしょう。

今回は、iDeCoとの違いや、つみたてNISAのメリット・デメリットを紹介していきます。

つみたてNISAは何がすごい?iDeCoと比較してみよう

つみたてNISA,メリット,デメリット (写真=Atstock Productions/Shutterstock.com)

まずは、つみたてNISAとiDeCoとの違いを見てみましょう。

つみたてNISAは途中解約し、資金を引き出すことができるのに対し、iDeCoは原則60歳になるまで引き出すことができません。

投資額を比較すると、つみたてNISAは、証券会社によって100円から投資をスタートできますが、iDeCoは月々の最低拠出額が5000円と決まっています。

加入条件の違いを見ると、iDeCoは2017年から専業主婦も加入できるようになるなど範囲が広くなったものの、60歳以上の人は加入できないという制限があります。一方、つみたてNISAは20歳以上であれば誰でも利用できる制度です。

iDeCoは資金の引き出しや年齢制限がある一方、掛け金は全額所得控除を受けることができるため節税効果の高い制度です。これに対して、つみたてNISAは所得控除の対象にはならないものの、いつでも引き出すことができ、自由度が高い制度と言えるでしょう。

それぞれ魅力的な特徴がありますから、上手に使い分ければ、その分メリットも大きくなります。

つみたてNISAを利用するメリットとは

つみたてNISA,メリット,デメリット (写真=Syda Productions/Shutterstock.com)

・長期にわたり運用した利益が非課税になる

つみたてNISAを利用する最大のメリットは、運用益が非課税になることです。

運用益や配当には通常20.315%の税金がかかります(所得税、復興特別所得税、地方税の合計)。その分がまるまる非課税となり手元に残るのですから、投資を続けていく強いモチベーションにつながります。

・投資対象商品が厳選されているから選びやすい

つみたてNISAで投資できる商品は、信託報酬が低く販売手数料がゼロといった金融庁が定めた基準をクリアしたものだけ。そのため、投資が初めての人でも安心して取り組める商品のみが投資対象となっています。

・急な出費でお金が足りない……そんなときはいつでも解約可能

結婚式のご祝儀、引っ越し、転職など急な出費が重なることってありますよね。投資はしたいけれど一時的に中断しないとお金がもたない!というときは解約したり、積み立てる金額を変更したりすることが可能です。

つみたてNISAは、状況によって投資プランを見直すことができるフレキシブルな制度です。

つみたてNISAにもデメリットはある?利用する際の注意点

つみたてNISA,メリット,デメリット (写真=Peshkova/Shutterstock.com)

・投資できる商品は一部の投資信託とETFのみ

つみたてNISAで投資できるのは公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)のみです。

数ある金融商品や銘柄について理解し、投資対象を選び抜く作業はとても大変です。そのため、商品を選びきれずに投資自体を諦めてしまうケースもあるでしょう。つみたてNISAなら投資可能な商品がすでに厳選されているので、投資初心者にとっては大きなメリットです。

その反面、銘柄の選定が行えるほどの知識や経験があり、大きくリターンを狙っていきたいと考えている人にとって、この点はデメリットに感じられるかもしれません。

・信託報酬などの手数料は発生する

つみたてNISAを利用すると、運用益は非課税扱いとなります。ただし、忘れてはいけないのが運用益は非課税でも、信託報酬など一部の手数料は発生するということ。

証券会社によって販売している投資信託の種類や手数料などの条件は異なるので、証券会社を選定する際にはしっかりチェックしておきましょう。

・つみたてNISAの口座は損益通算できない

つみたてNISAの口座は損益通算ができません。仮に一般の証券口座で40万円プラスの利益が出て、つみたてNISAの口座で40万円の損が出ていたとしましょう。

つみたてNISA口座は損益通算ができないため、口座間で損益を相殺できず、一般の証券口座で出たプラスの利益40万円が課税対象となってしまいます。

口座開設する証券会社によっても使い勝手が違う

つみたてNISA,メリット,デメリット (写真=ImageFlow/Shutterstock.com)

つみたてNISAで投資できる商品は、証券会社によって大きな差があります。また、取引時間などのサービスやオンラインでの運営のしやすさなども、証券会社ごとの個性が表れています。

最長で20年間も非課税になるメリットを享受できるつみたてNISA。長いお付き合いになるのですから、口座を開設する際には証券会社を十分比較し、自分にもっとも合ったサービスを見つけてくださいね。

【こちらの記事もおすすめ】
知識ゼロでもわかる「つみたてNISA」3つの特徴。そもそもなんで登場したの?
つみたてNISAでシミュレーション。将来いくらになる?
結局「つみたてNISA」と「iDeCo」どっちが自分に合ってるの?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集