(写真=Maksym Azovtsev/Shutterstock.com)

不妊治療、進むか戻るかとどまるか。費用とその先の人生から考える妊活

不妊治療の着地点を考えてみました

子供が欲しいのに授かれないとき、私たちの前にある選択肢の一つが不妊治療です。助成金など経済的な支援策も整備され、以前よりも身近なものになってきました。しかし、だからこそ、ますます難しい決断を迫られるようになってきたといえるのではないでしょうか。

私たちはそこに進むのか、進んだとしていつやめるのか。「不妊治療に至る前」「不妊治療のその先」を含めて、妊活全般を考えてみたいと思います。

最初に「不妊」と「不妊治療」を理解しておこう

妊活,費用 (写真=Photographee.eu/Shutterstock.com)

・どのような状態を「不妊」と判断するか

「不妊」とは、妊娠適齢期にあるカップルが避妊せずに通常の性交をしていても一定期間内に妊娠しないことを指し、その状態にあることを「不妊症」といいます。

この「一定期間」は現在では、1年という見解が一般的です(世界保健機構(WHO)、アメリカ生殖医学会(ASRM)、日本産科婦人科学会など)。ただし、月経不順や量の異常、子宮の病気の既往症など治療の必要が考えられる場合は、1年を待たずに受診することが勧められています。

・不妊治療の種類と進め方

不妊治療は「一般不妊治療」と「特定不妊治療」に分けられます。特定不妊治療は、女性の体の外で受精を試み受精卵を体内に戻す、さらに進んだステージの医療です。

・一般不妊治療
タイミング法:排卵のタイミングを見計らって性交する
排卵誘発法(ホルモン療法):内服薬や注射で卵巣を刺激して排卵を起こさせる
人工授精:採取した精液の中から精子を選び出し、妊娠しやすい期間に子宮内に注入する

・特定不妊治療
体外受精:男性から採取した精子を女性から採取した卵子の入った培養液に加え、受精を待つ
顕微授精:細いガラス針の先端に入れた1個の精子を、顕微鏡で確認しながら卵子に直接注入して受精させる

一般的には生殖器やホルモン値などの検査を行いながら治療をスタートさせ、タイミング法から徐々にステップアップしていく形で進みます。

「不妊治療未満」の妊活

妊活,費用 (写真=RossHelen/Shutterstock.com)

私たちが本格的な不妊治療を始める前にまず自力で対処できることといったら、どんなことがあるのでしょうか。筆者は「自分の体をよく知ること」からだと思います。

不妊治療は、子宮や卵巣、ホルモン値の検査から始めます。まずは自分の体の状態をチェックし、知ることから始めてみましょう。基礎体温を測っていないのなら、今日からでも始められます。管理しやすいアプリもさまざま出ていて、無料でダウンロードできます。

妊活サプリや健康食品など代替医療も試してみたくなりますが、効果のほどは分からないもの。それよりも、規則正しい生活をしたり偏らない食事を取ったり、適度な運動やストレス解消など、普段からできることもたくさんあります。煙草を控えることや食生活の改善で、男性不妊を起こす精子の状態が回復したという例もあります。

不妊治療と経済負担

妊活,費用 (写真=Happy Zoe/Shutterstock.com)

・不妊治療にかかるおおよその費用

不妊治療には費用がどのくらいかかるのか。おおまかに把握してみましょう。少し前のデータになりますが、不妊治療の当事者を支援するNPO法人Fineによる『不妊治療の経済的負担に関するアンケートPart2』(2013年)から、費用平均をご紹介します。不妊治療体験者1993名のデータです。

1周期あたり、つまり妊娠チャンス1回ごとの治療費は次の通りです。

<体外受精の平均治療費>
1位:30万~50万円未満(52.2%)
2位:50万円以上(26.9%)
3位:20万~30万円未満(14.5%)

<顕微授精の平均治療費>
1位:50万円以上(44.7%)
2位:30万~50万円未満(43.9%)
3位:20万~30万円未満(7.7%)

一方、治療費の総額は次のような結果となっていました。

<通院を開始してからの治療費の総額>
1位:100万~200万円未満(24.8%)
2位:10万~50万円未満(18.8%)
3位:50万~100万円未満(17.7%)

治療期間は2年~5年未満が43.2%、1年~2年未満が27.3%という結果なので、1~5年程度の不妊治療で数十万から数百万の治療費がかかる、という見当がつきます。

また、タイミング法、排卵誘発法では排卵時期をチェックしたりホルモン剤の内服や注射を行ったりしますが、それらの治療は保険適用内です。

・助成金が出るのはどの治療?

厚生労働省は2004年に「特定不妊治療費助成事業」をスタートし、治療を受ける人の増加や年齢の上昇等の状況変化を踏まえて、2016年に制度改正しました。

助成の対象となる治療は、体外受精、顕微授精の二つ。1回15万、通算6回の助成が受けられます。助成にはいくつか要件があり、また自治体により違う点もあります。

・隠れた経済的負担「不妊退職」

これらは目に見える費用ですが、もう一つ、陰に隠れた経済負担もあります。不妊治療による仕事への影響です。

治療と仕事の両立の困難さは、以前から声の上がるところではありましたが、前出のNPO法人Fineがアンケート調査によって数字として可視化しました。『仕事と不妊治療の両立に関するアンケートPart2』(2017年)という調査で、これには5526名に上る当事者の声が集まりました。

仕事をしながら不妊治療を経験した回答者のうち95.6%が「両立は困難」と回答。実際に働き方を変えざるを得なかった人は40.8%に上ります。そして働き方を変えた人のうち半数は、退職を選んでいます。望んで働き方を変えた訳ではありません。70.5%の人が「これ以上は両立できなかった・限界だった」と答えています。

不妊治療にかかる費用は大きく、私たちの目は「この高額の治療費をまかなえるのだろうか」というところにとらわれがちでした。しかし、その陰に隠れて、望まない退職が進行している現状がありました。足元の経済基盤がさらさらと崩れていくかのような、深刻な問題です。

「子供のいない人生」も考える

妊活,費用 (写真=Chinnapong/Shutterstock.com)

・本当に「若ければ妊娠しやすい」のか

出産年齢の高齢化や少子化が問題とされるようになってから、女性に対し「年齢が上がると妊娠しづらくなる、だから早く妊娠出産を」という呼びかけが増えました。私たちは、不妊治療の負担を避けたいなら若いうちに妊娠すべきなのでしょうか。本当に、若ければ妊娠しやすいのでしょうか。

『非科学的知識の広がりと専門家の責任-高校副教材「妊娠のしやすさ」グラフをめぐり可視化されたこと』(田中重人『学術の動向』2017年)という論文が、妊娠のしやすさと年齢に関する論拠の問題点を指摘しています。

2015年、全国の高校に配布された『健康な生活を送るために』(2015年度版)という保健科目用副教材には、「女性の妊娠のしやすさは22歳でピークを迎えた後急激に低下する」という内容のグラフが掲載されています。このグラフは「加齢により妊孕力(にんようりょく)=妊娠する力が落ちる」ことの根拠としてさまざまな場面で使われているのですが、妥当性に疑問の声が上がりました。

一つは、もともとのデータ処理の問題です。このグラフの元となった研究では、早婚の女性のデータのみを使用しているために、結婚からの時間経過による性交頻度の減少などが大きく影響していると考えられ、生物学的な意味での妊孕力を示した結果になっていないのです。

また、この元論文の他論文への引用のされ方を見ると、無批判に根拠として使っていい信頼性のある研究とは言えず、高校教材に掲載したグラフも急激に妊孕力が落ちるような見え方に加工してあるなどの問題もあります。

他にも、一般社団法人日本生殖医学会『不妊症Q&A』(2013年)が「女性の年齢と妊孕力の変化」というグラフを掲載していますが、これも上記のグラフと同様、データの取り方から「生物学的な意味での妊孕力」を示せるものなのか疑問が残ります。

そして重要なことは、これらのデータは「全体として、女性は年齢が上がると妊娠・出産が減る傾向がある」ということを示しているのであって、「私」あるいは「あなた」が「20代のうちはほぼ100%妊娠するが、40代になると4割以下の確率でしか妊娠できない」ということを言っているわけではない、ということです。あなた個人が妊娠しやすい年齢は、結局のところ誰にも分からないのです。

・男性不妊について分かってきたこと

これまで不妊の原因として主に取り上げられてきたことは、女性の加齢でした。しかし近年、男性の不妊要因も次第に明らかになってきています。

NHK「クローズアップ現代+」は、2018年に2回にわたり、精子の劣化と男性不妊の問題について取り上げました。精子の数が少なかったり運動率が低かったり、DNAが損傷しているなど「妊娠を成功させる精子の力」の衰えが、様々な医療機関で指摘され始めているという内容です。

精子や男性不妊に関する研究はいまだ遅れており、分からない部分も大きいですが、その原因としては環境の変化とライフスタイルの変化の影響が指摘されています。

男性側に原因がある場合、自然妊娠もできにくくなりますが、不妊治療を開始して顕微授精を何度も繰り返したが妊娠に至らない、ということも起こり得ます。そして男性原因の不妊は、全不妊の約50%を占めるといわれているのです。

・子供を作るために結婚したのだろうか

女性の加齢も一律の要因ではないし、男性側の要因も50%ある。ですので、子供が欲しくて不妊治療を始めるなら、夫婦一緒に検査をするところから始めなければ意味がありません。不妊治療は、夫婦のどちらも当事者です。「どちらに責任があるか」の追及に入ってしまうと、先に進めなくなってしまいます。子供ができないことについて、夫婦で責め合いたいわけではないでしょう。

筆者が自治体の結婚支援事業を担当していた時、相談に訪れるのは40代以降の男性が多かったのですが、多くの方が「子供が欲しいので若い女性と結婚したい」と言いました。

男性不妊の話はかなりデリケートな話題のため、そんな時は「子供というのはどうしてもできないこともある。むしろこれからの人生を、妻となる人と二人で楽しく過ごす方向に切り替えてもいいんじゃないですか」ということを伝えました。そうした視点を持った男性は、パートナーとなる女性に出会いやすかったように思います。

子供ができず不妊治療を考える時、同様に「子供のいない人生」「パートナーと過ごす後半の人生」にも目を向けてみること。私たちには、それも必要なのではないでしょうか。

妊活もステージの進んだ不妊治療も、義務でも強制でもありません。すべて自分たちで決めることです。自然に任せるのか、なるべく無理せずできる範囲でやるか、可能な限りがんばりたいのか。期間を決めるのか、費用の上限目安を決めるのか。ぜひ普段から、子供や妊活、不妊治療について、この先の人生について、夫婦の話題に乗せてください。

人生がどの方向に進んでも、私たちは豊かに生きられる

妊活,費用 (写真=RossHelen/Shutterstock.com)

不妊治療の技術が進み経済的な問題が解決しても、やはり妊娠・出産は、コントロールしきれるものではありません。そもそも自分の人生、完全制御システムを搭載している人はいないでしょう。

筆者も子供が欲しかったです。結婚願望があまりなく晩婚だったくせに、なんとなく子供は生むものだと思っていました。妊活の渦中にあった時はつらかったですが、子供がなく離婚した今では、甥っ子姪っ子と楽しく独身の叔母ポジションを満喫しています(朝ドラ『とと姉ちゃん』の向井理のような「遊び人の独身叔父」的気持ちになる時もあります)。

不妊治療の着地点は、自分で決めればいいことです。とことんまでやり切ってもいいし、入り口で引き返してもいい。結果として子供を持つことができたら最高の喜びでしょう。でも、子供のいない人生もまた豊かなものだと、筆者は今、穏やかに思いますよ。

【こちらの記事もおすすめ】
不妊治療の助成金を分かりやすく解説。申請期限や手続き、限度額は?
#31 不妊治療中、「子供」を想定したライフプランに意味はある?
新婚夫婦の「話し合えない仲」を解消するためのアドバイス

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集