(写真=Masson/Shutterstock.com)

離婚の原因、隠れたトップは「DV」?スピード結婚に潜むリスクとは

DVが始まるきっかけとは……?

30代後半に差しかかった独身女性が婚活を始めるなら、あまり時間をかけずにゴールインしたいと思うのは無理のないこと。妊娠・出産を考えると早い方がいいと思ってしまいますし、なかなか決まらないと焦ってしまいます。

しかし筆者は、焦りから急いで結婚を決めようとしているのなら「ちょっと待って!」と声を掛けたい。というのも、スピード婚の陰には「離婚」という落とし穴も潜んでいるからです。大きなリスクの存在や、筆者が直面したDVのお話をしたいと思います。

離婚の原因、もっとも多いのは?

離婚,原因,DV (写真=Alex Linch/Shutterstock.com)

日本では、離婚した夫婦の33.5%が結婚期間5年未満というデータがあります。(厚生労働省『人口動態調査』2017年、同居期間不詳を除く)。離婚理由は何か、結婚期間別のデータではありませんが、「司法統計年報-家事編」(最高裁判所事務総局、2017年)から探ってみましょう。

・男女ともトップは「性格の不一致」だけれど……

「司法統計年報-家事編」には、全国の家庭裁判所が扱った離婚調停など家事事件のデータがまとめられています。申し立て理由を見ると、トップは男女とも「性格が合わない」で、夫の32.7%、妻の21.3%が理由に挙げています。

・妻側の理由から浮上する「夫の暴力」

しかし、妻側の理由に注目すると、別の側面が見えてきます。

妻の離婚理由で2番目に多いのが「精神的に虐待する」の13.6%。それに「暴力を振るう」を合わせてフィジカル・メンタル両面の暴力の割合を見ると、25.2%になります。後ほど詳しく解説しますが、暴力には性的なものと経済的なものも含まれるので、それらを示唆する「性的不調和」「生活費を渡さない」を含めると、44.7%に上ります。

つまり、妻側からの離婚申し立ての約半数は、その陰に夫の暴力の可能性があるのです。

DVの誤解を解きほぐす

離婚,原因,DV (写真=StepanPopov/Shutterstock.com)

「DV=ドメスティック・バイオレンス」という言葉は、今では誰もが知っている言葉だと思います。それでも、「えっ、それもDVって言うの?」「被害を受けた方も悪いんじゃ……」と思ってしまうことも多いのではないでしょうか。DVについて言われがちなことを、一つ一つ検証してみましょう。

・殴らなければセーフ?

「手を上げなければたいしたことではない」という感覚は、年代性別問わず根強くあるのではないかと思います。現に、筆者も「殴られた訳じゃないんでしょ?」と言われた経験があります。

しかし、暴力とは「手を出したか否か」ではありません。1993年国連で採択された『女性に対する暴力の撤廃に関する宣言』では、女性への暴力を「公的私的な場を問わず、身体的、性的、精神的に有害または苦痛な性差に基づく暴力行為」と定義しています。夫婦間の性行為の強要も含まれます。

この考え方を踏襲する日本の『配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律』(通称『DV防止法』2001年制定)でも、暴力の種類を「身体的なもの」「精神的なもの」「性的なもの」と規定し、生活費を渡さない、仕事や就業を制限するといった行為を「経済的な暴力」に分類することもあります。

もっとも重要なことは「どのような行為が暴力に当たるか」ではなく、その本質にあります。男性が女性を支配し従属的な立場に置くために力を行使すること、それによって女性の人権を侵害することが、DVの真の問題なのです。

・結婚前に見抜けなかった方の落ち度?

「そうは言っても、そんな人と結婚しなければよかったんじゃ?」という疑問も、DV被害を受けた人には向けられがちです。結婚前に気を付けていれば、DV加害者と結婚せずに済んだのでしょうか。

内閣府男女共同参画局が発表したデータによると、2017年の配偶者暴力相談支援センターへの相談件数は10万6110件。さらに、女性の約3人に1人は配偶者から暴力を受けたことがあるというアンケート結果も出ています。純粋に受け取ると、普通に結婚するとかなりの確率でDV被害に遭うということです。

DVの重要なポイントは「性差による支配」です。例えば、既婚女性が夜飲み会に参加するときなど、「旦那さん、よく許してくれたね」「寛容だね」などと普通に言われませんか?もちろん、黙って飲みに出かけるのは夫でも妻でもマナー違反だと思いますが、心の中のどこかに「妻はその行動に夫の許可を得るべき」という「常識」が潜んでいないでしょうか。

私たちの社会はつい「夫の支配」を当然だとみなしてしまいがちで、その意味で誰でもDVに発展する「芽」を持っているのです。

・とっとと逃げないなら、どっちもどっち?

DV被害を受けている友人に対して、「あんな男とさっさと別れろと言ってるのにぐずぐずしてるし、結局好きなんでしょ」と思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、DVの本質は「支配」。相手にコントロールされた状態で、きっぱりと決断できるものでしょうか。

例えば、会社で上司から無茶なスケジュールの仕事を割り振られた挙句失敗し、「お前の実力不足だ」と叱責を受けたとして、その場で辞表を叩きつけられる人はどのくらいいるでしょうか。それができないのは、上司と部下の関係が対等ではないからです。

また、内閣府男女共同参画局の「男女間における暴力に関する調査」(2015年)によると、交際相手から暴力を受けて別れなかった理由の約半数は「相手が変わってくれるかもしれないと思ったから」です。好きで交際した相手に、そう思ってしまうのは自然な心情なのではないでしょうか。

・DVだと主張すれば、男性はすぐに加害者扱いされてしまう?

一方で、「本当にDVか分からないのに、女性が訴えれば問答無用でDV扱いされてしまうんでしょ?男性もかわいそう」という意見もあります。

日本のDV保護法では、基本的に被害を受けた人の保護と支援しかしていません。加害者にはアプローチしないのです。

被害者は保護命令を申し立てて身の安全を図ることができますが、申し立てができるのは、身体への暴力や脅迫があって生命や身体に重大な危害を受けるおそれが大きいときに限られます。発令されるのは裁判所へ申し立てた後、口頭弁論や相手立ち会いのもとの審尋を経てからのことです。

被害者や関係者への接近とコンタクトが禁止されるのは、発令後6カ月間。また、2カ月間は被害者と同居する住居から立ち退かなければならず、被害者がこの期間内に引っ越しができなかったなどの理由がなければ延長はできません。

「DVを受けた!」と相手が主張すれば、すぐに逮捕されて隔離されるといったような、スピーディでイージーな制度ではないのです。

また、配偶者から暴力を受けた女性の約4割はどこにも相談しておらず、前述した配偶者暴力相談支援センターへの相談件数10万6110件に対し、保護命令発令数は1826件のみです。ほとんどのDVは水面下にあると言えます。

「何をDVと考えるか」も問題です。例えば、筆者の元夫は結婚後、前妻からの「ほうきが折れるほど殴られた」という訴えに対して、「そのほうきは腐っていたからそんなに強く殴った訳ではない」と筆者に説明しました。「確かに〇〇したが、それはDVではない」論法はよくあることですが、皆さんはどう思われますか?

DVを受けたという事実を受容するまでのストーリー

離婚,原因,DV (写真=Billion Photos/Shutterstock.com)

DVは親密な関係性の中で起こる暴力なので、一般的な暴力や傷害とは同一に語れない側面があります。被害者のストーリーを丹念に聞き取った調査『ドメスティック・バイオレンス被害者が被害を受けていくプロセスの検討』(米田弘枝、立正大学臨床心理学研究、2014年)からその特殊性を読み取ってみましょう。

・DVが始まるきっかけは「関係性の変化」

この調査は、4名の協力を得て聞き取りをしています。そこから、DVが始まった当初のエピソードを抜き出してみましょう。

事例A:原因不明の不機嫌と無視。1週間程度継続し、月1~2回起こる。妻の退職後回数が増加、些細なことでスイッチが入ったように怒り出し、物に当たり壁に穴をあける。

事例B:結婚前に突然キレて激怒。このときすでに妊娠中。新婚旅行に行くときから、意味不明に再三怒鳴ったり、一晩中説教したりする。その都度謝る。

事例C:結婚式の前日。何かが気に食わなかったようにものすごく怒鳴る。

事例D:仕事を無理に辞めさせられ結婚。携帯で1時間に1回は行動チェック、監視、友人との交流を制限。理詰めで説教。

きっかけは結婚の直前や直後、妻が仕事を辞めたときなど、関係性が変わるときです。結婚を取りやめることが難しく、妊娠・失職など離婚の決断もしにくいタイミングと言えるでしょう。このときの妻の気持ちは、驚きや混乱、恐怖、緊迫感などです。

・気持ちの経過と限界を感じるとき

その後暴力はエスカレートしますが、妻には「離婚は想像の範疇外」「親に心配をかけたくない」という気持ちや、「夫を信じ、正常化したい」「努力すれば何とかなるのではないか」などの期待や願望があり、むしろ夫と関わり、気を遣い、良い妻になろうと努力する方向に向かいます。

しかし、積み重なった恐怖心や不安感が否定できなくなり、動悸や震えなどの身体症状が始まったときや、夫の異常さや自分の努力の無意味さに気づいたとき、限界という結論に達するのです。ただし、そこに至るまでに短くて3年、長くて36年の年月が経過しています。

・受容までの長さとDVの特殊性

DV被害者が決断し切れない大きな要因として、暴力の経過の特殊性が挙げられます。DVには緊張の高まる「緊張期」、暴力の起こる「爆発期」、一転して優しくなる「ハネムーン期」というサイクルがあり、ハネムーン期に見せる謝罪と愛情のため被害者がほだされてしまう、というものです。

それも大きいのでしょうが、筆者が感じることは「100%真っ黒のDVはそうそうない」ということです。「DVチェックリスト」を目にしたことのある人は多いと思いますが、項目にすべて当てはまる人はそういないでしょうし、60%以上当てはまったらDV確定のような単純な話でもありません。緊張期、爆発期、ハネムーン期がきれいに分かれる訳でもありません。

筆者の実感は「日常的まだらDV」で、グレーの濃淡が度合いを変化させつつ同一人物の中に同居するようなイメージです。チェックリストや相談機関は判断の助けになりますが、結局は自分で相手を判断し決断するしかない。そこが難しいのだと、つくづく思います。

誰だって人を見る目はそんなにない

離婚,原因,DV (写真=Dmytro Buianskyi/Shutterstock.com)

あなたが婚活して出会った人と、半年後には結婚が具体化してきたとしましょう。実際、筆者は婚活して半年後には結婚を決め、1年後には結婚していました。しかし、結婚目前のあなたのその判断、自分で信用できますか?

言いたいのは、「だから人を見る目を磨こう!」ということではありません。そもそも、私たちはそんなに人間洞察力はありませんし、すべての人間関係は自分と相手との相互作用だからです。

だからこそ筆者は、「関係を見極めるための時間的余裕」を持ってほしいと思います。筆者の場合、その期間は「3年」です。どちらが原因かは分かりませんが、関係性に変化が生じ始めるのがどうも出会ってから3年目のようです(最近やっと気づいたことですが)。あなたの場合はどうですか?

結婚はゴールではありませんし、ゴールインまでの速さを競うものでもありません。結婚してからが長いのですし、結婚した先に幸せであることが大事です。あなたのペースで、必要な時間をかけて、進んでいってほしいと思います。

【こちらの記事もおすすめ】
離婚した元ダメ夫の成長記録「男子、三日会わざれば刮目して見よ」
離婚原因ランキング「性格の不一致」に続く理由は?
「離婚調停」はどう進めるの?手続きや費用、注意点を弁護士が解説

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集