(写真=Fisher Photostudio/Shutterstock.com)

人生100年時代のシナリオから読み解く、30代女性が目指すべき「婚活シフト」

仕事・結婚・家庭、シナリオをどう描く?

2016年に『ライフシフト-100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット、池村千秋訳、東洋経済新報社)が出版されてから、国内でも「人生100年時代」が語られるようになりました。皆さんもそのような見出しやキーワードを目にしたことがあるのではないでしょうか?

60歳で定年を迎え老後に入る従来のライフプランから、否応なしに変革を迫られる時代。「結婚」や「婚活」への向き合い方は、今まで通りでいいのでしょうか。

何歳までどう生きる?あなたのライフプラン

30代,婚活 (写真=Ape Man/Shutterstock.com)

そもそも、私たちの人生スケールは今どのくらいの数字になっているのでしょう。寿命、結婚と出産、仕事のリタイア年齢の平均を見てみました。

・日本人女性の平均寿命はどう変化したか

厚生労働省「平成29年簡易生命表の概況」(2018年)によると、2017年の日本人女性の平均寿命は87.26歳。1950年は62.97歳ですから、じつに25年も長くなっています。60歳を迎えたあと、生まれてから成人するくらいの年月をさらに生きるのか……と思うと、ちょっと気が遠くなりませんか。

・日本人女性の平均初婚年齢と第1子の出産年齢はどう変化したか

厚生労働省「人口動態統計」(2017年)によると、女性の平均初婚年齢と第1子の出産年齢は、次のように変化しています。こちらも2017年と1950年の比較です。

女性の平均初婚年齢:(2017年)29.4歳 (1950年)23.0歳
第1子出産時の母の平均年齢:(2017年)30.7歳 (1950年)24.4歳

単純に比較すると、1950年頃の女性は24歳で子供を持ち、40代でその子の成人を迎えました。しかし現代は、第1子を30歳前後で出産し、成人を迎えるのが50歳頃。初婚年齢の傾向が後の世代まで続くとすれば、その子が結婚してほっと一息つくのが80歳です。まったく気が抜けません。

ちなみに、第1子出産時の男性の平均年齢は32.8歳ですから、夫は自分より2~3歳後ろ倒しの計算です。

・定年と年金受給開始年齢、この先どうなる?

2004年の「高齢者の雇用の安定等に関する法律」改正により、定年の引き上げや継続雇用が義務となって、日本企業の定年は実質65歳となりました。さらに、2018年の未来投資会議において、政府は希望者が70歳まで働くことのできる環境整備を掲げ、2020年の国会に関連法案の提出を目指す方針を発表しました。

年金の支給年齢に目を向けると、国民年金の支給開始は原則65歳、厚生年金は1985年の制度改革により、2025年に向けて段階的に60歳から65歳に引き上げられている最中です。受給開始年齢は現行制度でも60歳から70歳まで選択の幅がありますが、今後70歳を越えて繰り下げ受給できるようになる可能性も出て来るでしょう。

これらをどう評価するかは別の問題として、個人のサバイバルとしては、70歳まで働きそれ以降に年金を受け取る将来も想定しなくてはなりません。

『ライフシフト』が説く新しい人生シナリオ

30代,婚活 (写真=lassedesignen/Shutterstock.com)

実際のデータを見ると、人生100年時代もあながち遠い世界のことではないと実感しますよね。『ライフシフト』では、年代の違う3人の架空の人物を登場させ、人生シナリオのモデルを示しています。舞台はアメリカですが、人生スケールや社会状況の変化は日本とも共通するので、見てみましょう。

・ジャック(1945年生まれ)の3.0シナリオ

この世代は平均寿命が70歳前後。教育を受けるステージ、仕事のステージ、そして引退という3ステージ型の人生がもっともうまく機能した世代です。

ジャックは20歳で大学を卒業。エンジニアとして成功を収め、結婚生活では主たる稼ぎ手となり家庭を妻に任せ、62歳で仕事を引退、70歳でこの世を去ります。

彼の人生でこのステージ構成が良好に機能したのは、まず老後の生活資金として政府の公的年金、勤務先の企業年金、個人の蓄えが十分存在していたこと。そして老後の期間が8年間と比較的短かくその資金で足りたことです。

・ジミー(1971年生まれ)の3.5シナリオと4.0シナリオ

ジミー世代の平均寿命は85歳。21歳で大学を卒業して職業人生に入り、65歳での引退を考えていますが、ジャックと同じような3ステージ型の人生を想定すると難航が予想されます。それは、企業年金の変革と削減が進んでいるため、ジミーはその受け取りが望めないこと、そして65歳で引退すると老後期間が20年間続くことです。ジャックと同じやり方だと、老後資金の備えが困難なのです。

これに対処するには、次の2つの方法が考えられます。

1つは、3ステージに「0.5ステージ」を付け加える3.5シナリオ。引退後にささやかな収入の手段を見つけるものです。

もう1つは、より大きなリスクと変化を取りにいく4.0シナリオ。45歳から自分を「再創造」するために、スキル向上や人的ネットワークの拡大などに時間とお金を投資します。家庭での夫婦の関係と役割にも向き合い、お互いに納得のいく態勢とルールを再構築していきます。

その結果ジミーは、より価値の高いスキルで仕事を獲得し継続する、もしくは起業し経営者となり、後々まで現役人生を続けることができるようになります。

・ジェーン(1998年生まれ)の4.0シナリオと5.0シナリオ

ジェーンは1998年生まれ、ちょうど2018年の新成人と同世代です。この世代は100歳を越えて生きる可能性が高く、3ステージの人生は成り立ちません。

65歳で引退しても老後期間は35年。公的年金・企業年金ともに先行きが分かりませんし、貯蓄を達成するのも不可能。親世代であるジミー世代も子供に財産を残せない可能性が高い。そして、35年もの長い老後を無為に過ごすことも現実的ではありません。

ジェーンがサバイブするには、ジミーの4.0シナリオ以上に自分の再創造に投資を振り向ける必要があります。そのためには、再創造に時間を配分する余裕がある働き方も、強力な選択肢として視野に入ってきます。

ジェーンには、より変化を遂げる回数の多い5.0ステージの人生もあり得ます。

大学卒業後、キャリアを固定せず流動的に働き、幅広い人的ネットワークや自分の強みを獲得します。その後企業に参画しキャリアと成功を築きますが、引退までに2度の学び直しと移行期間を設けてキャリアチェンジ。晩年は一箇所に限定せず、自分の能力を多角的に生かす活動をします。そして、完全に引退するのは、85歳の時です。

人生100年時代の「結婚」は?

30代,婚活 (写真=Ververidis Vasilis/Shutterstock.com)

働き方の人生シナリオが変化すると、プライベート、そして結婚や家庭生活はどう変わるのでしょうか。

・一方向に進む人生からマルチステージを行き来する人生へ

『ライフシフト』が新しい時代の人生として提唱するのは、教育・仕事・引退の3ステージを一方向に進む人生ではなくて、いくつかのステージを行ったり来たりするマルチステージの人生です。

仕事に専念し、金銭や財産などの有形資産を築くステージと、有形資産の形成を抑えて実践的学習や学び直しに充て、将来の可能性や人的ネットワークなどの無形資産を拡大するステージ。

移行期間を挟みながら、これらいくつかのステージを年齢に関係なく行き来する人生を『ライフシフト』は100年時代の人生として展望しているのです。

・前に出る時期と後ろに下がる時期をパートナーと交代し合う

このようなライフシフトでは、結婚してパートナーとなった相手との関係において、フィールドで活躍するプレイヤーと場外でサポートするマネージャーのような関係性にはなり得ません。むしろ、コートの中で戦況に応じて前に出たり下がったりするバドミントンのダブルスペアのような関係と言えるでしょう。

昭和型の結婚を抜けた新しい時代の結婚を提唱する『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』(白河桃子/是枝俊悟、毎日新聞出版)では、互いのキャリアを支える時期を持つ、夫婦の「Wキャリアシナリオ」を示しています。

出産期にぶつかる妻のキャリア立ち上げ期や夫の退職に伴う学び直し期に、それぞれが働き方をセーブしたりメインの稼ぎ手になったりして相手のキャリアをサポートするストーリーです。後ろに下がる時期に一方の収入は減りますが、生涯の世帯収支は大きなプラスになります。

女性初のプリンストン大学公共政策大学院院長となりアメリカ国務省政策企画本部長も務めた、いわばキャリアを極めた女性であるアン=マリー・スローター氏のアドバイスも感慨深いものがあります。

氏は、「パートナーがどちらも仕事でトップに昇りたいとしたらどうすればいいのか」という若いカップルの質問に、「二人とも選んだ分野でトップに昇る可能性はあるが同時ではなく、さまざまな時点でトレードオフと代償がある。そのとき、どんな選択をするのか計画を事前に話し合っておいた方がいい」と答えました(『仕事と家庭は両立できない?-「女性が輝く社会」のウソとホント』アン=マリー・スローター、篠田真貴子解説、関美和訳、NTT出版、2017年)。

これからの結婚は、常に一方が前衛で一方がサポートに回る必要はないですし、その方法で人生をサバイブすることもできません。このことを、私たち自身が理解しておく必要があり、それができる相手を選ぶ必要もあるのです。

・これからの時代に求められるのはパートナーとの「純粋な関係」

『ライフシフト』は、人生シナリオの変化とともに、家庭内の関係も変化すると見通します。

従来の夫婦関係は、夫は仕事でお金を稼ぎ妻は家庭を保つ、いわば有形資産と無形資産を分担して担当して生産を補完し合う関係でした。しかしこれからの時代、パートナー同士の関係は「関係自体が双方に恩恵をもたらすからこそ維持される」、いわば「純粋な関係」に移行していくと言います。

つまり、お金とケアにおける一種の取引関係的な結びつきを離れて、「一緒にいることが幸せであるからこそ夫婦、家族」という関係に変わっていくということです。

純粋な関係は、相手と深く関わり絆を強めていく反面、いつでも関係を終了させることのできる自由と緊張感を併せ持ちます。関係を維持するには、二人が常に内省し調整し合い、お互いの信頼に足る態度で関係性を再検討し再構築していくことが必須になるのです。

変化する時代には、一緒に変化していける誠実なパートナーを

30代,婚活 (写真=FPWing/Shutterstock.com)

筆者は「純粋な関係」に改めて考え込んでいます。先日、元夫が事業に失敗して失踪してしまいました。筆者が離婚を決意したのは、思い返せば「この結婚は夫にしか恩恵をもたらしていない」「夫は二人の関係の再構築に向き合わない」と判断し、「関係を終了させる」自由を行使したからにほかなりません。

元夫の失敗はさまざまな要因が絡んだ結果だと思いますが、もし彼が誠実な態度で筆者に向き合っていたら二人で事業の状況変化に対処できたのではないか、という思いが抜けません。一方で、自分の気持ちに目をつぶり、彼の稼ぎで自分の経済的な弱さを補い続けていたら、今頃は一緒に失踪する羽目になったか、彼の残した負債の後始末をする羽目になったことでしょう。

婚活をするとき、私たちはつい、相手の「現在の条件」に目が行きがちです。しかし、「相手が自分にとって魅力的な条件を備えているか」よりも、「この先の状況変化に合わせて柔軟に変化していけるか。そのときに、二人の関係の変化にも誠実に向き合う人か」を重視するべきなのではないでしょうか。

これからの時代の結婚は、より本質的な意味でのパートナーシップを築けるカップルしか残らないのではないか。そういう風に思えて仕方がありません。

【こちらの記事もおすすめ】
30代女性の婚活は難しいって本当?結婚の実態を調べてみた
婚活FPが語る、バツイチ子持ち女性が婚活市場で評価される理由とは?
婚活女子には言えない婚活男性の「3つの本音」とは?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集