(写真=森口新太郎撮影)

【連載】「会いに行けるお金の専門家 Moneylist(マネリスト)」

なぜ上場企業で不祥事が起きるのか?ワーキングウーマンの答えは

Moneylist(マネリスト)ワークショップ#01 開催リポート

10月27日(土)、東京都の株式会社ZUU本社で「会いに行けるお金の専門家 Moneylist(マネリスト)ワークショップ#01」が開催されました。柔らかな秋の日が差す中、働く女性8人が「経済学」のワークに取り組みました。

経済学と聞くと「難しそう」と思う人もいるかもしれませんが、この日は「ディズニーランドの入場料金」「企業の不祥事」など身近な例を元に、楽しく、経済学に親しみました。本記事ではその様子をリポートします。

意識の高い女性が大集合

マネリスト,崔真淑 (写真=森口新太郎撮影)

ワークショップは2部に分けて行われ、第1部ではあらかじめ用意されたワークをグループごとにディスカッションし、第2部で講師であるエコノミストの崔真淑さんがワークについて解説しました。

参加者8人がAとBの2グループに分かれてディスカッションがスタート。初対面の人たちが集まるこのようなワークショップでは活発な意見が交わされることは難しいものですが、さすが「Money力を身につける」という目標を掲げた意識の高い女性が集まっているだけあって、制限時間8分の間で大いに盛り上がりました。

なぜ上場企業では不祥事が起きるのか?話し合う

マネリスト,崔真淑 (写真=森口新太郎撮影)

この日行われた中でも「上場企業でなぜ不祥事が起きるのか?」という問いは、最近ニュースで企業の不祥事が多く報道されていることや、参加者のほとんどがワーキングウーマンだということもあってか、かなり関心の高いワークだったようです。

Aチームは3つの理由を具体的に挙げました。一つ目は現場単位のチェックがおろそかになっていること、二つ目は上層部からの圧力で目先の利益にとらわれてしまうこと、三つ目に社員同士が対話する機会が少ないということ。

Bチームは、上場企業に限らずどんな企業でも不祥事は起こりうるということを取り上げ、上場企業に関しては世の中の注目度が高いため、隠ぺいする傾向が強くなるのではないかと分析しました。

キーワードは「情報の非対称性」

マネリスト,崔真淑 (写真=森口新太郎撮影)

このワークのポイントとなるワードは「情報の非対称性」。崔さんは株式会社の欠点が「情報の非対称性」にあることを指摘しました。

「そもそも株式会社とは誰のものでしょうか?」

崔さんは、株式会社とは、経営スキルはないけれどお金を持っている人(株主)と、お金はないけれど経営をしたい人(経営者)をマッチングさせる仕組みであると説明。つまり、上場している会社は、出資した株主と企業の経営陣が別の人であることになります。

もし業績が悪かった場合、経営陣は「業績が株主にバレたら自分の年収が下がってしまうから、粉飾決算をしてしまおう」と考えてしまうケースもあります。ここで粉飾決算がバレないようできてしまうのは、経営陣が株主よりも企業の内部情報をよく知っているためです。つまり株主と経営陣が持つ情報量が対称ではないため、不祥事が起こりやすくなってしまうのです。

崔さんは不祥事の種を持っていない会社を見抜くコツを社外取締役にあると紹介しました。現在、上場企業には社外取締役を置くことが実質義務付けられているため、どんな人が社外取締役に就任しているかというところをチェックすると、その会社の姿勢が見えてくる場合があるのだということです。

「#なりたい自分」を描く

マネリスト,崔真淑 (写真=森口新太郎撮影)

ワークショップの最後の取り組みとして「なりたい自分を書く」ワークも行われました。ポストイットを絵馬に見立て、そこになりたい自分を書き、神社に絵馬を飾るようにホワイトボードに貼っていくというものです。

「パステル画を1週間に1枚描いていきたい」とまずは身近な生活の中から目標を掲げていく人もいれば、「3年以内に海外支社へ異動する」というワーキングウーマンらしい目標も。中には「夫婦健康に3億円を貯めたい」というものもありました。

ワーク終了後には崔さんを囲んだ懇親会も行われ、終始笑いの絶えない和やかな懇親会となりました。

マネリスト,崔真淑 (写真=森口新太郎撮影)

崔さんはワークショップの中で経済学を学ぶ意義について、「自分の身の回りの出来事を鳥の目で俯瞰して見ることができるようになる」と話していました。世の中で起きていることを他人事ではなく自分ごととしてとらえられる。あるいは、身近なことを世の中全体のことに結び付けて考えられる。これからの時代、そういう女性が力強く生きていけるのかもしれませんね。

参加した女性の声

マネリスト,崔真淑 (写真=森口新太郎撮影)

「楽しくて分かりやすかった。経済学に興味がわいてきた(20代)」

「これだけの短い時間で経済学の話がスッと入ってきて、私たちをその気にさせる崔さんはすごい!(40代)」

「これからはいろいろと違う角度でものを見ていきたい。(20代)」

「消費行動を見直して、物事を俯瞰して見ることができるようになりたい(40代)」

崔さんの解説はかゆいところに手が届くような分かりやすいものだったので、「経済学、ちょっと勉強してみようかな」と参加者に思わせる効果はかなりあったようです。

次回は12月7日(金)開催!講師は大槻奈那さん

imageTitle 【軽食付き】新年のスタートに差がつく!投資初心者女子のための「夢を叶える資産計画づくり」ワークショップ

「会いに行けるお金の専門家 Moneylistワークショップ#02」は12月7日(金)18時半から、東京都のマネックス証券にて開催されます。テーマは「夢を叶える資産計画づくり」、講師はマネックス証券チーフ・アナリスト兼マネックス・ユニバーシティ長の大槻奈那さん。2019年のスタートダッシュをよりよいものにできるよう、資産形成のプロである大槻さんに教わりながら資産計画書を作ります。

当日は懇親会も実施。大槻さんにキャリアアップのコツや2019年の金融市場の動向などを聞きながら、楽しい時間を過ごしましょう。

お申込みはPeatixより。

【こちらの記事もおすすめ】
【崔真淑さんと学ぶ】年収が1.7倍変わる!「経済学力」アップ講座開催・前編
【崔真淑さんと学ぶ】年収が1.7倍変わる!「経済学力」アップ講座開催・後編
会いに行けるお金の専門家 Moneylist(マネリスト)

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集