(撮影=森口新太郎)

離婚を経て再認識。株(ストック)彼氏選びの極意とは?

藤川里絵さんインタビュー・後編

女性向けの投資メディア「DAILY ANDS」では19日、新連載『恋する株(ストック)彼氏』がスタートします。連載を前に筆者である株式投資スクール講師の藤川里絵さんにインタビューを行いました。

インタビュー前編で株式投資をはじめたきっかけを伺ったところ、マンションを購入した後、当時の旦那さまの会社が倒産の危機に見舞われたエピソードが……。

その後、離婚という選択に至った藤川さんが、自立した大人女子たちに伝えたいこととは?

前編はこちら

元夫の会社が倒産の危機にひんし、自分の月給も5万円ダウン

株,失敗,藤川里絵 (撮影=森口新太郎)

——元旦那様の会社が倒産の危機にひんして、その後はどうなったんですか?

それまで養ってもらっている安心感があったのに、やがて彼のお給料が入らなくなり、ローンの返済も苦しくなってきて……。私の収入は家計のプラスアルファという位置付けだったのが、私の収入がメインになったんです。悪いことは重なるもので、私の勤め先の業績も悪化し、お給料が月額20万円から15万円ほどに下げられてしまって……。

FP(ファイナンシャル・プランナー)資格を取得した直後は特にそれを活かした仕事をしていたというわけでもなかったんですが、生活の危機に直面してはじめてそれ(FP資格)を活かせないか、と考えるようになり、会社を辞めて独立、自分で家族を養っていくという意識が芽生えました。

――マンションはどうなったんですか?

彼の会社が倒れる前に売却をしたほうがいいんじゃないかと考え、実際に売却したところ、奇跡的に購入時よりも高く売れまして。ラッキーですよね。(笑)

売却したお金でローンを完済し、残ったお金の半分を子どもの養育費に、もう半分を彼の会社に貸し出すことにしました。そのおかげでなんとか彼の会社も倒れずに済みました。

でもなんだかその危機を回避したことで燃え尽きたと言いますか、夫婦の関係がゴールを迎えたような状態になってしまって……。円満な離婚という流れに自然と。

経済力は自信の表れに

株,失敗,藤川里絵 (撮影=森口新太郎)

――離婚という決断に踏み切れたのは、ご自身に経済力があったことが大きかったのではないですか?

そうですね。経済力がなければ子供たちを養っていく自信もなかったと思います。彼の会社が危なくなってはじめて、自分で生活を立てるということの重要さに気が付いた感じです。

――やはり女性が自分で稼ぐことは大切ですよね。

大切ですね~。いろいろな部分で選択肢を増やすことができますからね。

たとえば結婚生活を円満に送っている人でも、プラスアルファで投資による資産形成は可能です。それだけで何かあったときの助けにもなりますし、老後の生活も豊かになると思います。

女性だけに限りませんが、このご時世、いつ私のように急に収入が途絶えるかもしれない不安もある。だからこそ「働く+投資」のようなスタイルを持つことをおすすめしています。

「働くだけ」もダメだけれど、「投資だけ」もダメ

株,失敗,藤川里絵 (撮影=森口新太郎)

——働いて稼ぐだけでも、投資だけでも、どちらも「一本足打法」であることに変わりはない、と。

投資には必ずリスクも存在しますので、投資だけで安定した収入を得られると考えるのはとても危険です。「働いて収入を得る+投資で資産形成をする」という方法をとれば、片方が失敗してももう片方で補うことができるでしょう。

株式投資だけにこだわらず、FXや不動産投資という方法もあります。自分の得意なものを見つけて、苦にならないものを選べばコツコツと長くやっていけるはずです。

——株式投資以外にも資産運用をしているんですか?

しています。FXと中古マンションですね。私は勝間さんの書籍を読んで「日本株」「外国株」「日本国債」「外国債」の4つの資産を同じだけ持つ、という風に投資をスタートして、自分は日本株が得意だとわかったので株の割合が大きくなっています。

——資産運用の目標は何かありますか?

うーん、いくらを稼ぐ、というような具体的な目標はないです。生活できるだけのお金は働いて稼ぐ、プラスアルファで趣味として楽しく投資して資産形成をする。きっと投資の目標は、額ではないと思うんです。美味しいものを食べて、旅行に行って、時間を作ることができる人生。それを実現するために必要な資産を作るのが投資の目標。そう考えれば、楽しく長くやっていけると思いませんか?

株(ストック)彼氏選びの極意は、執着しないこと

画像縮小 (撮影=森口新太郎)

――株(ストック)彼氏選びの極意をまとめると?

まずは余裕のある投資をすることです。保有している株の動向が気になりすぎて夜も眠れない、大きく下がったらどうしようと考えすぎて仕事が手につかない。そんな人はリスクを取りすぎている状態なので、もっと減らしたほうがいいですね。

それから執着しないこと。1つの銘柄に絞ってとにかくつぎ込むなんて人もいますが、執着しすぎると失敗した時のリスクが大きすぎます。株と男性の違いは浮気が許されることなので、何股しても大丈夫なんです。(笑)

――確かに。(笑)何股もかけてリスクを分散する、と。

そういうことですね。あとは「保有効果」というものがありまして、自分の保有している銘柄がとても良く見えると言う……。

よくダメンズと付き合っている人が言うじゃないですか。自分だけはわかっているから、もっと成長できるはずだから……なんて、いわゆる暗示状態ですよね。「人にはわからないかもしれないけど自分だけは知っているから大丈夫」なんて思い込みは厳禁です。

一度手放したものが出世したからと言って手を出すのも危ないですね。ダメンズな元カレがいい会社に就職した、みたいな。(笑)

――あーありますね!自分から見限ったのに価値が上がっていると、「もしかして、もったいないことしたのかな?」って思う状況。

そういうのは一度上がってもまた下がることが多いですし、客観的な視点で冷静に判断することが大切ですよ。株も男性も、ね。

――うーん、奥が深い。もっと、株(ストック)彼氏選びの方法、教わりたいです。連載楽しみにしています!

(藤川里絵さんインタビュー、おわり)

株,失敗,藤川里絵 (撮影=森口新太郎)

新連載は11月19日(月)スタート!

藤川さんの新連載『恋する株(ストック)彼氏』は11月19日(月)にスタートします。藤川さんのお気に入りの株の銘柄をストーリー形式で紹介。銘柄たちのイケメンっぷりにあなたも魅了されてしまうこと間違いなし。ぜひお楽しみに!隔週月曜更新予定。

今回、お話を伺ったのは

藤川里絵さん
日本最大級のファイナンシャル教育機関「ファイナンシャルアカデミー」にて「お金の教養講座」「お金の教養スクール」「株式投資スクール」など多数講座を担当。初心者にもわかりやすいと好評の株式投資スクールは、受講生の7割近くが女性で、毎回、満席になるほどの人気。2010年より株式投資をはじめ、一度も年間の損益がマイナスになったことがないのが自慢。著書に『月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法』(扶桑社)。

【こちらの記事もおすすめ】
なぜ株もオトコも「アイドル」と付き合うと失敗しやすいのか?
アラサー女子に伝えたい「投資に失敗しない」3つのポイント
資産10億円からの散財…紫原明子さん「日本一炎上しがちな夫」と離婚するまで

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集