(イラスト=木村豪)

【連載】「恋する株(ストック)彼氏」

#01 付き合うほどになめたくなる、安全パイだった男

カンロくん、どうしてそんなに急にモテはじめたの?

●株(ストック)彼氏#01のスペック
ナンバー(証券コード):2216
名前:カンロくん
業種:食品
性格:温厚、まじめ
交際タイプ:付き合えば付き合うほど味が出る。

ついついLINEしてしまう相手。それがカンロくん

「そっかそっか、お疲れさん。飴でもなめてゆっくり休みな」

仕事帰りの電車の中、ついつい誰かに愚痴りたくてLINEしてしまう相手。それがカンロくん。

とりたてて気の利いた言葉を返してくれるわけでもないけど、男子にありがちな正論をぶつけてこないのが彼の最大の魅力。ささくれだったこころも、彼との会話でスッと落ち着くの。

カンロくんとは、子どもの頃からの付き合いで、いつも隣にいるお兄さんといった感じ。正直、付き合う相手として見たことがなかったけど、最近なぜだか気になる。というのも、あちこちで彼を手にする女子を目にするから。わたしだけが甘える特権を持っていると安心していたのに、今では日本中の女子の人気者。だれもがカバンに忍ばせて、スキあらば彼をつまんでいます。

カンロくん、色気を出す

どうしてそんなに急にモテはじめたの?こっそり彼の行動をリサーチするわたし。記憶の中のカンロくんは、ちょっとくたびれた茶色のジャケット姿で、それが彼のトレードマーク。ところが、最近のカンロくんは、茶色のジャケットをモダンに新調し、そのほかにもやさしいミルク色や、トレンドを意識したミント色という新バージョンも。なんかオシャレになってる〜。

カンロくんといえば、言わずと知れた”飴の人”。お砂糖、水飴という甘いマスクに隠し味としてのおしょうゆを加えた日本人顔に懐かしさを覚える存在ザ・ジャパニーズフェイスのなごみ系。だけど、最近色気着いたのか”グミの人”としても大活躍。

じつは、お菓子界では、グミたちの存在感がぐんぐん大きくなっていて、今やコンビニ、スーパーのモテジャンル。UHA味覚糖くんや、明治くんなど、グミ界にはライバルがたくさんいるけど、カンロくんの”ピュレグミシリーズ”は頭ひとつ抜きん出て女子のハートを惑わしてくる。

ツンデレ手法でモテモテ

ファーストインプレッションは「酸っぱっ!無理ッ!」だけど、そのあとじんわり甘〜いジュレでやさしく抱擁してくれる萌え仕様♡。あの不器用だったカンロくんが、いつの間にかツンデレ手法を身に着けて、そりゃモテるわ。

そうそう、ミルク飴界でもすっかりキングの貫禄”金のミルク”。こちらもカンロくんのおはこです。最近は、抹茶味も登場し、中国ゴージャス女子や金髪碧眼女子のハートまでも盗んでしまったよう。わたしだけのカンロくんが、今やすっかり世界のカンロくんに。

じつは1年くらい前から本命くんにしたいと思いつつ、いつでもそばにいてくれる安心感からか、改めて告白できないでいます。とくに最近は人気が急騰し、少し手の届かない人になってしまった感も。もちろん彼はそんな人気に溺れることなく、淡々とマイペースを貫くはず。もう少し様子をみて、人気が一段落ついたところで、あらためて告白しようかな。

<ちょっと真面目に分析>

1912年創業の老舗・カンロは、誰もが一度は口にしたことのあるカンロ飴の生みの親。最近は「金のミルク」「ピュレグミ」が大ヒットし業績好調。

カンロ飴デビューから60周年を記念して、ロゴをリニューアルしたり、成長事業のグミ製造ラインを倍増したりと、積極的な経営が評価され、株価はここ1年で2倍近く上がっています。

知名度が高いわりには、会社の規模は小さく、まだまだ伸びしろがあるのも強み。去年から海外事業への取り組みを開始し、本気で世界のカンロを目指しているようです。

「グミの日」の9月3日、経済ニュース番組でグミ市場がここ5年で5倍に成長したという話題が取り上げられたこともあり、株価は急騰しましたが、その後一服感も。ただし、今季の業績は好調ですし、これから冬に向けて、のど飴を常備する人も増えるでしょうから、株価の切り返しを期待したいところ。

(次回は12月3日更新予定)

***

この連載では、株式投資スクール講師の藤川里絵さんが、気になる株(ストック)の銘柄を彼氏に例えて紹介します。隔週月曜正午更新予定。

【こちらの記事もおすすめ】
なぜ株もオトコも「アイドル」と付き合うと失敗しやすいのか?
銘柄に「恋」して12年〜グラドル杉原杏璃さん語る「投資家人生」
元カレはコーヒー好きだった…「東和フードの優待、もらおうかな」

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集