(画像=puhhha/shutterstock.com)

基本のチャートパターンで「株価の方向性」はこう分析できる

10万円から始める!誰でもラクラク株投資生活3

この記事は横山利香氏の著書『10万円から始める!誰でもラクラク株投資生活』(タツミムック)の内容を抜粋したものになります。

・『10万円から始める!誰でもラクラク株投資生活』シリーズ
(1)「株で利益を得るしくみ」をきちんと理解しよう
(2)誰でもラクラク株投資 「チャート」と「出来高」で売買タイミングをチェックする
(3)基本のチャートパターンで「株価の方向性」はこう分析できる

株価の方向性を分析する「トレンドライン分析」

●3つのトレンドを確認する

株価は日々、上昇と下落を繰り返しながら動いています。

株価が今後、どう動くのかを分析する時には、現在の傾向や方向性を把握することが必要です。

株価の方向性、いわゆるつまりトレンドを分析することを「トレンドライン分析」と言います。

株価のトレンドは、次の3つに分けることができます。

1.上昇トレンド
2.下落トレンド
3.横ばいトレンド(ボックス)

トレンドライン分析では、株価が上昇しているのか、それとも下落しているのか、もしくは横ばいなのか、株価の方向性を分析し、前述の3つのトレンドのうち、どれに当てはまるのかを分析します。

imageTitle (画像=書籍より)

●トレンドの継続を確認する

株価のトレンドは一般的に、上昇基調でも下落基調でも横ばい基調でも、一定期間はそのトレンドが継続します。

そして、トレンドが転換するまで続きます。

例えば、企業業績が良ければ株価は上昇するはずですが、株式投資では業績の良さがすでに織り込み済みと考えられ、株価が下落することもあります。

株価が下落しているにも関わらず、株価のトレンドを確認せずに安易に株を買ってしまうと、損失が発生する可能性が高くなります。

必ずしも業績と連動した株価になるとは限りませんから、株価の方向性を確認して取引を行うことが大切です。

株価のトレンドは、「トレンドライン」を引いて分析します。

トレンドラインとは、株価の高値や安値を結ぶことで引くことができる線です。

トレンドラインを引いて、トレンドが継続しているか、転換していないかを確認します。

株価が上昇する場合は上昇トレンドです。

株価が上昇した時の安値を結ぶことで、下値支持線(サポートライン)を引くことができます。

(画像=書籍より)

一方、株価が下落する場合は下降トレンドです。

株価が下落する時の高値を結ぶことで、上値抵抗線(レジスタンスライン)を引くことができます。

横ばいトレンドは、株価が一定幅の中で、行ったり来たりする場合のことで、上値抵抗線と下値支持線は平行になります。

天井や底打ちを素早く発見する

●転換のパターンを覚える

株価がトレンド転換する時や、天井や底を打つ時には、代表的なチャートパターンが現れることがあります。

トレンド転換したタイミングを素早く発見するためにも、次にあげる代表的なチャートパターンは覚えておいた方がよいでしょう。

1.ダブルボトム
2.ダブルトップ
3.ヘッドアンドショルダーズボトム
4.ヘッドアンドショルダーズトップ

ダブルボトムは株価が底を打つ時に出るチャートパターンです。

(画像=書籍より)

株価が下落して底を打った後に上昇。

その後、再び一回目につけた安値あたりまで株価が下落して底を打つ場合があります。

この時のチャートの形状がアルファベットのWの形状に似ていますから、ダブルボトムもしくは「二番底」と言います。

反対に、ダブルトップは株価が天井をつける時に出るチャートパターンです。株価が上昇して天井を打って下落。

株価が再び切り返して1番目につけた天井あたりまで上昇して天井を打つ時があります。

ダブルボトムの反対の形なので、ダブルトップと言われています。

●ネックラインをチェック

Wの真ん中の部分から横に引いた線を「ネックライン」と言います。

このネックラインを株価が下に抜けた場合や、上に抜けた場合には、トレンドが転換した可能性が高くなります。

ヘッドアンドショルダーズトップは株価が天井をつける時に出るチャートパターンです。

山が3つで、真ん中の山が最も高く、両端の山に挟まれた形になります。「三尊」とも言います。

反対に、ヘッドアンドショルダーズボトムは株価が底を打つ時に出るチャートパターンです。

谷が3つで、真ん中の谷が一番深く(安く)なります。三尊の反対なので、「逆三尊」とも言います。

そして、真ん中の山や谷の起点の部分を横に引いた線をネックラインと言います。

このネックラインを株価が上か下に抜けることで、トレンドへ転換の可能性が高くなります。

Webサイトより※クリックするとAmazonに飛びます

横山利香(よこやま・りか)
ファイナンシャルプランナー、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)、相続士。株式投資や不動産投資等、資産運用や投資をテーマに執筆、講演活動を行う。おもな著書に『「株」で着実に資産を10倍にふやした私の方法』(ダイヤモンド社)、『月2000円から!誰でもカンタン投資生活』(辰巳出版)等がある。会社四季報オンライン(東洋経済新報社)で『横山利香のスイングトレード日記』を連載中。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集