(画像=ImYanis/shutterstock.com)

「株で利益を得るしくみ」をきちんと理解しよう

10万円から始める!誰でもラクラク株投資生活1

この記事は横山利香氏の著書『10万円から始める!誰でもラクラク株投資生活』(タツミムック)の内容を抜粋したものになります。

株で利益を得る仕組み

これから株式投資を始めようと考える人の多くが、株式投資に対しての知識が不足しています。株式投資をしたことがなければ、知識が不足していて当然です。

少しずつコツコツと努力を、そして経験を積み重ねることで、成果として現れるのです。

まずは株式投資がどのようなものかをイメージすることから始めてみるとよいでしょう。

キャピタルゲインとインカムゲインを理解する

●売買の価格差で利益を得る

株式投資で利益を得る方法としては、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つの方法があります。

株価は値上がりと値下がりを絶えず繰り返しています。

株価の安い時に株を購入し、高くなったらその株を売ります。買った価格と売った価格の価格差が利益になり、これがキャピタルゲインになります。

株を買った後に株価が値上がりすれば利益が発生しますが、株価が値下がりすれば損失が発生してしまいます。

株を売買するタイミング次第では、利益も損失も発生する可能性がありますので、売買タイミングの判断には注意を払わなければなりません。

やみくもに株を売買するのではなく、株価の動きを表すチャートを利用したテクニカル分析を利用することが大切です。

●配当金の受け取りで利益を得る

株を買うことで投資家は企業の株主になることができます。

企業は得た利益の一部を「配当金」という形で、年に1回もしくは2回と回数を決めて株主へ分配、還元します。

株を保有することで、安定的かつ継続的に配当金という収入を得ることをインカムゲインと言います。

企業は株主に対して、事業活動の成果として得られる利益を配当として支払います。

たとえば、業績が良好であれば配当金は増加(増配と言います)しますが、反対に業績が低迷すれば配当金は減少(減配と言います)します。

また、企業によって、株価も配当金も異なります。

どの企業の配当金がお得なのかは「配当利回り」を求めることで知ることができます。

配当利回りは年間の配当金額とその時の株価で求められます。

一般的に、配当金額が同じ場合、株価が高くなると配当利回りは低下し、反対に、株価が安くなると、配当利回りは上昇します。

配当を受け取るためには、権利確定日に株主になる必要があります。

注文や株価の仕組み

●買い注文には2つの方法がある

株の注文は、買いたい人と売りたい人がいて取引が成立します。これを「約定(やくじょう)」と言います。

一般的な注文方法には「成行(なりゆき)」と「指値(さしね)」の2つがあります。

成行注文は、すぐに約定させたい時に値段を指定しないで出す注文方法です。

約定するまで価格はわかりませんが、必ず約定します。

一方、指値注文は値段を指定して出す注文方法です。希望の価格で注文できますが、約定しない場合もあります。

証券会社によって注文を出せる期間は異なりますが、注文の出し忘れや取り消し忘れがないよう、生活スタイルに合わせて注文の期間は揃えましょう。

また、値段を指定するといっても、滅茶苦茶な値段で注文が出せるわけではありません。

株価は一日に動く値幅が決まっていますので、「値幅制限」の範囲内で注文を出さなければなりません。

値幅制限の一番高い価格が「ストップ高」で、一番安い価格が「ストップ安」です。

株価はリアルタイムで動いています。どんな「買い注文」「売り注文」が出ているのかは「株価ボード」で確認できます。

注文の情報のことを「板情報」と言い、約定する流れは「歩み値」で確認できます。買い注文が多い場合には「買い気配」、売り注文が多い場合には「売り気配」と言います。

●状況によって注文方法を決める

注文は、成行注文が約定してから指値注文が約定します。

同じ価格の注文が複数ある場合は、早く出された指値注文から約定します。

株の購入を急いでおらず、少しでも価格を安くしたい場合や、少しでも高く売りたい場合は指値注文を利用します。

成行注文はすぐに約定させたい場合に利用します。例えば、決算内容が悪く売り注文が殺到してすぐに売りたい場合などがあります。

なお、株注文が約定しても株券は受け取れません。

「株式等振替制度」により、証券会社の口座で電子的に管理されています。

Webサイトより※クリックするとAmazonに飛びます

横山利香(よこやま・りか)
ファイナンシャルプランナー、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)、相続士。株式投資や不動産投資等、資産運用や投資をテーマに執筆、講演活動を行う。おもな著書に『「株」で着実に資産を10倍にふやした私の方法』(ダイヤモンド社)、『月2000円から!誰でもカンタン投資生活』(辰巳出版)等がある。会社四季報オンライン(東洋経済新報社)で『横山利香のスイングトレード日記』を連載中。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集