(写真=Keisuke_N/Shutterstock.com)

所得、収入、手取りの違いは何?年収400万円OLを例にわかりやすく解説

課税所得で手取りが変わる、その仕組みとは?

「所得」と「収入」、「手取り」の違いを意識したことはありますか?どれももらえるお金なので、同じような意味で使っている人も多いようです。でも、「所得」「収入」「手取り」は、内容も金額も全く違うものです。この違いを知ることで、税金への理解が高まり、節税への一歩となりますよ。

所得と収入の違い。会社員の場合

●会社員の収入とは?  

会社員の収入とは、給与の総支給額のことで、税金や社会保険料などが引かれる前の金額のことです。

年収は、毎月の給与とボーナス(賞与)の合計額です。例えば、毎月の給与が30万円でボーナスが40万円なら、年収400万円になります。年末にもらう源泉徴収票の「支払金額」という欄に書かれる金額です。

複数の会社から給与をもらっている場合は、すべての給与収入を合計した金額が年収となります。この収入から所得税などの税金や社会保険料などを引いた後の金額が、実際受け取る「手取り」となります。

よく、結婚するなら「年収〇〇〇万円以上の人がいい」なんていう話を聞きますが、実際に使えるお金は、年収よりだいぶ少なくなることを忘れないでくださいね。  

●会社員の所得とは?

会社員の所得とは、収入(給与の総支給額)から、必要経費を引いたもののことです。

ただ、実際にかかった必要経費を一人一人計算するのは大変なので、給与収入の金額に応じた概算の経費が差し引かれます。これを、「給与所得控除」といいます。

給与所得控除は、経費として実際に払ったかどうかに関係なく引かれるもので、金額は次の通りです。

imageTitle (国税庁ホームページを元にDAILY ANDS編集部作成)

会社員の所得のことを税法上、「給与所得」といいます。

1年間の所得はその年の1月から12月までで計算し、年末にもらう源泉徴収票には、「給与所得控除後の金額」という欄に書かれる金額です。

所得と収入の違い。自営業、フリーランスの場合

●自営業、フリーランスの収入とは?

自営業、フリーランスの収入とは、事業の売り上げなどの入ってきたお金のことをいいます。自営業では、売上高が年間の主な収入になることが多いでしょう。売上高は「年商」という言い方もしますが、年商が収入(年収)ではありません。

収入には、売上高のほか、利息、配当金、家賃収入など、事業活動以外の収入も含まれます。

●自営業、フリーランスの所得とは?

自営業、フリーランスの所得とは、年収から仕入れ代金や人件費などの「経費」を引いたものです。所得税法上、「事業所得」といいます。

ここで、問題です。年収1000万円の自営業Aさんと、年収600万円の会社員Bさんでは、どちらがもうかっていると思いますか?答えは「単純には比較できない」です。

なぜかというと、自営業の場合、年収が1000万円でも、仕入れ代金や人件費などの必要経費がいくらかで所得が大きく変わってくるからです。経費が大きくて赤字になる場合もあります。そうなると、年収は自営業Aさんの方が多くても、より稼いでいるのは会社員Bさんということになります。

ですので、自営業の場合は、年収では実際もうかっているかどうかは判断しにくいため、銀行のローンなどでは「所得」が重視されることが多いようです。

年収400万円OLの所得税はいくら?

https://daily-ands.jp/cdn/posts/main_visual/5bcfc53673f3216be3ac3ba7_720_480.jpg (写真=buritora/Shutterstock.com)

それでは、年収400万円のOLを例に、所得税がいくらになるか計算してみましょう。ちなみに、毎月の給与から引かれている所得税は、おおよその仮の税額です。12月に1年間の給与額が確定したら、正しい所得税額を算出して「年末調整」を行います。

●年収400万円OLの給与所得控除額はいくら?

まず、年収400万円の給与所得控除は、先述の表から計算することができます

・給与所得控除額の計算
400万円×20%+54万円=134万円

●年収400万円OLの給与所得額はいくら?

次に、給与所得額を計算します。収入から給与所得控除額を差し引けばよいので、

・給与所得額の計算
400万円—134万円=266万円

266万円が年間の給与所得になります。収入よりだいぶ少ない金額になりますね。

●年収400万円OLの課税所得はいくら?

この給与所得からさらに、社会保険料控除や生命保険料控除などの各種「控除」が引かれて「課税所得」が算出され、所得税の税率が決まります。

今回は、ざっくりと、各種控除の合計を100万円とします。

・課税所得の計算
266万円-100万円=166万円

課税所得は166万円であることが分かりました。

●年収400万円OLの所得税額はいくら?

最後に、課税所得の金額から所得税率を掛けて、さらに控除額を差し引くと所得税の金額が分かります。所得税率と控除額は国税庁のホームページから分かります。

imageTitle (国税庁ホームページを元にDAILY ANDS編集部作成)

・所得税の計算方法
166万円✕5%−0円=8万3000円。

課税所得166万円にかかる所得税は5%、控除額は0円なので、8万3000円となりました。この税額が1年間に仮で天引きされていた所得税よりも少なければ、差額が年末調整で還付されます。

課税所得を減らせば手取りを増やせる

上記の計算で分かっていただきたかったことは2つです。

まずは「収入」と「所得」と「手取り」は金額が大きく異なるということです。そして、税金の計算で、決め手となるのが「課税所得」です。

所得(給与所得、事業所得)から差し引ける控除が多いほど、課税所得は小さくできます。年末調整では、例えばふるさと納税などの寄付金や生命保険料控除なども忘れずに提出し、控除をしっかり活用することが節税の第一歩となるのです。

【こちらの記事もおすすめ】
意外とカンタン!給与所得控除の計算法を知って税の知識を身につけよう
不労所得ってどんな税金がかかるの?シミュレーションしてみよう
年収別に税金を計算してみた。所得税はこうやって計算しよう

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集