(写真=PIXTA)

節約女子に伝えたい、お金を貯め込むと「失敗」する理由

しくじり女子に学ぶ、お金のキホン(2)

先日、某会員制料理教室とのタイアップで、「節約レシピ×マネー」というセミナーを開催しました。長年のデフレ(デフレーション:物価下落)により、「節約」や「見直し」といった言葉が取り沙汰され、もともと倹約的で保守的な国民性に輪をかけるように流行しましたが、個人的には「節約というワードで、いまだに人は集まるのか?」と思った次第です。

しかし、結果は大盛況。

多くの人は「(お金を)増やす」=「貯める」=「節約」と考えていることが、あらためて分かった1日でした。

今回は、潜在的に節約志向に陥っている方に、マネーとの関わり方を考えていただきたいと思います。

【『しくじり女子に学ぶ、お金のキホン』シリーズ】
(1)失敗を恐れた「マネー貧乏さん」と「リッチ投資女子」の違い

120万円使って120万円消費をしていた20代の頃

筆者自らの苦い経験を例に、考えていただきましょう。

まだ20歳になったばかりのころ、お金に関する知識が何一つなかった筆者は毎月10万円をせっせと貯め、1年後、目標額の120万円が貯まったところで、一気に使ってしまいました。当時欲しかったApple社のデスクトップPC iMac一式を購入し、さらに教育費やエステなどで120万円はあっという間になくなりました。

投資未経験の方は「貯めたお金で欲しいものを買ってどこがいけないの?」、と思われたでしょう。問題は、欲しいものを購入したことではなく、せっかく貯めたお金を消費して残高がゼロになったことなのです。

「貯めたものを消費する」のではなく、「増やしながら、消費する」

節約, 失敗 (写真=PIXTA)

もし、今の筆者であればどうしたか。

お金が必要なときは、必要な分だけ取り崩しながら、残りのお金は運用を続けていたと思います。もっと具体的に言うと、運用で増えた分だけを消費に回し、元本にはなるべく手をつけずに、運用資金として手元においていたと思います。

お金は運用することで、増やすことができます。

雪だるま作りをイメージしてみましょう。最初に雪玉をこしらえ、あとは雪の上で転がして表面に付く雪が玉を大きくしていく。この、最初にこしらえる「雪玉=運用資金」で、「転がす作業=運用」と考えてください。

表面積が大きくなればなるほど、1回転がしたときに雪が付着する量が増えます。つまり、雪玉は大きくなるほど効率よく雪を集められるのですね。お金の運用も同じです。

筆者の20歳での失敗は、運用の元となる「雪玉」を失ってしまったことです。玉がなければ転がせません。雪をかき集めるのとは異なり、まとまった資金を作るのはそれなりの時間と労力が必要ですから「失敗」だと筆者は思うのです。

なぜ、運用することを知らない人が多いのか?

では、なぜ運用することを知らない人が多いのでしょうか? それは、お金は運用するものだと教わってこなかったからではないかと思います。

例えば、筆者の実家は自営業で、日銭が入る商売を行っており、完全な現金主義だったように思います。「お金=レジにある紙幣・硬貨」というイメージが定着していた筆者は、欲しいものを手に入れるためのお金は労働でしか得られない、と無意識のうちに思っていました。

労働でしかお金を作ることができないと思うのは足し算の考え方です。小学生がお年玉やお小遣いを貯めて欲しいものをゲットするのであれば構いませんが、20歳といえばもう立派な大人です。証券口座を開設できる年齢なのであれば、それは投資に対する知識を十分に理解できる年齢であるはずです。

お金を効率的に増やすのであれば、「足し算」ではなく「掛け算」で行うべきでした。

「足し算」ではなく「掛け算」でお金を増やそう

「足し算」の増やし方に金利はありませんが、「掛け算」の増やし方には金利があります。

例えば、住宅ローンや、身近なものでいえばカードローンなどの借金では、必ず利息が取られます。これは借り手にしてみると、お金を借りたいわば「お礼」として支払うものですが、皆さんが「貸し手側」であればそれは「利益」になります。

もし、皆さんが「貸し手側」になることができれば、その利息は働いて得た対価(労働所得)ではなく「不労所得」となります。実際に事業として融資を行うことは難しいですが、間接的に私たちは「貸し手」になることができます。それが株式や投資信託、債券、不動産、REIT(不動産投資信託)などへの投資なのです。

先ほど説明した通り、雪玉は大きくなればなるほど、効率よく雪を集めることができます。雪玉を作っては置いておき、作っては置いておき、を繰り返すよりも、雪玉を転がしながらより大きな雪玉を作るほうがはるかに合理的だと思いませんか?

この仕組みを20歳の頃理解していれば、運用をより早くスタートできていたでしょう。

なぜお金を貯め込んではいけないか

最後に、根本的なお話になりますが、なぜお金を預金などで貯め込んでおいてはいけないのでしょうか。

預金や一部保険は、多少の利息や利回りで利益が出るにしても、何年もかけておいておくとインフレ(インフレーション)に負けるからです。インフレが進行すると物価が上がり、お金の価値が下がります。物の値段が1.3倍になった場合、預金残高も1.3倍になっていないと金額が変わらなくても価値は下がっていることになります。

日本銀行は2013年1月、「物価安定の目標」として物価上昇率2%を掲げています。実際は目標通りにはいっていませんが、もしこの目標が達成できたら、0.001%など、2%を下回る金利でお金を置いておく行為は、「お金の価値を減らしている行為」とも言えるのです。

資産運用をしていると日本銀行を含めた社会の動きにも敏感になります。節約や貯金は大切なことですが、それだけでは社会の変化に気づくチャンスも減ってしまいます。そういう意味でも、運用に無関心であることは「失敗」であり、「時代遅れ」なのです。

●今回の教訓

・お金を効率的に増やすなら「足し算」ではなく「掛け算」で
・増えたお金の分だけ消費に回し、元本は運用資金として残しておこう
・貯金だけをしていては、インフレに負けてしまう

【『しくじり女子に学ぶ、お金のキホン』シリーズ】
(1)失敗を恐れた「マネー貧乏さん」と「リッチ投資女子」の違い

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集