(写真=StudioByTheSea/Shutterstock.com)

生涯独身は後悔する?すぐに始められる後悔しないための3つの行動

結婚するかしないかの境界線、ポイントはどこ?

「気がついたら周りの同年代の人たちがほとんど結婚していた……」

そんな状況の中、独身であることに対して、もやもやとした気持ちを抱えている人もいるかもしれません。しかし、国立社会保障・人口問題研究所が2015年に行った結婚と出産に関する全国調査によると生涯未婚率は年々増え、未婚者の間でも「一生結婚するつもりはない」という人の割合は増加しています。

今後、生涯独身はどんどん珍しくなくなるかもしれません。そんな時代に備えて、生涯独身でいる選択をした際に予想されることや、そのときになって後悔しないようすぐに始められる行動を紹介します。

生涯未婚率、女性は10年前の2倍に

結婚, 独身, 価値観 (写真=Natee Meepians/Shutterstock.com)

50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合「生涯未婚率」と言いますが、この数値は男女ともに年々増加傾向にあることが分かっています。国立社会保障・人口問題研究所が発表した「人口統計資料集2018年度版」によると、2015年の生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%でした。今や男性では約4人に1人、女性は約7人に1人が生涯独身という時代。生涯未婚率は10年間で男性1.5倍、女性は2倍になり、これは2015年までにおいていずれも過去最高の数値です。

さらに、未婚者のうちで「一生結婚するつもりはない」と自ら「おひとりさま」であることを選ぶ人が増えているというデータも。前述の同研究所による「結婚と出産に関する全国調査では、18〜34歳の未婚者のうち「一生結婚するつもりはない」人の割合は、2015年時点で過去最高となる男性12%、女性8%を占めています。

生涯独身で予想される後悔とは?

結婚, 独身, 価値観 (写真=lzf/Shutterstock.com)

では、生涯独身にはどんなデメリットがあるでしょうか。予想されることを挙げてみました。

・いざというときに相談できる家族がいなくて寂しい

人間関係や病気、自分自身のキャリアの悩みなど、家族にだからこそ打ち明けられる人も多いでしょう。そのような人は、生涯独身だと孤独感に悩むかもしれません。

・病気になったときに看病してくれる人がいない

体調の優れないときにも自分で食事を用意し、入院時は着替えなどの準備をすべて自分で行わなければいけないのはそれなりに大変です。病気になれば、体調の悪さだけでなく、精神的に後ろ向きになってしまうことも多いもの。そのようなとき、一緒に病気と闘ってくれる家族の存在は大きな支えになります。

・周りからどう見られているかが気になる

「同僚は結婚したのに、自分だけ独身で肩身がせまい」
「弟妹は結婚したのに、と親からのプレッシャーが辛い」
生涯独身の場合、周囲からの視線が気になりこのような悩みが生まれるかもしれません。

・老後資金が心配

生涯独身であれば、仕事を辞めた後の老後資金は自分自身で準備をするしかありません。特に女性は男性より長く生きる可能性が高いため、より資金が必要になると考えられます。また、厚生労働省発表の「平成29(2017)年簡易生命表」を見ても分かるように、平均寿命は年々延びています。長寿化が進むと、年金受給の年齢引き上げや額面減少の可能性もあります。早いうちから準備をしておくことが大切でしょう。

・保証を得られにくくなることがある

独身者が家や車を購入しようとした場合、親や近しい親戚に保証人となってもらっているケースも多いのではないでしょうか。しかしながら、親や親戚が他界した場合、このような保証が得られにくくなり、さまざまなシーンで選択肢が限られてしまう可能性があります。

結婚したいか独身でいたいか、長期的な視野で考える

結婚, 独身, 価値観 (写真=Tom Wang/Shutterstock.com)

このように、生涯独身であることのデメリットは確かにありますが、生涯独身はリスクが高く必ず後悔する、というわけではありません。

例えば、先ほど紹介したデメリットの中でも、「いざというときに相談できる家族がいなくて寂しい」「病気になったときに看病してくれる人がいない」という点については、必ずしも結婚相手や家族が頼れる存在であるとは限りません。頼れる友人がいればいい、ということも十分考えられるでしょう。

近年のスマートフォンやSNSの普及は私たちに、より多種多様な情報と、より多くの人と出会う機会を与えてくれました。それらの中には、私たちの価値観や行動に変化をもたらすものも含まれています。結婚に関する考え方も同様で、今後、私たちの価値観はますます多様化していくと考えられます。

実際、日本においても婚姻届を出さない「事実婚」、婚姻はするものの別居生活を続ける「別居婚」や週末だけ同居する「週末婚」、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ」など、従来の形にとらわれないさまざまな婚姻関係のスタイルがあります。

このような背景から考えると、生涯独身でいるデメリットは将来的に少なくなっていくのではないでしょうか。また、内閣府が発表した「平成30(2018)年度版 少子化社会対策白書」からは、晩婚化の波は緩やかになったとはいえ、相変わらず進んでいる事実も浮かび上がっています。現代において、生涯独身や晩婚は決して珍しいことではなくなったと言っていいでしょう。

とはいえ、「今の生活に満足しているから、この先もきっと大丈夫」と現状に満足し、生涯独身を安易に決断するのは、先に挙げたデメリットの数々からもあまりおすすめできません。生涯独身を貫く相当な理由がないのであれば、「もしかしたら、いつかいい人と出会って結婚するかもしれないし、しないかもしれない。どんな変化にも柔軟に対応できるように備えておこう」と、長い視点で考えておくほうがよいでしょう。

生涯独身であることを後悔しないために、これからすべきこと

結婚, 独身, 価値観 (写真=number-one/Shutterstock.com)

どのような状況になっても後悔しないために、私たちは今後どうあるべきでしょうか。重要なのは、自立した自分でいることです。そのために準備しておくべきポイントを紹介します。

・経済的に備える

生涯独身、あるいはパートナーと離婚・死別した場合、老後の介護問題なども含めて自分で向き合っていかなければなりません。その際に必要なのがお金です。

まずはお金を自分で稼ぎ、次に貯蓄し、最後に資産運用で増やす。この三拍子がそろえば、経済的に自立していると言っていいでしょう。

経済的な備えと言うと貯金を思い浮かべがちですが、貯金にも限界があります。収入アップを視野に入れておくのは一つの手ですし、副業で収入源を増やすのでもよいでしょう。

さらに、生涯独身の人が老後資金を考える際、住居についても考慮する必要があります。この先もずっと賃貸住宅で暮らすのであれば、生涯で家賃として支払う分も老後資金計画に含めます。一方、住宅を購入する場合は住宅ローンを定年までに返済することを前提に、なるべく早い時期に購入を決断するほうがよいでしょう。

老後に必要となるお金や貯蓄計画は、個人の収入や貯蓄額などによっても状況は異なるため、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することも考えましょう。「何があったとしても、1人で生きていける準備」をすることが大切です。

・趣味を見つける

映画や読書、旅行など、仕事以外に楽しめる趣味はありますか?仕事が楽しく、一生懸命がんばってきた人の場合、退職して仕事をしなくなった途端に生きがいを見失ってしまうケースも少なくありません。生涯独身であれば、なおさらプライベートの充実が重要になります。ずっと健康的に生き生きと暮らせるように、趣味を見つける努力をしてみてください。

心から楽しめる趣味を持つことは、老後の生きがいだけでなく、普段のストレス解消にもつながります。ボランティアなど、人の役に立っていることを実感できる活動もよいかもしれません。

・何でも話せる友人を持つ

生涯独身の人が退職して仕事関係の知人と会わなくなると、1人で過ごす時間が生活の大半を占め、孤独を感じやすくなりがちです。そうなった何かあった際に気兼ねなく話せる友人は心の支えになりますし、特に、一人っ子や兄弟姉妹と縁遠い環境にあるなら、生涯独身生活の人がいざというときに頼れるのは友人でしょう。

また、古い付き合いの友人を大切にすると同時に、趣味や地域のボランティア活動などに参加して、日頃から仕事以外の友人とも積極的にかかわっていこうとする姿勢も大切です。孤独死を防ぐためにも、常日頃から挨拶を心掛けるなど、近所の人たちとのコミュニケーションを絶やさないようにしましょう。

少しでも結婚したい気持ちがあるなら行動する

結婚, 独身, 価値観 (写真=FunFamilyRu/Shutterstock.com)

価値観やライフスタイルの多様化により珍しくなくなった生涯独身というスタイル。お金と時間を自由に使えるという魅力がある一方、備えておかないとさまざまな後悔が生まれる可能性があります。「こんなはずではなかった」と悔やまないためにも、生涯独身でいることの意味を理解し、長期的な視野を持って今から計画的に行動することが大切です。

自分を見つめ直し、今後のことを考えた結果、もしも少しでも結婚したい気持ちがあると分かったら、結婚に向けての行動を起こすための一歩を踏み出してください。何もせず待っているだけでは、結婚の可能性が高くはなることはありません。

周囲にパートナーの紹介を頼んだり、結婚相談所などのサービスを活用したり、婚活の方法はさまざまです。「あの時もっと婚活に力を入れていればよかった」と後悔しないように、積極的に行動しましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
独身女性が安心できる貯金額はいくら?漠然とした不安を解消する簡単な方法
もしも生涯独身だった場合、経済的に備えておきたい5つのこと
結婚したら将来の不安は消えるの?独身女性の結婚観と不安を検証してみた

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集