(画像=wavebreakmedia/shutterstock.com)

自己投資の効果を圧倒的に上げる方法とは?

やさしすぎるあなたがお金持ちになる生き方(5)

この記事は吉武大輔氏の著書『やさしすぎるあなたがお金持ちになる生き方』(フォレスト出版)の内容を抜粋したものになります。

・『やさしすぎるあなたがお金持ちになる生き方』シリーズ
(1)大金持ちになった後に気づく「最も大切なこと」
(2)「労働収入で1000万」はこんなに難しい——時間とお金を得るために必要なポイント
(3)やりたいことだけをしてお金持ちになるために最も大事な心構えとは?
(4)自分基準を明確にすればお金は増える 自分軸はこう作ろう
(5)自己投資の効果を圧倒的に上げる方法とは?

究極の投資方法

世の中には、さまざまな投資があります。

私も事業で得た収入を投資に回して権利収入を得るために、さまざまなことを試しました。

保険、不動産、FX、仮想通貨、その他投資案件などに関わってわかったことは、金融投資(お金でお金を生み出す)よりも、自己投資をするほうが圧倒的に利率が高いということです。

事業が成功し、お金が多額に余っており、税金対策のために金融投資が必要な方でない限り、まずは自己投資に専念することが堅実な投資だと私は考えます。

この考えに至ったのは、20代の時にお世話になった経営者の先輩からのアドバイスのおかげでした。

事業収入が増えたことで多少の余剰金が出たので、それを金融投資しようとした時にこんなアドバイスをいただきました。

「20代のうちに不労所得を得ようなんて考えなくていいんだよ。

20代で働かなくても生きていける状態になってしまったら、働くことの意義を見失ってしまう。人はね、人を喜ばせるために生まれてきたんだよ。仕事っていうのは、人を喜ばせることを通じて自分自身の喜びを感じることなんだ。

20代は汗をかいて働くことに対して、喜びを感じる感性を育てるといい。不労所得を得るのは、それからでも遅くない」

「それとね、若いうちの投資はすべて自己投資にすること。

本当に金融投資で成功しようと思ったら数百万円でも少ないし、そのお金がすべてなくなったら困るという状況では、安心して投資に専念できないよね。

それに、ある程度のお金を手にできたら自分で投資しようとしなくても、いろんな投資の話が向こうからやって来る。今は自分を投資対象として、育てていくのがいいよ」

「ロールプレイングゲームをやったことあるよね?

主人公がレベル1からスタートして、弱い敵を倒しながらどんどん強くなっていくんだけど、ゴールド(ゲームのなかのお金の単位)が貯まったら、君はどうする?

きっと、今持っているよりも強い武器や防具を買って、貯金はしないよね。

人生も同じだよ。自分の知恵や能力を向上させれば、弱い武器や防具のままでは倒せない敵を倒せるようになる。

そうしたら、小さくコツコツ貯金をするよりも、効率よく経験値とゴールドを得ることができるよね」

この考え方が腑(ふ)に落ちた私は、それ以来徹底した自己投資を行ったことで、大学卒業後、一度も企業に就職することなく、現在まで8年間自営業を継続することができています。

自己投資から他己投資へ

「本を読む、人に出会う、旅をする」

自己投資のなかで、最もオーソドックスなものがこの3つだと思います。

自己投資に正解はないので、自分に合った方法で学んでいけばいいのですが、自己投資の効果を圧倒的に上げる方法があります。

それは、誰のために自分自身を成長させていくのかを意識することです。

「誰にとって、どんな存在でありたいのか」というアイデンティティーを決めたうえで自己投資をすると、投資で成長した後の自分をどう活かすのかというイメージを持つことができ、費用対効果も抜群に向上します。

自己投資とは本来自分のためではなく、自分を必要としてくれる人たちのために行うものです。

誰の喜びに貢献できれば自分の才能を活かすことができるのか、という目的意識を持ったうえで投資をしていきましょう。

そして、自己投資の次には、「他己投資」をおすすめします。

これは、流通網をつくるための準備段階です。

将来のパートナーとして、自分が持っていない専門性を持った仲間を発掘し、感情とお金を流通させていくための関係性を育んでいくことです。

一緒に同じ勉強をしたり、旅行に行ったり、自分ができることで相手に貢献をすること、これらも立派な他己投資です。

ここでのポイントは、優秀な人を見つけて投資をするのではなく、お互いに未熟な段階から関係性を育み、共に成長しあうことで信頼関係を築いていくことです。

すでに活躍している人とだけ付き合うのではなく、まだ頭角を現していない伸びしろのある人材に目を向け、関係性を構築していきます。

「自分とは合わない」「自分の成長速度に人がついてこられないから、関わる人が変わる」という人もいますが、そういう人はいずれ、自分がしたことと同じことを経験するようになっています。

「関わりたいと思った人の成果が出なかったから次の人材を見つける」「いいなと思った人が理想と違ったから、縁を切ってほかのいい人を見つける」のではなく、「目の前の人は、今の自分に必要なことを一緒に見ようとしてくれている」と考え、相手と自分の関係性のなかに隠れている感情に気づき、長期的な視野で付き合い続けることが大切です。

・ポイント
1)あなたは、どんな感情や体験を、どんな人たちと分かち合う流通網をつくりますか?
2)あなたは、どんな自己投資をしていきますか?
3)あなたは、どんな他己投資をしていきますか?

Webサイトより※クリックするとAmazonに飛びます

吉武大輔(よしたけ・だいすけ)
やさしいお金持ちをつくる専門家MBA(経営学修士)、7つの習慣®アカデミー協会 認定ファシリテーター、IMAGINE INC.最高経営責任者(CEO)、株式会社ones holdings取締役会長、株式会社Alchemy International取締役、株式会社Community ConsultingJapan相談役。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集