新CMの撮影風景

最も気になった起業家は「落合陽一さん」

ドラマ『インベスターZ』主演の清水さん、早見さん撮影秘話語る

私立高校の「投資部」を題材にした学園ドラマ『インベスターZ』(テレビ東京)と、フォトシンスが提供する「Akerun 入退室管理システム」のコラボCMが9月8日からスタートします。

「ドラマで共演した実業家の中では、落合陽一さんが一番不思議でした」

新CMの撮影に合わせて、『インベスターZ』主演の清水尋也さん(財前孝史役)、早見あかりさん(藤田美雪役)がドラマの撮影秘話などを語りました。その様子をお届けします。

新CMで会社急成長の理由を質問

インベスターZ, 新CM 新CMの撮影風景

『インベスターZ』は、私立高校の投資部に入部した主人公が、部活動を通じて株式投資について学んでいく様子を描く物語。コラボCMは、『インベスターZ』のキャラクター財前(清水さん)と美雪(早見さん)がフォトシンス本社を訪れ、河瀬航大社長に会社が急成長している理由などを質問し、「Akerun 入退室管理システム」の取り付けに挑戦します。

ーードラマ撮影中の楽しかったエピソードを教えてください。

早見:仲がいいと何をしているか覚えていないことってあるじゃないですか。それくらい仲が良かったと思います。

清水:よくゲームやってたよね?

早見:「好きな色は何だ。せーの」って言って、みんなが何色が好きか合わせに行く、みたいな。

清水:小学生みたい。

早見:楽しかった。

ーーお互い、最初に出会った頃と印象変わりましたか?

早見:(清水さんに最初に会った時)「いかつい子が来た」と思いました。(笑)

清水:すごい笑顔じゃなかった?!(笑)

早見:お洋服がかっこいい感じで、背も高いので「10代なのに、いかついな」って。でも、だんだん、子どもだなって思うところもあってかわいいです。

ーー清水さんの子供っぽいところは具体的には?

早見:すぐちょっかい出す。あと、すぐ眠くなる。

清水:僕は(早見さんのことを)お姉ちゃんっていう感じがしています。面倒見のいい方なので甘えていましたね。

資産運用やってみたい気持ちはすごくある

インベスターZ, 新CM 新CMの撮影風景

ーードラマ『インベスターZ』を通じて資産運用で興味を持たれたことはありますか?

早見:実際に始めたことはまだないのですが、やりたいとは思っています。ただ、知識がないと失敗する、ということも(ドラマを通じて)学んだので。気軽な気持ちで始めたら痛い目にあうこともあるってしっかり学んだから、(実際やるなら)もうちょっと勉強してからにしたい。でも、やってみたいなっていう気持ちはすごくあります。

清水:僕も実際にはやってはいないです。これまで自分の中に選択肢としてなかったですが、選択肢が新しく増えましたね。今後、生活していく上で何かきっかけがあったときに、予備知識じゃないですけど、ちょっと関わりがあったことが強みにもなると思います。これから資産運用が必要な時代にもなっていくでしょうし、いい経験ができたな、って思います。

有名な実業家と共演。印象に残った言動は?

インベスターZ, 新CM ドラマ撮影秘話を語る早見さんと清水さん(撮影=DAILY ANDS編集部)

ーードラマには実業家の有名な方もたくさん登場していました。撮影で印象に残っていること、言動とかもしあれば。

清水:落合(陽一)さんが一番不思議だったよね。

早見:みんなそれぞれにキャラがめっちゃ強かったんですけど、落合さん、気になったね。

清水:落合さんが先に現場で待たれていて、僕たちが後から入っていったときに、落合さんが「この役の人はこの色じゃないと思う」とか。

早見:「この格好の子はこの靴下履かないと思う」とかね。私は「ちょっとアプローチ大きいんじゃない」とか(言われました)。

清水:色んなものを見ていて。視野の広さや好奇心の強さに驚きました。

早見:ライトずっと眺めていました。

清水:そう、照明ずっと見てたよね。最後、「いい研究テーマができました」って話していました。なんか研究しようとしてますね。(笑)

早見:「当たり前にあるものが気になる」ということが、はじめの一歩なんだな、っていうのを、いろんな方とお会いして感じました。

ーーお二人はデジタル機器はお好きですか?

早見:好きか、嫌いか、じゃなく苦手です。機械音痴。でも、「Akerun入退室管理システム」はすごく操作が簡単で、実際に投資部でも撮影中に使っていました。スマートフォンアプリでドアを開けられたり、鍵をかけたりできて、「なんて画期的な!」と思いました。

清水:僕は小さい頃からずっとデジタル機器が好きで、使わなくなったスマートフォンを分解したり、使わなくなったゲーム機を分解したりします。今回、CMで「Akerun 入退室管理システム」を触ってみて、(分解して)中も見てみたいなって思いました。

ーーありがとうございました。

【こちらの記事もおすすめ】
5年で株価10倍!「ZOZOTOWN」の3つの魅力
映画やドラマ見放題!いま注目の動画配信サービス5選
げ、現実と全然違う…『校閲ガール』で気になる現実とのギャップ

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集