(写真=髙橋 明宏)

「写真が紡ぐ信念」思い描く自分になりたい フォトグラファー・MARCOさん

フォトグラファー・MARCOさんインタビュー前編

ここ数年、働き方や生き方の多様性がクローズアップされることが増え、好きなことを仕事にする女性の活躍を見る機会が多くなりました。出産後も仕事を続けたり、フリーランスとして羽ばたいたり、副業をしたりと、私達にはたくさんの選択肢があります。

今回お話をお聞きするのは、雑誌や広告を中心に多くの人を幻想的な世界に引き込むフォトグラファーのMARCOさん。結婚・出産を経て現在ふたりのお子さんを育てながら写真と向き合っています。2018年8月には『SOMEWHERE NOWHERE』を出版!そんなMARCOさんに、仕事と家族、そしてお金に関する考え方を伺いました。MARCOさんが目指す生き方とはどのようなことなのでしょうか。

第34回読売広告大賞準グランプリ受賞 見る人を魅了するフォトグラファー

MARCO, 写真集, インタビュー (撮影=髙橋明宏)

――MARCOさんは蜷川実花さんに師事し、独立して10年。雑誌や広告、アーティストのCDジャケットなどさまざまな場面でご活躍をされています。最近では第34回読売広告大賞準グランプリ受賞作品を担当されました。スニーカーに風船がたくさん結ばれた素敵な作品でした。

ありがとうございます。そうおっしゃっていただけて嬉しいです。あの写真は合成ではなく実際にスニーカーにたくさんの風船をむすんで飛ばして撮ったものです。もちろん風で飛んでいかないように押さえていますが、素敵な瞬間が撮れたのではないかと思っています。受賞作品に携われて嬉しく思っています。

直感的にコラージュのように再編集した写真集を出版

MARCO, 写真集, インタビュー (撮影=髙橋明宏)

ーー2018年8月24日には『SOMEWHERE NOWHERE』という2作目の写真集を出版。1作目は10代の素敵な女の子たちを集めた作品でしたが、今回の2作目は世界各地で撮影したスナップを中心に作品に収められています。

前作の『Spring Pedals by lovely hickey』はそれまでの期間撮り続けていた女の子たちの作品がひとつに集まりました。前回はいろいろなご縁があり双葉社さんから写真集を出版しましたが、今回は自費出版です。

今回の『SOMEWHERE NOWHERE』はタイトル・この内容で新たに撮ろうというものではなく、これまで10年間ずっと撮り貯めてきた写真を1冊にまとめたもの。だから、作品にそれぞれメッセージ性をもたせているというわけではなく、これまで私が撮り続けてきた作品を通して、表現したい世界観や空気感を感じていただきたいと思っています。

長年撮ってきた写真を振り返った時に、自分でもどこで撮ったかが分からない写真ばかりでした。それはどの国に行っても同様で、気がついたら普遍的な町や樹や花や、人々を撮る事が多いなって。所謂観光地的なスポットは、行ってもあまり撮ってなかったんです。自分の好きな物だけを少しずつ集めて来た感じ。いつも見ている場所、景色も視点を少しずらすと全く別の世界が見えてきます。市場や山、メインストリートから少し離れた街の一区画でも素敵な一面が見えてくる、そんな瞬間を収めるのが好き。

日常に近いところをこうやって撮ることで日常が非日常になるといいますか、どこでもないところが輝きを持つようになるのがとてもおもしろいと感じます。

タイトル『SOMEWHERE NOWHERE』が意味するもの

MARCO, 写真集, インタビュー (撮影=髙橋明宏)

――素敵な世界観ですね。拝見していると、時間が経つのも忘れてしまうほど、どこだろうと思いを巡らせてしまいそうです。

プライベートで行った撮影旅行や、仕事のロケの合間に撮った写真が多いのですが、海外の写真だけではなく国内で写したものもあります。この中には私の地元の長野で撮った写真もあれば、京都や沖縄で撮ったものもあります。ただ、多分どこで撮ったかぱっと分かる人は少ないのではないかなと思います。写真集の最後のページの下部にはこれまで私が訪れた世界の街を載せているんです。写真集におさめられた写真はこれらの街のどこか。

私自身、写真の中にはこれはどこだろうと自分でもぱっと見た時に思い出せないものもあるのですが、それぞれの写真に残る断片的な風のにおいや音の記憶を繋ぎあわせて、新たな旅の記憶というか記録を作り上げた感じです。

――『SOMEWHERE NOWHERE』というタイトルにも結びついているのでしょうか。

そうですね。今回のタイトル『SOMEWHERE NOWHERE』に込めている意味は「どこでもないどこか」。本当は「どこでもないどこか」を実際に訳すと“SOMEWHERE NOT ANYWHERE” ですが、「どこかなのか、どこでもないのか、でもどこででもあるのか」と言うような意味を出したかったので、『SOMEWHERE NOWHERE』にしました。

いつどこで撮ったものか分からない写真達を私の中ですり替えられた新しい記憶で結びつけているというのもありますが、さまざまな記憶を紡いで自分だけの新しい国を作ったので、タイトルもあるようでない言葉がいいと考えたんです。

そういった背景もあり、この写真集にはひとつひとつの作品のタイトルや場所を表記していないので、今回この写真集を手に取ってくださる方々が「これはどこの場所だろう」と思い巡らせてくださるのをすごく楽しみにしています。作品も古いものから新しいものに順番に並べているわけではなく、本当にバラバラ。不思議な空気に誘われて、架空の町を旅している感覚になっていただけたら嬉しいです。

被写体は「ここだ」と思う瞬間だけを狙う!

MARCO, 写真集, インタビュー (撮影=髙橋明宏)

――作品を撮るうえでのポリシーはありますか。

ポリシーでいえば、先程もお話したとおりスナップを撮るときにはメインではなく少し“ずらす”ことで生み出される構図や視点を意識しています。また、これはスナップに限らずですが、この瞬間だ!と思うタイミングでしかシャッターを切らないようにしています。撮影枚数の目標は特に決めてないんです。だから、撮影枚数が少ない時もあれば、多い時もあります。大事なのは自分だけのここだと思う一瞬を捉えることだと思っています。

作品を撮るときはフィルムで撮影しています。フィルムでしか出せない自分の好きな色合いがあるので、こだわっています。『SOMEWHERE NOWHERE』はすべてフィルムで撮影していますし、デジタルでの加工も一切していないんです。デジタルカメラはデジタルカメラの良さがありますが、フィルムで撮り、暗室で写真を現像し、出来上がる瞬間はとても楽しい。今回作品展をするのですが、プリントはすべて自分で手焼きしています。

――人物をお撮りになる時はいかがでしょうか。MARCOさんに撮ってもらいたいという声をたくさんお聞きすることがあります。

MARCO,写真集,フォトグラファー (撮影=髙橋明宏)

人物を撮る時に気をつけていることは、被写体の気持ちに寄り添う事。無理なポーズや表情は強要しないようにしています。

撮影するときにはどうしたら被写体になる演者さんの一番よい瞬間を収めることができるかを意識。カメラマンさんの中には声をかけて演者の方々のモチベーションをあげてよい瞬間を収める人もいますが、私は静かなほうです。

では、どうやって進めているかといえば、最初に今回のコンセプトや世界観を演者の方々に説明し、「後はリラックスして自由に動いたり表現したりしてほしい。一番いいところを切り取りますからお任せください!」と思うんです。必要以上に声をかけることもなければ、ずっとシャッターを切ってばかりということもないです。そのタイミングではないと思えばシャッターを切ることはありませんが、この瞬間だと思えばいきなりシャッターをたくさん切ることもあります。

仕事としてフォトグラファーMARCOにご依頼いただく方々はMARCOの写真の世界観がよいと思ってお声かけくださるのですから、クライアントの方々が、何を目的としているのか、被写体となる演者にはどうしてほしいのか詳細を打ち合わせでよく確認するようにし、被写体のファンの方々が見たいものがどんなものなのかも考えて、全部を合わせて120%で応えたいと思っています。

――そうやって、クライアントさんの意図を確認しながら、演者さんの最高の1枚を紡ぎ出しているのですね。実績と信頼の積み重ねが現在のご活躍につながるのですね!

覚悟の上の独立 困難とか苦しいとか思ったことはない

MARCO,写真集,フォトグラファー (撮影=髙橋明宏)

――MARCOさんは大学在籍時から蜷川実花さんに師事され、独立されました。ずっとフリーランスの道を歩まれていますが、アシスタント時代と独立後のギャップはありませんでしたか。

覚悟はしていたけれど、アシスタントとフォトグラファーでは仕事の内容も環境も責任も違いすぎて、ギャップを感じる余裕もなかったです。それ以上に自分で撮る事のワクワク感が強くて、苦しいと思った事はありませんでした。

理想の自分とのズレに悩むも軌道修正し、理想に近づきたい

MARCO,写真集,フォトグラファー (撮影=髙橋明宏)

実は独立直後よりも独立後3,4年してからのほうが悩むことが増えてきました。私、MARCOへと仕事をくださる方はたくさんいらっしゃって、毎回ありがたいと思いながら仕事をしてきました。ただ、一方で、「何かが違う」と感じるようになったんです。フォトグラファーとしてお仕事をいただけている自分はたしかにいるんですが、高校生、大学生時代に私が思い描いていた理想の自分のイメージ像とのズレが生じていました。具体的にこの部分だと言葉にするのは難しいのですが、確かにあの時思い描いていた自分になれていないと思い、どうしたらこのズレを解消できるのだろうと悩みました。

――そのズレをどのように解消されたのでしょうか。

毎年お正月に振り返りを行うんです。去年はこういう仕事をしました。その結果はこうでしたね、と。そのうえで、今年はこういう仕事をやりたいという目標を立てます。お正月にそうする理由といえば、お正月が唯一自分のことをゆっくり見つめ直せる時期だから。毎年お正月に振り返りと目標を決めるのを習慣化すれば、大きな目標の中での軌道修正は簡単にできると思うんです。こうして一年に一度軌道修正をしつつ、お仕事を続けてこれているので、本当に大きなズレというのは生じていません。

人ってこうしたいと思っていてもすぐに正せばそのズレは戻せるものですが、そのままほったらかしにしておくと、気がついた時には大きく方向性が異なって「しまった」ということになりかねない。だから目標を目につく所に書いておいて、すぐに軌道修正するんです。チャンスを逃したり、なりたい自分とかけ離れるのは嫌じゃないですか(笑)。だから自分自身を適宜振り返ること。これを大事にしています。

――それがMARCOさんの作品に写る一瞬の時とつながるのですね。私も適宜振り返りを行い、軌道修正していきたいと思います。

『SOMEWHERE NOWHERE』出版を記念した写真展が2018年8月25日より9月2日まで開催されています。
オープニングレセプション&サイン会も大盛況の内に終わり、好評につき急遽クロージングイベントとしてギャラリートークの開催が決定しました。

今回の写真集『SOMEWHERE NOWHERE』のアートディレクションを担当した内藤彩さん、編集を担当した當眞文さんを迎え、写真集ができるまでのお話や、写真の解説、展示の裏話などをたっぷりお話します。入場無料、どなたでも自由にお入り頂けます!
▼ ギャラリートーク 9月2日(日)17時〜
▼ 場所:BOOKMARC(ブックマーク)東京都渋谷区神宮前4-26-14

今回お話を伺ったのは・・・

MARCO,フォトグラファー,写真集 (撮影=髙橋明宏)

MARCOさん
長野県出身。2003年慶應義塾大学在学中より蜷川実花氏に師事。2008年より活動開始。雑誌媒体をはじめ、広告、CDジャケット、タレントカレンダー、写真集、など幅広く活動中。自身の著書には「Spring Pedals by lovely hickey」(双葉社)がある。

【こちらの記事もおすすめ】
アラサー女子に伝えたい「投資に失敗しない」3つのポイント
1冊のノートが運命を変える!?稼ぐ力を付ける「夢ノート」の作り方
Jupiterから13年。歌手・平原綾香さんが語る「愛と夢」とは

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集