(写真=筆者撮影)

マンションを買うと結婚できる説は本当?不動産投資女子2人の持論は……

女性のための資産づくりセミナー・後編

「人生100年時代」をテーマにした女性限定の資産づくりセミナーを2018年7月21日、東京・銀座の「プラスワンライフラボ銀座ギャラリー」にて、同ギャラリーとDAILY ANDSが共催しました。その様子を全3回にわたってお届けしています。

前回は資産運用経験豊富なファイナンシャル・プランナーの横山利香さんとDAILY ANDSのくすいともこ編集長による対談の前半を紹介しました。

最終回となる今回は、「投資女子」の2人が不動産投資について語りました。「チャリンチャリン」収入は働く女性にとっても魅力的ですが、その実態とは?

・女性のための資産づくりセミナーリポート
(前編)株トレーダー・横山利香さんが語る、人生100年時代の資産づくりのコツとは?
(中編)無知って怖い!働く女性2人のリアル投資の失敗談
(後編)マンションを買うと結婚できる説は本当?不動産投資女子2人の持論は……

「お金大好きアピール」をすれば情報が集まる!

不動産投資, 女性, 体験談 (写真=筆者撮影)

くすい: 対談の後半では不動産投資の話をしたいと思っています。横山さんは現在アパート1棟、マンション1棟、建築中のアパートが1棟あるということで、かなり不動産投資をやっているといっていいと思います。私はワンルームマンション1戸を投資用として持っています。横山さんが不動産投資を始めたきっかけは何ですか?

横山:不動産投資を始めたきっかけは、ある人が「横山さん、不動産ってすごく儲かるんですよ」って私にささやいたんですよ。儲かるならやらないと……と始めました。

くすい:それは資産運用を始めてから何年目ですか?

横山:資産運用を始めたのが2002年の末で、あっという間に株で儲かったので2006年ぐらいに不動産投資を始めました。「儲かるよ」といわれたので始めたのですが、今思えば家賃収入がリーマン・ショックのときのつらい時代を乗り越えさせてくれたなと感じています。

くすい:最初に買った物件はどういうものだったんですか?

横山:最初は1棟マンションでした。

くすい:いきなり1棟ですか!

横山:私の場合は少し例外かもしれませんが……。1棟買うのもワンルームを買うのも数千万っていうお金になると、結論として同じなんじゃないかと思います。購入金額にどれだけ差があって、どれだけ不動産投資で家賃収入を得られ、自己資金がどのぐらいの期間で回収できるか。自分の手元に家賃収入がどれだけ残せるかという計算ができれば、不動産投資をやってもいいわけです。

くすい:今の話で面白かったのが、人に言われて不動産投資を始めたという部分です。周囲に「横山さんはお金の話が好きだ」ということが伝わっていたということですよね。私はそれが重要だと思っていて、お金の勉強をしているとか株を持っているということをまわりに知ってもらうと、おのずと情報が入ってくるのかなと思っています。

横山:それはあると思います。日本人ってすごく仲のいい友達でも、お金の話をしないじゃないですか。そうなると何がいいですよという話もできないですよね。私の場合、今日はいくら損をしたんですよとか、いくら儲かっているんですよという話を普通にしているので、「今回こういう商品に投資してみたんだよ」という話が回ってくるという動きはあるかなと思います。

投資で大切なのは、第一歩を踏み出すこと

不動産投資, 女性, 体験談 (写真=筆者撮影)

くすい: 不動産投資をするにあたって悩むのが、自分の家を買うか、投資用物件を買うかという点があります。いきなり投資用物件を買うのはちょっと怖いので、まずは自分の家を買ってからでもいいのかなと、いう女性も少なくありません。

横山:私は自分の家を買いたければ、買えばいいと思うんですよ。なぜなら精神が落ち着くからです。それで満足感が高まって、人生が晴れ晴れしているならそれでいいと思います。ただタイミングが非常に重要です。昨年不動産価格がいったん天井を打っているという報道が出ていますけど、そのタイミングで家を買うといずれ売ろうかなと思ったときにすごく難しいわけです。実は私は結婚して一戸建てを買ったんです。

くすい:一戸建てを?

横山:払っている家賃よりも、住宅ローンの返済額のほうが安いぞ、と思ったからです。ただバブルが崩壊しているときなので、物件価格がものすごく安かったんですよ。すごく駅に近くて古くない物件でしたので、何年か住んだのちに知り合いが「買いたい」といったので売りました。マイホームでも投資用でも、売るときに自分が損をしないようにできればいいわけでけですからタイミングが重要だと思います。

くすい:タイミングと物件選びということは、要するに将来売ることを視野に入れておいたほうがいいよという話ですね。自分が欲しいのはもちろん大事だけど、人が欲しいと思う物件にしておくと、いつか売却したい時に困らずに済む可能性も高まってくるのではないかということですね。

横山:そういうことです。

「不動産投資は怖い!」と思うのは勉強不足の証拠

くすい:もう一つ不動産投資って怖いイメージもあるんじゃないかと思います。私は自分の家を買う前に投資用物件を買ったので、周囲に「なんで?」とすごく聞かれました。最近だとシェアハウスの業者に女性が騙されて、結局損をしてしまうという事件がありましたけど、そのあたりはどう思いますか?

横山:もちろん顧客を騙すような企業は言語道断ですが、勉強をしていればある程度、防ぐことはできると思います。私は常に不動産を買いたいと思っているので、売り出し価格をチェックしています。そうすると、明らかに割高なものはわかるようになります。

くすい:売り出し価格というのは、広告やチラシですか?

横山:物件価格はインターネット上でも公開されていますから、誰でも見ることができます。ずっと見ていると、他の物件よりも割高な物件があることに気づくはずです。それに気づけなかった時点で勉強不足、「負ける」こと確定です。

くすい:情報収集のポイントはありますか?

横山:今はインターネット上に基礎的な知識は掲載されているので、まずはそれでいいと思います。そうして第一歩を踏み出すと、「ここが分からないな」という気付きがあり、さらに調べることで知識が深まります。

マンションを購入すると結婚できる説

不動産投資, 女性, 体験談 (写真=筆者撮影)

くすい:そういえば対談の打ち合わせの時に、横山さんから「マンションを購入すると結婚できる」という話を聞きました。逆だと思っている人も多い思うんですが、どういうことですか?

横山:私の知り合いでたまたま、そういうケースが数件みられたんです。今、働き方改革っていわれていますけど、一人の男性の収入に頼って生きていくのは私たちも嫌じゃないですか。

くすい:嫌ですよ。これは私の持論ですが、金を出す男性は女性に口を出させない傾向にあるんじゃないかと思います。私は自己主張が強い人間なので「口出しするな」って言われるのがすごく嫌です。

横山:私も、私が出しているお金については放っておいてくれよと思います。だいたい女性はみんなそうなんじゃないかな? 働いていない女性が多かったときは女性のほうが男性よりも年収が低かったかもしれないですけど、働いている女性が増えてくると、男性とそんなに差がないと思います。

最近は草食系の男性も増えているのか、マンションを持っている女性の家に転がり込んで気付けば結婚をしているということが私のまわりで数件みられました。別に幸せならそれでいいわけですけど、「男性が女性のマンションを狙っているんじゃないか疑惑」というのを感じています(笑)。

くすい:個人的には、マンションを購入すると心が安定するということもあるんじゃないかと思います。自分自身、お金について勉強することですごく安心感があります。それまではお金のことを考えたくないからたくさん働いて稼ごうと思っていましたが、お金のことをちゃんと勉強すれば、そんなにあくせく働かなくてもいいんだ、とわかりました。

横山:女性誌を見ていると、とにかく節約のオンパレードでしょ。でも、節約ばかりしていると、私たちどんどん「苦しい」ってなるじゃないですか。すでに節約をしつくしているので、これからできる節約は少ないですよね。そういうことに気をとられるくらいなら、お金を使っても、その分を稼ぎましょう!という発想に転換したらいいと思います。

実物不動産とREITの違いは?

くすい:今日出席されている方からのQ&Aコーナーにうつりたいと思います。今までのお話の中で答えきれていない「実物不動産」と「REIT(不動産投資信託)」の違いについて説明をお願いしてもよろしいでしょうか。

横山:実物不動産というのは、私やくすいさんが実践しているように、マンションやアパート、ビルなどの不動産を購入してオーナーになることです。一方、REITは、少額から投資ができます。商品内容は、投資家から集めたお金で、ビルや商業施設、住居施設などに投資をします。それで出た利益を個人投資家に還元する仕組みとなっています。 REITもETFと同じように、株式市場に上場をしています。

くすい:補足をするとREITと不動産投資の関係は、投資信託と株の関係に少し似ていますね。REITを購入することで、実際に不動産は持たないけれど、間接的に不動産投資の恩恵を受けられます。

横山: REITがどんな物件に投資をしているのか調べればわかりますので、インターネットなどで検索してみてください。そうするとどこに投資をしているという物件が載っています。

くすい:REITはいろいろな種類があって面白いですよね。ホテルREITとかリゾートREITとか。実物不動産を買うときは、頭金を入れたりローンを組んだりしますけど、REITだと小さい金額からできますね。

株式投資はどうやって勉強したらいい?

不動産投資, 女性, 体験談 (写真=筆者撮影)

参加者:最近株式投資を始めました。現在のところさんざんな状況ですが、お二人が始めたときは完全に独学でしたか?何かセミナーに行かれたり師匠がいたりしましたか?

横山:私は金融関係の出版社で働いていたので基礎知識はありました。セミナーに行きましたか?といえば行っていませんし、基本的に独学です。あとは自分の努力、勉強の積み重ねをすれば、うまくタイミングがはかれるようになってきます。

セミナーに行かれてもいいと思いますし、いろいろな本を読んだりしてもいいと思います。いずれにせよ一番重要なのは日々の努力なのかなと思います。今始められたばかりで苦しい状況なのであれば、それを打開するにはどうしたらいいのかというところに頭を使っていただくと、次につながると思います。

くすい:私はやってから考えるタイプなので何も考えずにとりあえず少額で株を買って失敗しました。そこから本を読んだり、セミナーへ行ってチャートの読み方を勉強したりしました。一度株を売買したことで最低限の用語は分かるようになりました。ただ、今も勉強中です。

日々の勉強と努力が大切

最初は二人の投資女子の話に聞き入っていたセミナー参加者の皆さんでしたが、いざ質問の機会が設けられると、積極的に手を挙げる人がいらっしゃいました。「せっかくだからこの機会に聞いておかなくちゃ!」という気合が見受けられたように思います。

「まずは第一歩を踏み出してみること」そして横山さんが何度もおっしゃっていた「日々勉強と努力」が投資をするにあたってとても重要なことが分かりました。投資に興味のある人は、ぜひ実践をしてみてください。

(女性のための資産づくりセミナーリポート、おわり)

・女性のための資産づくりセミナーリポート
(前編)株トレーダー・横山利香さんが語る、人生100年時代の資産づくりのコツとは?
(中編)無知って怖い!働く女性2人のリアル投資の失敗談
(後編)マンションを買うと結婚できる説。不動産投資女子2人の持論は?

登壇者プロフィール

不動産投資, 女性, 体験談 (写真=筆者撮影)

横山 利香(よこやま・りか)さん:写真左
短大卒業後、金融専門出版社やビジネス書出版社で雑誌の記者、書籍の編集者を経て、ファイナンシャル・プランナー、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリストとして独立。株式投資、不動産投資をメインに、為替やファンドなど幅広い金融商品への投資を日々実践し、その経験をもとに資産運用をテーマとした執筆や講演活動、投資塾、相談業務を行っている。ブログの更新や、週1回メールマガジンを配信している。

くすい ともこさん:写真右
DAILY ANDS編集長。1988年富山県生まれ。地方紙で5年間記者として勤務後、ZUUに入社。ZUU online編集部を経て16年より働く女性の投資メディア「DAILY ANDS」編集長。「無理のない範囲でコツコツ」をモットーに資産運用を実践中。

【こちらの記事もおすすめ】
アラサーOLが不動産投資に興味を持ったきっかけ【座談会#01】
おすすめ不動産投資ブログ5選。大家になりたい人、必見!
不動産投資を始めるならフォローすべきTwitter5選

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集