(写真=筆者撮影)

株トレーダー・横山利香さんが語る、人生100年時代の資産づくりのコツとは?

女性のための資産づくりセミナー・前編

今年の7月、日本人の平均寿命が過去最高を更新したということが厚生労働省発表の「簡易生命表」によってわかりました。男性は世界3位の81.09歳、女性は世界2位となる87.26歳で、「人生100年時代」というのが現実のものとなりつつあります。

DAILY ANDSではそんな「人生100年時代」を賢く生き抜く方法をより多くの女性にお伝えするため、女性限定のセミナーを2018年7月21日、東京・銀座の「プラスワンライフラボ銀座ギャラリー」において開催しました。その様子を全3回にわたってお届けします。

今回は、株式投資や不動産投資を中心に豊富な投資経験があるファイナンシャル・プランナーの横山利香さんによる講演の内容を紹介します。横山さんはご自身の経験から、長い人生を豊かに生きるための資産運用の基本について語ってくださいました。

・女性のための資産づくりセミナーリポート
(前編)株トレーダー・横山利香さんが語る、人生100年時代の資産づくりのコツとは?
(中編)無知って怖い!働く女性2人のリアル投資の失敗談とは?
(後編)マンションを買うと結婚できる説は本当?不動産投資女子2人の持論は……

※以下、横山さん談

日本の未来は不安がいっぱい

横山利香, 資産運用, セミナー (写真=筆者撮影)

ファイナンシャル・プランナーの横山利香です。今日は「人生100年時代。おひとりさまのための資産作りのメソッド」というテーマでお話をさせていただきます。

私はファイナンシャル・プランナーで、国際テクニカルアナリスト連盟の認定テクニカルアナリストということで、投資・資産運用をメインの仕事にしています。株や投資信託など自ら投資をしていますので、そういった経験をセミナーでお話したり執筆したりしています。

今日は資産運用に興味があってこれからどうしようかなと考えている人が多いと思います。そこでまずは私たちの生活がこれからどう変わっていくのか、なぜ資産運用・投資が必要なのかという話を簡単にします。

2014年4月、消費税が5%から8%に引き上げられました。2019年10月には10%に引き上げられる話が出ています。このまま景気が下振れすることがなければ予定どおり引き上げられると考えています。

消費税の増税が5%、8%、そして10%に引き上げられることで、私たちの生活がどう変わっていくかという調査結果もあります。それによると、例えば500万円の年収があった場合、2014年は手取りの部分384万円が、2019年10月10%に引き上げられたら手取りが377万円になり、年収が変わらなくても手取りが7万円減ると言われています。増税が10%で止まればいいのですが、諸外国をみるともっと高い国もありますので、将来さらに消費税が上がる心配はあります。

そしてよく言われているのが少子高齢化です。日本は2050年になると高齢者がますます多くなり、働く人たちが減っていくと考えられています。こうした状況を考えると、より一層社会保険料を引き上げなくてはいけないことになります。

公的年金も65歳で支給されているものを70歳に支給開始を引き上げようという話にもなりますし、70歳では公的年金をまだ受け取らなくてもいい人は受給年齢をもっとあとにしてもいいですよという話にもなります。私たちは公的年金にも頼れない、自分たちで自助努力をしていかないと、長い人生を楽しく生活をしていくことが難しくなってきているのです。

働いて貯めるのは限界がある!不労収入を考えよう

横山利香, 資産運用, セミナー (写真=筆者撮影)

よく老後の資金の目安として「3000万円を貯めておけばなんとか生活できる」といわれていますが、旅行へ行くなどいろいろな楽しいことで充実した生活を送っていこうと思った場合はプラスアルファが必要になってきます。一般的に言われている3000万円は、あくまでも目安として必要な金額だということになりますので、プラスアルファを得るには長く働くか、あとは時間を味方につけて今から蓄えていくことになります。

一般的に、朝から夕方まで働いて、夜は休息をとるパターンをとっています。しかし、世の中には朝から夕方だけでなく夜も働いて、ダブルワークの人もいます。そうして収入を少しでも多く得ようとするわけですが、そうなると体がつらくなりますから、ダブルワークにも限界があります。

そこでぜひ皆さんに作っていただきたいのが、お金に働いてもらってお金が増える「不労収入」を得るしくみです。例えば株式投資であれば配当金、投資信託であれば分配金、不動産投資であれば家賃収入がこれに当たります。ご自身がやりたいなというものから始めていただくことで、不労収入の仕組みが少しずつ出来上がるでしょう。

定期預金を倍にするには7200年かかる!?

横山利香, 資産運用, セミナー (写真=筆者撮影)

どんな商品がいいのかを考えるときに、お金が2倍になる期間がわかる公式「72の法則」が重要なので簡単に説明をします。これは「金利(%)×年数(年)=72」という公式を使って、運用期間や金融商品の利回りの数字を入れます。この式に当てはめて、金利が決まっている場合と運用する期間が決まっている場合の2パターンで使い分けます。

分かりやすいのが定期預金です。通常の定期預金の金利は現在0.01%なので、何年経ったら倍になるかを考えたときにこの公式を使います。0.01×年数=72なので、単純計算すると7200年かけてようやく100万円が200万円になることになります。

私たちは安易に定期預金に預けていますが、例えば今は西暦2018年ですよね。2018年を3回まわっても、お金を倍にすることができないということになります。安心だからといってお金を定期預金、普通預金に入れっぱなしという状況はできるだけ避けていただいて、少しでも金利のいいところに預けていただくことが重要です。

お金の預け先として安心できる商品は?

お金の預け先として「安心」ということで人気なのが個人向け国債です。こちらの金利は下限が0.05%です。どのぐらいで倍になるのかというと1440年かかるので、倍にすることが難しいことが分かります。ただ個人向け国債に投資をした場合は、金利が0.05%とあらかじめ決められていますので、半年に1回は金利が受け取れます。全く何もないよりは個人向け国債に預けることで、半年ごとに金利収入が得られ不労収入になります。

安定、安心という観点でいえば定期預金、個人向け国債、国債となるでしょう。ところで、外貨に投資をしたいとなると、外貨預金、外国債券、FXなどがあります。

銀行では、高金利ということで外貨預金を勧められますが、実際に米国や欧州など金利が上昇局面に転じてきており、外貨預金は金利が高いです。外貨預金のほかに外国債券もあります。日本では0.01%程度がトルコやブラジルであれば10数%の金融商品もあります。

ただし金利が高いとその国にリスクがある場合もあります。例えば政権が危ないとか情勢が不安など、お金が入ってこないのでわざわざ金利を高くして、諸外国からお金を集めようとしているわけです。また、外貨建ての金融商品に預けてしまうと、為替が円高になれば損をしますので、円安に動きそうだというタイミングを見ていただくといいと思います。ちなみに外国債券も半年ごとに金利収入が得られますが、それなりに高金利の国の債券はお話したようにリスクが高いので、できれば避けていただきたいです。

リスクがある運用商品にはどんな種類がある?

横山利香, 資産運用, セミナー (写真=筆者撮影)

次に運用商品としては、投資信託、上場投資信託(ETF)、上場企業に投資する株式投資、不動産を購入して投資をする不動産投資があります。

投資信託や上場投資信託(ETF)は、基本的に分配金が受け取れます。例えば毎月分配型であったり、年1回、半年ごととさまざまですが、それを受け取ることによって不労収入が生まれます。ただしこれらの運用商品は、価額が変動することで値上がりしたり値下がりしたりしますので、損をすることもあります。

株式投資は株式市場に上場している企業の株を買って、株価が値上がりすれば利益が得られます。もちろん、値下がりすれば、損が発生します。この他には、年に1~2回、配当利回りが高い企業であれば3%ほどの配当金を受け取ることができます。また株式投資で有名なのが株主優待です。テレビ番組で、自転車に乗っている桐谷(広人)さんという人を見たことがありませんか?桐谷さんがやっているのが株主優待です。株主優待を受け取れるとプレゼント感があって楽しいですね。

そして最後は不動産投資です。私自身も不動産投資をしますが、大家になって、家賃収入を得ることで不労収入が得られます。心配ごととしては水害や地震ですが、ハザードマップを確認したり火災保険に入ることで、ある程度リスクをコントロールできます。

このようにさまざまな金融商品がありますので、先ほどお話をした「72の法則」に想定される金利を当てはめて、自分がどの金融商品で、どの程度の時間をかけて今後資産形成をしていきたいのかを考えていただけたらなと思います。

価格の動きが異なる金融商品に分散投資を

横山利香, 資産運用, セミナー (写真=筆者撮影)

投資をするときには損をします。実際に私も損をすることがあります。そういったリスクをどうやって抑えるかですが、まずは少額で投資を始めることです。

さらにリスクをコントロールするために私がおすすめしているのは分散投資です。私は価格の動きが異なる金融商品に分散をすることが大事だと思います。投資信託は株などに投資をする金融商品ですから株と同じ分類に位置づけ、たとえば安全な定期預金、株式、不動産というふうに値動きが常に異なる動きをするように分散しています。

いくつの商品に分散するかは資金の大きさによりますけども、できるだけ価格の異なる動きのものに分散をしていただくと、不測の事態が発生した時にも、比較的リスクを低減して資産運用を行えるのではないかと思います。

手っ取り早い「お金の増やし方」はふるさと納税!

今日は働いている人がたくさんいらっしゃいますので、ふるさと納税が手っ取り早く始められる節税、お金の増やし方になるでしょう。

ふるさと納税は意外にやっている人が少ないです。私もまめにふるさと納税を行いますが、ぜひ皆さんも今日帰ったらすぐに始めてください。総務省のふるさと納税ポータルサイトでは目安のふるさと納税金額の一覧表があります。それらを目安に自治体に寄付をしていただければ、自己負担額は2000円で、特産品を受け取ることもできます。

ふるさと納税を行っていただくことで、税金が身近に感じられるようになるでしょう。会社員などでどの程度の税金を支払っているのか、まずは源泉徴収票を使って確認してください。そして、自分がどの税金区分にいるのかを確認していただきたいと思います。

セミナー後半は横山さんとDAILY ANDS編集長のくすいが対談

横山利香, 資産運用, セミナー (写真=筆者撮影)

株や投資信託などよく耳にする運用商品から、ふるさと納税で節税ができるなど、初心者でも一歩を踏み出せそうな貴重な話をたくさん聞くことができました。

セミナーの後半はDAILY ANDSくすいともこ編集長が登場し、横山さんとの対談形式で進行しました。「投資女子」がどんな話を繰り広げるか、次回にご期待ください。

中編に続く)

・女性のための資産づくりセミナーリポート
(前編)株トレーダー・横山利香さんが語る、人生100年時代の資産づくりのコツとは?
(中編)無知って怖い!働く女性2人のリアル投資の失敗談とは?
(後編)マンションを買うと結婚できる説は本当?不動産投資女子2人の持論は……

登壇者プロフィール

横山利香, 資産運用, セミナー (写真=筆者撮影)

横山 利香(よこやま・りか)さん
短大卒業後、金融専門出版社やビジネス書出版社で雑誌の記者、書籍の編集者を経て、ファイナンシャル・プランナー、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリストとして独立。株式投資、不動産投資をメインに、為替やファンドなど幅広い金融商品への投資を日々実践し、その経験をもとに資産運用をテーマとした執筆や講演活動、投資塾、相談業務を行っている。ブログはほぼ毎日更新し、週1回メールマガジンを配信している。

【こちらの記事もおすすめ】
「お礼の品」で女子会も! 意外と知らない、ふるさと納税利用者の実態とは
積立投資信託とは?メリット、デメリットから投資先4選まで
手間いらずの投信「バランス型」の注意点とは?【投資信託メンズ化計画④】

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集