(写真=Studio Lucky / Shutterstock.com)

キティ、シナモン、ポムポムプリン——グッズの優待もある「サンリオ」の魅力

今後の株価を動かす要因にも注目

キティちゃん、マイメロディ、キキとララ(リトルツインスターズ)……子どもの頃からサンリオのキャラクターが大好きという人も多いのではないでしょうか。

大人気のシナモロールやポムポムプリンといったサンリオらしいキャラだけでなく、2018年で5周年のぐでたま、YOSHIKIとハローキティがコラボしたyoshikitty、サンリオ男子、アグレッシブ烈子」などの個性的なキャラクターも人気です。

そんなサンリオは株主優待も見逃せません。今回は、株主になるなら知っておきたい内容を、まるっと解説します。

サンリオってどんな企業?

サンリオ, 株主優待, 株価 (写真=Phansak / Shutterstock.com)

ところで、サンリオは何の会社だと思いますか?キティちゃんなどのキャラクターグッズを販売する会社だと答えた人は、半分正解です。サンリオは「物販」ともう一つ、「ライセンスビジネス」という大きな収入源があり、この2本柱で事業を展開しています。

サンリオは今から58年前の1960年、ギフト商品の企画・販売・卸売事業を行う会社として創業しました。サンリオではこれを「ソーシャル・コミュニケーション・ギフト」事業と呼んでいます。

その後、パッケージに自社開発のキャラクターを描いて商品を販売するようになり、大きく成長していきます。

直営店舗でのグッズ販売を中心とした物販事業は、1990年後半のキティラー現象などでピークを迎えたのち徐々に低迷し、2008年には、欧州を中心にキャラクターの知的財産権(IP)を他社に貸し出して使用料をもらうライセンスビジネスを本格的に展開し始めます。

サンリオのキャラクタービジネスは、現在までに130以上の国と地域に及び、海外事業の売上高は全社の約4割にも上るようになりました。まさに稼ぎ頭といえますね。

ライセンスビジネスのメリットは、商品の製造はライセンス先が行うため、サンリオが自社で在庫や工場を持つ必要がなく、利益率がとても高くなるのです。

しかし、収益拡大の牽引役だった海外ライセンス事業がこの数年、急減速して低迷しています。

これについては詳しく後述します。

・2017年度、地域ごとの業績

1.日本:売上高461億円
国内物販事業(店頭販売)とライセンス料は欧米・国内ともに低迷して減収減益となっていますが、国内のテーマパーク事業は全体で見ると入場者数・売上高ともに増加。今後の活況が期待されます。

2.欧州:売上高29億円(前期比48.1%減)
欧州市場は依然としてテロの脅威や政治的な混乱による消費の低迷が続いており、大きな減益となっています。

3.北米:売上高40億円(前期比32.2%減)

4.南米:売上高9億円(前期比28.2%減)

5.アジア:売上高87億円(前期比9.9%減)

株主優待と配当

サンリオ, 株主優待, 株価 (写真=Photosite / Shutterstock.com)

サンリオの株主優待と配当は年2回。株主優待では、東京の「サンリオピューロランド」または大分の「ハーモニーランド」で利用できるパスポート券(入園+アトラクション利用)と引き換え可能な優待券が、100株以上の保有で年に6枚もらえます。

・株主優待

優待内容(年2回)
1.テーマパーク(サンリオピューロランド、ハーモニーランド)共通優待券
2.サンリオショップ(直営店)、サンリオオンラインショップで使用可能な株主優待券

・100株以上……テーマパーク共通優待券3枚、優待券:1000円券1枚
・500株以上……テーマパーク共通優待券6枚、優待券:1000円券1枚
・1000株以上……テーマパーク共通優待券8枚、優待券:1000円券2枚
・4000株以上……テーマパーク共通優待券10枚、優待券:1000円券2枚

権利確定日: 3月末日、9月末日

・配当金

予想1株配当:30円(15円×年2回)
予想配当利回り:1.43%(2018年6月15日現在)

・いくらの投資でもらえる?

サンリオピューロランドのパスポートは3800円(休日)、ハーモニーランドは2900円(全日)です。

2018年6月18日の株価(終値)は2089円ですから100株では2万8900円、年間でもらえるピューロランドのパスポート6枚と優待券2枚を2万4800円相当として見ると、優待利回りは11.87%となり、とてもお得な内容です。

また、保有株数に対してもらえる優待券の枚数で言えば、100株持つのが一番お得です。例えば、家族で使えるテーマパーク共通優待券が半年ごとに6枚欲しい場合は、1人で500株買うよりも夫婦で100株ずつ買ったほうが、少ない投資額で多くの優待券をもらうことができるのです。

サンリオの株価 

サンリオ, 株主優待, 株価 (写真=Inozemtsev Konstantin/Shutterstock.com)

では、現在のサンリオの株価は適正な水準なのでしょうか?

直近の高値は業績が好調だった2013年の6200円(9月27日)で、その後は下落トレンドとなっています。2018年に年初来の安値である1800円まで下げ、現在8月23日の終値は2285円です。6200円の高値からすると1/3強になっています。

こんなに安くなっているならぜひ買いたいと思う人もいれば、逆に、警戒して手が出ないという人もいると思います。

そこで参考になるのが「PER(株価収益率)」という指標です。

PERは、その会社が近い将来に上げる「利益」に対して、現在の株価が割高なのか割安なのか、いわば適正価格を探るものです。業種やその時の相場の雰囲気にもより、また例外もありますが、PER=15~20倍程度が標準で、10倍以下は「割安」、30倍を超えてくると「割高」と言われます。

サンリオの場合は、会社が予想する来期の利益に対して、PERは約60倍(執筆当時)、けっこう割高と考えていいでしょう。

ただし、株価は投資家の気持ち次第というところもあり、期待値が高ければ、少々実績が伴っていなくても上昇することもあります。

サンリオは、5月に発表された中期経営計画がかなり前向きで強気な内容だったため、これが好感されて、株価は少しずつ持ち直してきているようです。

●サンリオ <8136> 2018年8月23日現在

  • 株価:2285円
  • 売買単位:100株
  • 予想PER:64.62倍
  • 実績PBR:3.78倍
  • 予想1株配当:30円
  • 予想配当利回り:1.31% 

サンリオの今後の株価を動かす要因   

サンリオ, 株主優待, 株価 (写真=Kathy Hutchins / Shutterstock.com)

先ほどから述べている通り、この数年、サンリオは業績がさえません2014年3月期にたたき出した経常利益201億円をピークに、2015年3月期は同185億円、2016年3月期は同131億円、2017年3月期は同72億円。

2018年5月発表の決算によると、3月期の連結経常利益は60.2億円、2019年3月期も前期比10.3%減の54億円に減る見通しとなりました。5期連続減益で、好調だった2014年の1/3以下にまで低迷しています。

・低迷する業績、その要因は?

なぜこのような業績不振が続いているのでしょうか。

サンリオの事業には、物販とライセンスという大きく2つの柱があります。元はハローキティなどのキャラクター商品を直営店舗で販売することで成長してきた企業です。

しかしライセンスビジネスへの方向転換を打ち出し、2008年から本格的な海外展開を進めていきます。現地の人気メーカーや流通大手と組んだライセンスビジネスは大成功し、H&Mやザラといった世界的なファストファッション企業とのライセンス契約でも売り上げを伸ばしました。

歌手のレディー・ガガさんをはじめ、著名人がこぞってキティちゃんの熱狂的ファンを公言していることも、知名度を高めている一因でしょう。

このように、収益拡大の牽引役として総売上高の約4割を占めるまでに成長した海外事業ですが、ここ数年、急減速を見せています。欧州の経済危機による消費の低迷に加え、『アナと雪の女王』などのディスニーキャラやその他の新しいキャラクターに押され続けていることが減益の要因です。

・今後の巻き返しはある?

その一方で、欧米とは対照的に、中国を中心にアジアのライセンス収入は緩やかながら拡大していて、明るい兆しも見えています。

サンリオは5月に、2021年3月期を最終年とする中期経営計画で、3年後の営業利益を100億円(2018年3月期実績49億2800万円)に引き上げるという高い目標を発表しました。それを支えるものとして打ち出されたのが、

  • マーケティング強化・再整備
  • アニメ・デジタル事業確立
  • 物販事業の再構築
  • ライセンス事業の見直し

という4つ基本戦略です。

なかでも、マーケティング強化の一つとして「ハローキティ再活性化」を掲げ、子どもが初めて触れるキャラクターとなるべく乳幼児向けを強化するとのこと。さらに、ハローキティだけに頼らない、セカンドキャラクター育成にも力を入れるとしています。

また、キャラクターごとの部門別貢献利益(粗利-広告宣伝費)をKPI(重要業績評価指標)として設定しているのも興味深いですね。中期経営計画で示された基本戦略はいずれも、低下したサンリオブランド力の回復を目指す取り組みでした。来期の業績がどうなるのか楽しみです。

では、今後のテーマパーク事業はどうでしょうか。

屋内型のテーマパーク「ピューロランド」は、2017年度単体で黒字転換しました。

全国的に猛暑だった今夏も、暑さをしのぎつつ楽しめることで、小さい子ども連れ来場者の増加が期待できそうです。

夏場は猛暑関連銘柄の株価上昇が要注目ですが、実際、サンリオも8月に入って一時期2400円近くまでの値上がりを見せました。

サンリオが抱える事業リスク 

サンリオ, 株主優待, 株価 (写真=Khai9000Pictures/Shutterstock.com)

株主としては、サンリオが今後の事業を行っていくうえでのリスクも把握しておかねばなりません。業績や株価に影響する可能性があるニュースには敏感になっておきましょう。

・海外の景気、為替の動向
サンリオの商品を販売している各国・地域が不景気になれば売り上げは伸びません。また、為替レートの影響も受けます。

・キャラクターと開発力
愛されるキャラクターがいるからこそ売上が伸びるのです。けれども、キャラクターの人気は移ろいやすく、それが業績にも影響します。

また、キャラクターを開発する優秀な人材の雇用ができなくなればキャラクター開発力が低下して、業績にも影響が出ます。

・不良品発生リスク
商品の安全性や品質向上に最善の注意を払っていても、不測の問題が発生することもります。その場合、リコール費用やブランド力低下の影響から売上減少となる可能性があります。

・災害、事故によるリスク
国内2カ所のテーマパークで災害や事故によって人身被害が生じた場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。

・知的財産権についてのリスク
他社・他者の知的財産権を侵害しないようにしていても、第三者から知的財産権の侵害を理由とする訴訟が提起されたり、逆に、知的財産権の侵害を受けたりする事態が生じた場合には、業績に影響する可能性があります

世界の「オンリーワン」企業へ

サンリオ, 株主優待, 株価 (写真=enchanted_fairy / Shutterstock.com)

ハローキティは1974年に生まれ、2018年で44年目を迎えます。

シナモロールも2001年誕生で16年目、ニューフェイスのぼんぼんりぼんでさえ5周年を迎えました。サンリオには長く愛され続けているキャラクターが大勢います。

時代とともに消費者のニーズや好みがどんどん変わっていくなか、キャラクターとしての魅力を失わず、さらに広い展開を見せ続けるのはすごいことです。

夢を感じさせてくれるキャラクターがいる限り、サンリオは世界の投資家から注目される企業であり続けるのではないでしょうか。

【こちらの記事もおすすめ】
JALとどっちがお得?ANAホールディングスの株主優待、配当、リスクを徹底解説
キャンドゥ、RIZAP、パルコーー「女性向け」嬉しい人気株主優待10選
無料エステ体験もできる「シーボン」の株主優待でオンナ度を上げちゃおう

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集