(撮影=森口新太郎)

「海女さん兼FP」が夢!? 美人投資のポートフォリオを大公開!

久富有里加さんインタビュー・後編

DAILY ANDSでは8月末に新連載「美人投資流 この夢、どう叶える?」がスタートします。連載を前に、筆者である「美人投資ファイナンシャルプランナー」の久富有里加さんにインタビューを行いました。

インタビュー前編では久富さんご自身の投資の失敗談、そしてアラサー女子に伝えたい「投資に失敗しない」3つのポイントを伺いました。

後編となる今回は証券会社で社長賞を受けたこともある久富さんのポートフォリオを大公開!そして、連載を通じて読者に伝えたい思いについて語っていただきました。

気になる久富さんのポートフォリオを大公開!

久富有里加, 連載, インタビュー (撮影=森口新太郎)

ーー前回は投資の失敗原因と、目的を持つことの大切さについて伺いました。「目的=ゴール」だと思うんですけど、記事を読んで「久富さんみたいになりたい!」って女性もいるんじゃないかなと……。そこで具体的に、久富さんのポートフォリオを聞いてみたいです。

いいですよ。それが参考になって、同世代の女性たちが「お金」っていうものに興味を持ってくれるのであれば、それはとても嬉しいことなので。(笑)

割合でいうと、ざっとこんな感じです。

・投資信託 ……75%
・株式   ……10%
・債券   ……10%
・預貯金  ……5%

投資信託のうち90%くらいは海外に投資する商品ですね。株は90%が日本株、10%は米国株などです。

ーーそうすると、資産のほとんどが海外にあることになりますが……?

その通りです。今は国内よりも、海外のほうが経済成長が大きいと考えているので自然と……。(笑)

債券もほぼ海外のものです。ほとんどが海外資産になってしまいますが、流動的に配当が入ってくるので困ることはありません。それから海外資産でも為替リスクをおさえるために為替ヘッジをしてある商品に分散投資をしていたり。債券などの配当は円で入ってきますし、途中で切り崩すようなこともないですね。

エステに通うために投資する

久富有里加, 連載, インタビュー (撮影=森口新太郎)

ーーインタビューの前編では投資には「目的」が大切と伺いました。久富さんはどんな目的のためにポートフォリオを組んでいるんですか?

たとえば「40歳になった時、毎月エステに通うお金のための投資信託」「30歳で時計を買うための投資信託」などです。

ベースとしてiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)で老後の資金を貯めていて、それ以外は何歳でいくら切り崩してそれを達成するっていう投資の目的を定めて投資信託を購入しています。

漠然と「老後のために」という人もいますが、私は老後資金はiDeCoで十分だと考えています。その他は自分のやりたいこと・欲しいものを買うために投資するのが理想ですね。

「どこの証券会社がおすすめですか」ってよく聞かれるんですけど、あまり違いはないんですよ。そこはあまり重要じゃない。(笑)

やっぱり重要なのは目的=ゴールであって、そのためにどういう投資が適しているのかを考えて選ぶのがベストです。

お金の使い方でわかる「本物」のお金持ち

久富有里加, 連載, インタビュー (撮影=森口新太郎)

ーー久富さんは証券会社時代、富裕層の方を相手に営業をしていたと伺いました。お金持ちの人ってどんな投資の仕方をしているんでしょうか。

「〇年後に家を建てるつもりだから、それまでの間だけそのお金を投資」って感じが多いですね。そういう人は「〇〇円までなら一時的に減っても大丈夫だから」っていうライン引きもしっかりしています。

ーーそういうライン引きっていうのはどうやって決めるんですか?

資産が減ってしまうリスクは必ずありますので、最初にお客様にお伺いします。「どこまで減っても大丈夫ですか」「どこまで耐えられますか」と尋ねて、資産の体力を把握してから投資先を選定する流れです。

下限ラインがわかっていれば、だいたい投資先が絞れてくるんですよ。お金持ちであればあるほど一発逆転の投資ではなく、堅実さを重視する傾向にありますね。

ーーお金持ちの人は危ない橋は渡らない、と。

お金持ちの人にも2種類あって、いわゆる「満たされていない」お金持ちと「満たされている」のお金持ちがいます。満たされていない人はたとえば3億円持っていても、10万円の損金が出るとすごくヒステリーになられたり。お金に振り回されて、お金を持つということにすごく執着しているタイプですね。

一方、本物の満たされているお金持ちの方は、お金の価値や使いどころをわかっています。家族のためにお金をかける、自分の趣味には妥協しない、そんな人は目的をしっかり持っているんだと思います。自分がお金を使うことによって経済が回っているということをよく熟知しているというか……。逆にそれ以外のところはきっちり締めて余計なところにお金を使わない。それが本物のお金持ちだと思います。

ーーそれはわかる気がします。お金の使いどころって大事ですよね。どんな使い方をするかで人生の充実度も変わると思います。

そうですね、前回もお話しましたがお金というのは目的のためのツールなんですよ。とくに同世代の女性には、そのツールを上手に使いこなしてもらいたいなと思っています。

何度も言いますが、投資は目的あってこそです。目的をどこに置くかは人それぞれですが、どんな自分になりたいかを考えて、その自分に投資をする。それが理想です。

子育てが終わったら海女さんの修行をしたい

久富有里加, 連載, インタビュー (撮影=森口新太郎)

ーー久富さん自身の「目的=ゴール」は何ですか?

実は、いつか海女さんになりたいと思ってるんですよ。私は海が好きで、泳ぐのも潜水も得意なんで……すごく憧れますね。(笑)

〝仕事行ってくる〟って海にいくの、かっこよくないですか?(笑)成果報酬だからやりがいもあると思うんです。しかも海女さんって70歳とか80歳でも現役でバリバリ仕事ができますよね。人生100年時代と言われて、お金のことをやたらと心配させるものもありますが、逆に時間がある分、きっと夢を叶えることもできる。私はちょっと変わっているかもしれませんが、こんな風に自由に夢を描いていいんじゃないかなと思っています。

今、妊娠中なのですが、出産して子育てが終わったら、海女さんの修行をしたいって本気で考えています。海女さんといまのファイナンシャル・プランナーの仕事を掛け持ちできたらいいなと思っています。

ーー意外だけど素敵ですね!その夢を叶えるために、今から資産形成というわけですね。

私の夢の話は、ちょっと人とはズレてるかもしれないのですが……。でもそういう目的や目標を持つことは大切ですよね。同世代の女性なら、やりたいことや欲しいものが目的になるんでしょうね。欲しいもののために投資をする。将来の自分に投資をする。ちょっとカッコよくないですか?

ーーそうですね「将来のため」よりも「欲しいもののため」のほうがずっと現実的に感じます。

そう、ちょっとしたことでいいと思うんですよ。ネイルをしたい、エステに行きたい、好きなアーティストのライブに行きたい、だからそのために投資をする。そう思えば、投資という言葉もぐっと身近に感じられるんじゃないかなと。

なんだかもやもやとして自分の目標がわからない、そんなときは書き出してみましょう。手帳でもノートでもなんでもOKです。夢は何か。自分がやりたいこと。欲しいもの。書き出してみれば、きっと目標が生まれてくるはずです。

もっと楽に、もっと自由に夢を実現しよう

久富有里加, 連載, インタビュー (撮影=森口新太郎)

ーー新連載では女性たちのリアルな夢がたくさん登場します。あらためて、連載を通じて、どのようなことを伝えていきたいですか?

最近の働く女性って、お金に対してすごく不安を持っている方が多いと思います。私の連載を読むことで、そういった不安を手放せる人が1人でも増えてくれたらいいなと考えています。

もっと楽に、もっと自由に、お金の不安を持つことなく自分の夢を実現することができたら幸せですよね。まずは「夢を叶えてもいいんだ」ということ。そして、そのために「こうすれば良かったんだ」「こういう方法があったんだ」と感じてもらえたら、それが一番嬉しいですね。

ーーお金の話ってなかなか人に相談しにくいですよね。もっとオープンに話せたらいいのに、と思うときがあります。

国柄なのか、日本はお金の話に閉鎖的な面がありますよね。海外ではもっと身近な話題なんですよ、お金の話って。

海外では投資は一般的なもので、若い子たちの会話の中にも普通に登場するんですよ。たとえば、女の子同士がカフェで楽しそうにおしゃべりしているとします。その会話の中で「最近〇〇って新しいファンドが登場したけどどうなの?」「知ってる知ってる、〇〇だよね」「買ってみた?」みたいな流れが自然に出てくるんですよ。まるで化粧品の話でもしているみたいでしょう?(笑)

ーー「〇〇」の中身をコスメに置き換えても成り立ちますね。(笑)

そう、それくらい自然なんですよ。みんな目的を持って、若いうちから自然に投資をやってる。日本人から見たらビックリな会話でしょう?

いつか日本でもそういう光景が見られるんじゃないかと思っているのですが、まだまだ投資は敷居が高いと思われがちなんですよね。

私がこうやってお話をすることで、同世代の女性が投資に興味を持ってくれたら――。今はそんな期待感でいっぱいです。

ーーありがとうございます!新連載に期待しています!

久富有里加, 連載, インタビュー (撮影=森口新太郎)

(久富さんインタビュー、おわり)

【前編はこちら】
アラサー女子に伝えたい「投資に失敗しない」3つのポイント

新連載は8月29日スタート!

久富有里加, 連載, インタビュー 連載『美人投資流 この夢、どう叶える?』

久富さんの新連載「美人投資流 この夢、どう叶える?」は8月29日にスタートします。30代の女性のリアルな夢を紹介し、久富さんが「私だったらこうするのに」という視点でアドバイス。お金の知識だけではなく、忙しい日々でどう時間をつくっていくか、など夢を叶えるための具体的な方法がよくわかります。夢をどうやって叶えるか、一緒に考えていきましょう。

今回、インタビューに協力してくれたのは

久富 有里加さん
1986年東京都港区生まれ。大学卒業後、大和証券に入社し社長賞受賞。楽天証券、キッズラインを経て2018年から「美人投資ファイナンシャルプランナー」として独立。東京オリンピック開催までに金融を義務教育にするプロジェクトを推進中。誰もが平等にお金の正しい知識を身につけられる社会にし、お金を必要以上に恐がらず若者がチャレンジできる世の中にすることが目標。2018年6月18日、WAVE出版より『お金は美人をつくる美容液』出版。

【こちらの記事もおすすめ】
はじめての株投資で損失。お気に入りの企業から学んだこと【高井ひろえさんの失敗談】
1冊のノートが運命を変える!?稼ぐ力を付ける「夢ノート」の作り方
Jupiterから13年。歌手・平原綾香さんが語る「愛と夢」とは

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集