(写真=REDPIXEL.PL/Shutterstock.com)

JALとどっちがお得?ANAホールディングスの株主優待、配当、リスクを徹底解説

賢く使おう、航空会社の株主優待

国内線に半額で乗れる株主優待が人気のANAホールディングス <9202> 。旅行や仕事で飛行機に乗る機会が多い人は、一度は「航空会社の株を買おうか」と考えたことがあるのではないでしょうか。

株主になるなら知っておきたいことを分かりやすく解説します。

ANAホールディングスってどんな企業? 

ANA, 株, 株主優待 (写真=tynyuk/Shutterstock.com)

ANAホールディングス<9202>は東証1部に上場しており、国内線、国際線ともに日本の空運業でトップクラスの企業です。通称は全日空やANAとしておなじみですね。

ANAグループは国内のマーケットシェアが49.8%で首位となっています。国内線は52都市、国際線は42都市に就航しています。 ANAのサービスは国際的にも評価が高く、英国ロンドンに拠点を置く航空会社の格付け会社、SKYTRAX社が運営するエアライン・スター・ランキングで、最高評価の「5スター」を6年連続で獲得しています。

ANAホールディングスは、こうした「航空事業」をはじめ、空港での旅客ハンドリングなどを行う「航空関連事業」、旅行商品の企画販売を行う「旅行事業」、空港の売店などの「商社事業」を行う子会社の株式を保有する持株会社です。2013年4月にこの「持株会社制」に移行した際に、社名をANAホールディングスに変更しています。新体制では、グループ全体の経営戦略策定等を行うANAホールディングス株式会社、子会社120社、関連会社45社で構成されています。

傘下にはバニラ・エアとピーチ・アビエーションもあり、フルサービスを提供するANA(全日本空輸株式会社)と、徹底してサービスを簡素化したLCC・格安航空の両輪で売上と利益を伸ばしています。

また、経営組織の改革のひとつとして、2019年度末までに傘下の航空会社であるピーチ・アビエーションとバニラ・エアの2社を経営統合すると発表しています。LCC(格安航空)事業については、2018~2022年度の中期経営計画のなかで、「LCC事業の売上高を対17年度比で倍増し、営業利益を200億円(営業利益率11%)にする」という目標を揚げています。さらに、従来の短距離路線だけでなく、2020年までに東南アジアなどの7~8時間圏内の中距離路線へ進出するとしています。

ANAの株主優待は大人気!運賃が半額に!?

ANA, 株, 株主優待 (写真=Artem Oleshko/Shutterstock.com)

ANAホールディングスはなんといっても株主優待が人気です。主な優待は2つ。

  1. ANA国内線ご搭乗優待(年2回)
  2. ANAグループ各社・提携ホテルご優待(年2回)

優待の対象者は3月末、9月末時点で100株以上所有している株主となります。有効期間、発行時期は以下の通りとなっています。

・3月末の株主:6月~11月末(5月末発行)
・9月末の株主:12月~翌年5月末(11月末発行)

搭乗便の変更ができるところは株主優待の嬉しい特徴です。値段が安いだけなら「特割」「旅割」といった早期購入割引もありますが、急な予定変更で搭乗する便を変更したくてもできないのが使いづらいところです。その点、株主優待は、有効期限内であれば何度でも変更できます。

航空運賃の割引以外でも、パッケージツアーやホテルの優待などかなり手厚い内容です。優待について詳しく見ていきましょう。

(1)ANA国内線ご搭乗優待とは?

ANAの国内線ご搭乗優待とは、国内線の片道運賃50%割引のことです。

ただ、国内線の運賃に「ANA FLEX」という新しい制度が導入されるのに併せて、2018年10月28日の搭乗分からは優待券の内容も「ANA FLEX-D」運賃の50%割引へと変更されます。

ANAはこれまでのいわゆる“普通運賃“である「片道運賃」「往復運賃」を廃止し、2018年10月28日から「ANA FLEX」という新しい運賃を導入します。ANA FLEXは、空席予測数に連動して運賃が変動する制度のことで、便ごとの空席予測数に応じてA〜Dのうち予約・購入可能な最安運賃が案内されます。

つまり、国内線の各便は空席が多ければ多いほど航空券は安く、少なければ少ないほど高くなるという仕組みというわけです。このうち、ANAホールディングスの株主には、FLEX-Dという「空席が最も多かった場合の片道料金」の50%が割引される優待券が配られる、ということになります。

また、これまでは優待運賃は搭乗日の2ヵ月前からしか購入できませんでしたが2018年9月3日の発売分から、搭乗日の355日前から購入できるようになるのはうれしいですね。

優待券はゴールデンウィーク、年末年始等も利用可能。ただし、一部の便で、優待運賃用の販売座席数に制限がある場合があります。搭乗便の変更も可能です。

▽保有する株数に応じた株主優待券の枚数
・100〜199株……1枚
・200〜299株……2枚
・300〜399株……3枚
・400〜999株……4枚
(400株以降は200株ごとに1枚増えます)
・1000〜9万9999株……7枚
(1000株以降は400株ごとに1枚増
・10万株 … 254枚
(10万株以降は800株ごとに1枚増えます)

(2)ANAグループ各社・提携ホテル優待券とは?

ANAグループ各社・提携ホテルの優待クーポン券が入った冊子が1人1冊ずつ発行されます。冊子には以下a〜gの優待券が入っています。

a)IHG・ANA・ホテルズグループジャパン(インターコンチネンタルジャパン、ANAクラウンプラザホテル、ホリディ・イン、ANAホテル)の宿泊(ベストフレキシブル料金の室料20%割引券)×6枚
 ・レストラン、バーでの飲食(10%割引券)×5枚
 ・婚礼の飲食(10%割引券)×1枚
 ・会議、一般宴会(宴会場・会議室の室料の15%割引券)×3枚

b)国内・海外パッケージツアー
 ・国内旅行「ANAスカイホリデー」(通常旅行代金より7%割引券)
 ・海外旅行「ANAハローツアー、ANAワンダーアース」(通常旅行代金より7%割引券)

c)ANAグループ各社のお買物
 ・空港内売店・免税店(国内34空港のANA FESTA、成田空港、羽田空港、関西空港、那覇空港のANA DUTY FREE SHOP)でのお買物(10%割引券)×5枚

d)ゴルフプレー料金
 ・「武蔵の杜カントリークラブ」ビジター料金割引券×4枚
 ・「早来カントリー倶楽部」ビジター料金割引券×3枚

e)航空機の機体工場見学

f)ANAカレンダー(壁掛けまたは卓上型)

g)通信販売商品の優待価格での販売

ライバル企業、日本航空 <9201> (JAL)の株主優待と比較すると?

ANA, 株, 株主優待 (写真= metamorworks/Shutterstock.com)

ANAと同じように人気のある日本航空 <9201>(以下、JAL)の株主優待も紹介します。こちらも国内線の片道運賃50%割引が年2回もらえますが、枚数などが少し違います。JALの主な優待は下記2つ。

  1. 株主割引券(国内線50%割引)
  2. ツアー割引券(7%割引)

優待の対象となるのは、ANAと同様に3月末、9月末時点で100株以上所有している株主です。

結論から先に言うと、JALの場合、9月末時点の株主は200株以上保有していないと優待がもらえませんし、最低単元(100株)で1年間保有する場合でも、国内線の50%割引はANAが2枚、JALは1枚もらえ、ANAのほうが有利です。その他の株主優待の内容を見ても、ANAのほうが手厚くなっています。

ただし、3年以上保有するとJALの方がもらえる優待券の枚数は増えていくので、JALの方が有利になるケースもあります。

以下でJALの優待を詳しく紹介します。

(1)JALの株主割引券(国内線50%割引)とは?

JAL、日本トランスオーシャン航空、日本エアコミューター、琉球エアーコミューター各社の国内線が50%割引になります。より正確には、普通席大人普通運賃(小児の場合は普通席小児運賃)1名分の片道1区間が50%割引となります。年2回の発行枚数は下記の通り。所定の金額をプラスすることでクラスJ、ファーストクラスの利用が可能です。

▽保有する株数に応じた株主優待券の枚数
100〜199株……(3月)1枚、(9月)-
200〜299株……(3月)1枚、(9月)1枚
300〜399株……(3月)2枚、(9月)1枚
400〜499株……(3月)2枚、(9月)2枚
500〜599株……(3月)3枚、(9月)2枚
600〜699株……(3月)3枚、(9月)3枚
700〜799株……(3月)4枚、(9月)3枚
800〜899株……(3月)4枚、(9月)4枚
900〜999株……(3月)5枚、(9月)4枚
1000〜1099株……(3月)5枚、(9月)5枚

1100〜9万9999株……(3月)5枚+α※、(9月)同左
(※1000株超過分500株ごとに1枚増えます)
10万株以上……(3月)203枚+α※、(9月)同左
(※10万株超過分 1000株ごとに1枚増えます)

さらに、国内線搭乗優待は、3年以上保有の場合に追加でもらえます。

 ・300〜999株 ……1枚
 ・1000〜9999株 ……2枚
 ・1万株以上 ……3枚

(2)JALパックツアー割引券とは?

JALパックツアー商品が、正規旅行代金から7%割引で利用できます。株主割引券の発行に併せて、海外ツアー割引券、国内ツアー割引券がそれぞれ2枚ずつ発行されます。

100〜199株保有している株主は3月末時点で株主になっていれば年1回、5月のみ、200株以上保有している株主は5月、11月の年2回、割引券が発行されます。

ANA、JALの配当や配当利回りはどうなっている?

ANA, 株, 株主優待 (写真=interstid/Shutterstock.com)

ANA、JALの配当利回りはどうでしょうか。

ANAは(期末)3月のみ、JALは(中間)9月、(期末)3月に配当があります。 1株配当は2018年3月期のもの、株価は2018年8月13日終値で計算しています。

▽ANAホールディングス <9202>
株価……3805円
1株配当……60円
配当利回り……1.57%
※2019年3月期は、60円から70円に増配の予定と報じられています。

▽日本航空 <9201>
株価……3960円
1株配当……(中間)52.5円(期末)57.5円(合計)110円
配当利回り……2.78%

配当利回りはJALのほうが有利です。

ANA、JALを「利回り」で比較するとどうなる?

ANA, 株, 株主優待 (写真=Maryna Pleshkun/Shutterstock.com)

2018年8月13日の株価が、ANAは3805円ですから、100株買うために必要な投資額は38万500円です。同じく、JALの株価は3960円ですから、100株を買うために必要な投資額は39万6000円です。

・ANAとJAL、どちらがお得?  

  ANAの配当は3月のみですが、JALは中間、期末の2回に分かれています。年間で比べるとJALの方が配当利回りはだいぶ高くなっています。一方、株主優待についてはANAの方がラインナップが豊富で手厚い内容です。

ANAグループのホテルなどを実際どれくらい使うかや、自分がよく利用する路線次第でしょうか。

・もし、優待を使わないなら

ANAもJALも、優待券は株主でなくても使用できるので、期限内に使いきれない優待券をネットオークションや金券ショップへ売りに出す人もいるようです。1枚3000円~4000円程で売られているケースが多いようです。

ANAホールディングスの株価の動向は?

ANA, 株, 株主優待 (写真=takasu/Shutterstock.com)

ANAホールディングスの過去10年間の株価の動きを振り返ってみました。

過去10年間の最安値は2012年12月28日で1810円(※)まで下落しました。その後、アベノミクスを合言葉に、多くの日本株とともにANAホールディングスも上昇の波に乗り、特に、2016年の後半から上がってきています。

企業の業績も順調に伸びています。航空業界は世界で競争が激しく、燃料費や人件費が高く「高コスト体質」と言われますが、しっかりと業績を伸ばしています。

また、ROE(アールオーイー:自己資本利益率)が大きく改善されているところも好感がもてます。ROEとは、株主が投資したお金が、どのくらい効率よく収益をあげたのかをみる指標です。一般的には10%を上回ると優良といわれます。15%以上になると株主からの評価も高くなり、株価が上昇する要因になるといわれます。こうしたことから、投資家はよく見ている指標のひとつといえます。

ANAホールディングスのROEは、2015年3月期は5.1%だったのですが、毎年改善され、2018年3月期は15.1%となっています。

一方、企業が出す利益に対して株価が割安か割高かをみる意表のPERは12.78倍(会社予想)となっており、同業他社のJAL(12.76倍)、エイチ・アイ・エス <9603>(20.85倍)、西日本旅客鉄道 <9021> (13.34倍)を見てもそれほど高い水準とはいえません。

まとめると、PERは「標準」もしくは「やや低め」、ROEは良好、配当もあり、業績も順調と、数字の面では投資対象としては申し分ない内容です。

新興企業のような突出した個性があるわけではありませんが、安定した大企業として、安心して長く持てる銘柄です。

今後の株価を動かす要因やリスク  

ANA, 株, 株主優待 (写真=ampcool/Shutterstock.com)

ただしリスクもあります。ANAホールディングスを含め、航空関連銘柄の株価が大きく変動する要因として、主に次のようなものがあります。

・景気が低迷するリスク
航空産業は、景気の影響を受けやすい業界です。景気が悪くなって飛行機に乗る人が減れば、業績と株価に影響がでます。

・原油価格変動によるリスク
航空機燃料は原油精製による製品のため、原油価格が予測を超えて変動した場合には、航空会社にとって大きな負担になります。産油国での政情不安などのニュースがでてきたら要注意です。

・新型インフルエンザ等の感染症に関わるリスク
重大な感染症が発生、蔓延して、風評で飛行機の利用客数が激減した場合。

今後のさらなる活躍に期待

ANA, 株, 株主優待 (写真=ANURAK PONGPATIMET/Shutterstock.com)

2012年12月 に創立60周年を迎えたANAホールディングス。2020年の東京オリンピック開催に向けた需要の拡大、訪日外国人の増加、ASEAN諸国の航空自由化などの追い風を味方にして、さらなる飛躍が期待されます。

優待などに興味があれば、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

【こちらの記事もおすすめ】
イオン、100均、コメダーー女性におすすめ8月の優待8選
キャンドゥ、RIZAP、パルコーー「女性向け」嬉しい人気株主優待10選
知らないと大損する⁉ 株主優待目当ての投資 4つの注意点

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集