(写真=Butsaya/Shutterstock.com)

積立投資に2つの弱点。メリット・デメリットを押さえて着実に成功する秘訣

初めての投資、積立投資から始めてみませんか?

この記事では、投資経験のない人でもはじめやすい「投資信託の積立」(積立投資)について、メリット・デメリットをはじめ、おさえておきたいポイントについて解説します。

「積立投資」とは?

積立投資, 初心者, 投資信託, メリット, デメリット (写真=Andrey_Popov/Shutterstock.com)

「積立投資」とは、同じ投資信託を「毎月」などの決まったタイミングで、決まった金額分だけコツコツと買っていく資産形成法です。

少額から無理なくはじめられ、積み立ての設定をしてしまえば自動的に購入できるため、手間もかからず、購入のタイミングを計らずに投資ができるので、初心者の方向きといえるでしょう。

積立投資の3つのメリット。積立投資の効果はこんなにすごい!

積立投資, 初心者, 投資信託, メリット, デメリット (写真=Jirsak/Shutterstock.com)

メリット1 手間いらず、ほったらかし

当然のことではありますが、投資で儲けを出すためには、安いときに買い、高いときに売ることが大切です。しかし、日々変動する相場のチェックや取引のタイミングに時間をかけるのは難しいですよね。

「積立投資」は、たとえば、「毎月10日に5,000円ずつ〇〇投資信託を購入」といった設定をします。すると、あとは自動的に毎月積み立てながら資産形成を行ってくれるため、手間がかかりません。

メリット2 少額からはじめられる

「投資をはじめるには、大きな資金が必要」というイメージを持っている方も少なくないと思います。しかし「積立投資」は少額(証券会社によっては100円)で無理のない金額からはじめることができます。

メリット3さまざまなリスクの分散

「積立投資」ではさまざまなリスクを分散させることができます。

1)投資先を分散できる
投資信託は、株や債券、不動産などさまざまな投資対象のいわば『詰め合わせ』です。株を直接購入すると、株式の価格の変動に私たちの資産が左右されてしまうことになりますが、さまざまな金融商品に間接的に投資ができる「投資信託」であれば、投資する金融商品を自動的に分散することができます。

2)購入のタイミングを分散できる
すべてを一度に購入する場合、「安く買って高く売る」ためにはタイミングを測る必要がありますが、あらかじめ設定したタイミングでコツコツ投資をしていくことで、買い付けのタイミングを「分散」することができます。長い時間かけて購入していくことで、「今は安いのか高いのか?」を気にする必要がなくなります。

3)価格変動リスクを分散できる
積立投資のポイントは「同じ金額分」の投資信託を買い付ける点にあります。これを「ドルコスト平均法」と呼びますが、ドルコスト平均法とは「積立投資」そのもののことなのです。

「ドルコスト平均法」とは、価格変動リスクを軽減するため、一度にまとめて投資するのではなく、定期的に定額を購入していく方法のことです。量ではなく金額ベースで購入するので、価額が安いときには口数(量)をたくさん、価額が高いときには口数(量)を少なく購入することになり、結果として購入平均価額を下げる効果があります。

万能に思える「積立投資」にはデメリットも

積立投資, 初心者, 投資信託, メリット, デメリット (写真=Rei Imagine/Shutterstock.com)

積立投資にもデメリットがないわけではありません。

デメリット1 手数料などのコストが発生

投資信託で積立投資をするときに発生する手数料には、「購入時手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」の3つがあります。

「購入時手数料」は投資信託を購入するとき、「信託財産留保額」は投資信託を売却(解約)するときにかかる手数料です。この2つの手数料は無料のものもあります。

そして、もう1つの「信託報酬」は、投資信託を保有している間ずっとかかる手数料です。保有残高に対し、決められた割合で毎日徴収されます。

たとえば信託報酬2%の信託報酬を100万円分保有していたとすると、毎日0.0055%である約55円の信託報酬が差し引かれていくことになります。一日だけでみるとそれほど大きい金額には感じませんが、長期間で積立投資をしていくとなると、この信託報酬は運用成果にも直接影響する手数料といえます。

デメリット2 ドルコスト平均法の弱点

ドルコスト平均法は、一度積立設定をしてしまえば、そのあとは機械的に購入し続けることになるため、ここにデメリットが発生することがあります。

たとえば、相場が上昇局面にあり、手元にまとまった余裕資金があったとします。この余裕資金をドルコスト平均法により、長期間で均等に投資していくことにより、下落相場により安く購入できる目の前のチャンスを逃してしまう可能性があります。

そのため、「価額が右肩上がりの場合は、最初に一括して買った方が利益は大きい」ということになります。

逆に、相場が下落局面にあった場合、最初に購入している分は含み損となっていき、積立設定により自動的に買い増しを続けても、相場が回復しない限り、どんどん損失が大きくなっていくでしょう。

メリット・デメリットを押さえつつ、積立投資で成功する秘訣

積立投資, 初心者, 投資信託, メリット, デメリット (写真=eggeegg/Shutterstock.com)

積立投資のメリットを活かしながら、デメリットを少しでも軽減するためのポイントをみていきましょう。

・インデックスファンドを選び、市場全体に投資する

インデックスファンドは日経平均株価やTOPIX、NYダウなどの指数(インデックス)と同じ値動きをする投資信託のことです。

市場全体の動きに連動しますから、短期的な上下を繰り返しながらも中長期的には成長し続けることが期待できます。日本経済や世界経済は短期的には不調になることもありますが、また回復する可能性だってありますよね。インデックスファンドに投資するとは、そのようなイメージです。

また、インデックスファンドは、保有コストである手数料(信託報酬)が低く設定されているケースが多いのもポイントです。

・購入時手数料のない「ノーロードファンド」を選ぶ

「ノーロードファンド」とは、“デメリット1”でふれた購入時手数料が無料の投資信託のことです。

長期でコツコツと積立投資をする場合は、購入の回数が必然的に増えるため、購入時手数料がその都度発生するということは、その分、利益が目減りすることを表します。そこで、コストをなるべく減らすためには、ノーロードファンドを選ぶようにすると良いでしょう。

・基準価額が下がっているときでも積立設定をやめない

過去にはブラックマンデー・ITバブルやリーマンショックのような金融危機が起こり、当時は資産が大きく目減りしたこともありました。

そのような急落相場に直面すると、人は「このまま下がり続けて大損したらどうしよう?」と不安になってしまい、積立投資をやめたくなってしまいます。しかし、そこで資産を売却してしまうと損失が確定されてしまいます。

ここで大切なのは、相場の下落時も冷静さを失わずコツコツと積立投資を続けることです。相場が戻りはじめたときには、下落時にコツコツと積み立ててきた成果が大きく花を開くことになるのです。

働く女性が積立投資を始めるために大切なこと

積立投資, 初心者, 投資信託, メリット, デメリット (写真=Watchara Ritjan/Shutterstock.com)

女性は、結婚・出産・子育てなど大きなライフイベントがあり、イベントごとにライフスタイルが大きく変化します。将来、自分自身の生活を支えていくためには、なるべく早い時期から「お金の面での将来設計」を立てることがとても大切です。

そこで働く女性が今から積立投資を始める場合のステップを紹介します。

・女性の資産運用では心がワクワクする「目標」が大切!

いくらほったらかしで大丈夫、という積立投資であっても、やはり最初は証券口座を開いたり、投資信託を選んだりと手間や知識の吸収が必要です。

こうした手続きの面倒くささを乗り越えるには心がワクワクするような目標の設定があるとよいでしょう。

・結婚、出産、マイホーム、海外旅行は?夢を考えよう

まずはあなたの「将来の夢」について考えましょう。

何歳までに結婚したい、子供は何人ほしい、マイホームがほしい、海外旅行に行きたい……など、あなたの夢を書き出してみてください。そして、将来の目標にはざっくりいくらぐらい必要か、考えてみましょう。

・夢を実現するために、毎月いくら積み立てるか考える

夢の実現に向けてどのくらいの金額が必要になるか、予算を決め、そこから逆算して月々の積立額を決めると良いでしょう。将来の目標や夢を具体的にイメージすることにより、さらに充実した資産形成につながります。

お得に積立投資をするならiDeCoとつみたてNISA

積立投資, 初心者, 投資信託, メリット, デメリット (写真=Hit1912/Shutterstock.com)

積立投資をどのくらいするかが決まったら次のステップとして「どういう制度を利用してお得にお金を積み立てるか?」を考えてみましょう。

通常、投資で得た利益には、約20%の税金がかかりますが、それを非課税にしてくれるのが「つみたてNISA」や「iDeCo」といった税制優遇制度です。

せっかく積み立てるなら、よりお得な制度を活用したいですよね。しかし、それぞれの制度には積み立てられる金額や年数に制限がありますので、自分の目的に合わせて制度を選ぶことが大切です。

・老後の資金づくりなら確定拠出年金

確定拠出年金は、積み立てたお金を60歳以降に受け取ることができる年金制度です。勤務先が制度を導入していれば会社が資金を拠出する「企業型確定拠出年金」、そうでなければ、資金をすべて自分で賄う「個人型確定拠出年金(愛称、iDeCo、イデコ)」を利用できます。

確定拠出年金の最大の特徴は税制優遇ポイントが多いことです。資金を拠出(投資信託などを購入)したとき、利益が出たとき、老後資金として受け取るときの3つの段階で税制優遇を受けることができるため、大変お得な制度といえます。

デメリットは60歳までは積み立てたお金を引き出せないことです。60歳まで引き出せないお金となっても本当に大丈夫か?を考えながら無理のない範囲ではじめることが大切です。

ちなみに企業型に加入している人は自分では何もできない、と思うかもしれませんが、自分で掛金を追加するマッチング拠出を使えるケースもあります。資金を上積みしたければ、勤め先に確認してみましょう。

・旅行や結婚資金は「つみたてNISA」

NISAに加えて2018年1月からはじまった「つみたてNISA」。年間40万円まで、運用期間20年の非課税枠があり、分配金や売却益にかかる約20%の税金が非課税になる制度です。

つみたてNISAのメリットは、積み立てたお金をいつでも引き出せること。確定拠出年金とは違って口座の管理料がかからないのもメリットです。

そして、最大の特徴は投資できる対象商品が、「手数料が低水準」など金融庁の定めた一定基準を満たす、長期・積立・分散投資に適した投資信託と上場投資信託(ETF)に限定されていることです。投資信託にはたくさんの種類があるので、初心者は「どれに投資をしたらよいの?」と迷ってしまいがちですが、つみたてNISAならある程度、長期投資に適した商品だけがラインナップされています。

デメリットとしては、株式が購入できないこと、つみたてNISAを利用していると株が購入できる「NISA」が利用できないこと、非課税期間が20年間に限られていることでしょうか。しかし、いずれも積立投資をしたいのであれば、気にならないでしょう。

積立投資で余った分は高リスク資産にも振り分けてみては

積立投資, 初心者, 投資信託, メリット, デメリット (写真=ShutterOK/Shutterstock.com)

積み立て投資はあなたの資産の土台となるものです。もし、積み立て投資を実践した上でさらに資金に余裕があるならば、株などのリスク資産に振り向けてみるのも一つの手です。積立投資とはまた違った楽しさがあります。

自分のライフスタイルに合った会社に投資することで、投資の楽しさが広がるでしょう。

【こちらの記事もおすすめ】
株価が上がりやすくなるタイミング 相場で勝つにはこれを知っておこう
初心者の「投資スタイル」はこう見つけよう
投資信託で失敗しやすい3つのポイントとは?注意点をやさしく解説

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集