(写真=Mama Belle Love kids/Shutterstock.com)

「玉の輿」のリアル 経営者と結婚できる女性の特徴とは?

社長族との生活、その本音は?

こんにちは、婚活FP(ファイナンシャル・プランナー)山本です。

しっかり自立している方には興味がない話かもしれませんが、女性の中には「玉の輿」に憧れる声が少なくありません。しかし、リアルな玉の輿結婚は、決して一般的な女性が憧れる生活が送れる訳ではないのが実情です。

そこで今回は、「玉の輿結婚をしたものの、ひどく苦しんだ女性」の実話をお伝えします。

あなたの婚活、そして人生に、お役立て下さい。

年収3000万円の経営者と異業種交流会で出会う

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=Majdanski/Shutterstock.com)

麗子(仮名:レイコ)さんは20代後半のころ、7歳年上の会社経営者である年収約3000万円の男性、孝弘(仮名:タカヒロ)さんと結婚しました。

2人の出会いは、異業種交流会。当時の麗子さんは、中小企業に勤める年収約300万円の女性ながら、仕事熱心でキャリアアップにも意欲的でした。

互いに一目惚れというレベルではなかったものの、何となく話していると意気投合し、その後デートを重ねるようになっていきました。

麗子さん曰く、「社長だから惚れたわけではないけれど、やはり経営者の発想や行動力にはすごく魅力を感じました」とのこと。

経営者というのは、経済力以外にもさまざまな魅力があるのかもしれません。こうして2人は、出会って一年で結婚したのです。

結婚し「家庭に入って欲しい」に応じてしまった

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=lenetstan/Shutterstock.com)

麗子さんは結婚後すぐ、後々振り返れば失敗したと感じた出来事がありました。

それは、孝弘さんの「家庭に入って欲しい」という言葉。「毎月50万円を家庭に入れる。そうしたら、働かなくていいだろう?」との言い分に、少し不満を感じつつも、麗子さんは応じてしまいました。

もっとも、新婚のころは孝弘さんも普通に接してくれ、ことあるごとに麗子さんをかまってくれたので、幸せだったと言います。

家におらず、不倫三昧の夫

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=wernerimages 2018/Shutterstock.com)

しかし、幸せは長くは続きませんでした。

しばらくすると、孝弘さんが家にいないことが少しずつ増えていきました。「仕事が忙しい」とのことでしたが、どうやら時には不倫もしていたようです。しかも、結婚から7年が経ったころには、不倫を隠そうともせず、堂々としていました。

当初は怒っていた麗子さんですが、孝弘さんは二言目には「妻はお前なんだし、金も入れてるんだからいいだろ?」というばかり。孝弘さんは本気で、不倫の何が悪いのか、まったく気づいていない様子でした。麗子さんはこの頃には怒る気力すら沸かなくなっていました。

余談ですが、後々、孝弘さんは「軽度の発達障害」だと分かったそうです。プライベートでは思いやりや歩み寄りが無い反面、ビジネスではそれが良い方向に転んだんだろうと予測できました。経営者には、意外とこういう方が多いと聞きます。

離婚したいけれど、社会復帰に不安

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

麗子さんは次第に離婚を考えるようになりましたが、「今さら社会復帰できるだろうか?」と悩みました。7年ものブランクがあればそう思うのも仕方がないでしょう。

子供食堂の普及を筆頭に、シングルマザーの過酷な生活実態をよく聞く時代。その恐怖はなるべく共感したくないものかもしれません……。

一部の友人からは、「ATMとして割り切れ」というアドバイスもあったそうですが、どちらかと言えばお金目当てで結婚した訳ではない麗子さんには不適切です。麗子さんは孝弘さんからもらう生活費の多くを「未来のため、子供のため」と、貯金に回す女性でした。

弁護士「億を超える慰謝料、財産分与、養育費をもらえますよ」

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=PhuShutter/Shutterstock.com)

それでも、さすがの麗子さんも、もう我慢の限界でした。

念のためと、不倫の証拠もバッチリそろえていた麗子さんは、それを手に弁護士の元を訪ねました。普通に慰謝料や養育費の話をしようと思っていた麗子さんに、弁護士から思いもよらない一言が飛び出したのです。

「あなたの場合、本当に離婚するなら億を超える慰謝料と財産分与・養育費が取れる可能性がありますよ」

お金目当てで結婚した訳ではない麗子さんでも、離婚を決意したとなれば、やはり先立つものはお金です。麗子さんはこの時はじめて、自身の玉の輿を実感したと言います。

その後、依頼した弁護士は孝弘さんと交渉した末、諸々の名目で億を超えるお金を麗子さんに渡してくれたそうです。その上で、2人は正式に離婚し、麗子さんはシングルマザーになりました。億を超えるお金があるので、さすがに不安は一切なかったと言います。

現在、麗子さんは40代前半。未だに再婚はしていませんが、心配していた仕事は無事に見つかり、正社員で就職することができました。

一方の孝弘さんはというと……じつは離婚後に即、再婚しています。相応の経営者ともなれば、後釜を狙う女性は絶えないのかもしれません。もっとも、麗子さんは孝弘さんに対する興味はすでにありませんが……。

年収3000万円の元夫から億を超えるお金をもらえた理由

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=AVN Photo Lab/Shutterstock.com)

なぜ麗子さんは億を超えるお金を孝弘さんから取れたのでしょうか?孝弘さんの年収は3000万円ですが、これを基準に考えるなら年収の3倍超です。年収400万円の男性なら1500万円程度で、計算が合いません。

じつは、これが一般人と会社経営者の違いになります。

そもそも経営者は年収が高く、そのまま未来の退職金も高額になりがちです。会社名義の財産は財産分与の対象にはなりませんが、自らが保有する会社の自己株式は財産分与の対象になります。それだけに、結婚後に経営が上向きになると、財産分与の額も上がる訳です。

どうやら孝弘さんのケースでは、これらの理屈が当てはまったのだろうと思われます。弁護士は、「不倫が世間にばれるのもまずいと思ったのだろう」とも言っていたそうです。

最終的に離婚問題は「当事者間の話し合い次第」という要素も強いため、あくまで麗子さんのケースは証拠をそろえ、弁護士に依頼したからこその結果と言えるかもしれません。離婚時に、必ずしもそれだけのお金がもらえる訳ではないので、注意が必要です。

それでも、一般人と結婚していたら、こんな額のお金はもらえないでしょうから、玉の輿様様と言えるでしょう。もしかしたら、このような男性と結婚・離婚を繰り返す女性は、この辺りを分かっているからこその行動なのかもしれません。

成功者は「一定の強さを持つ女性」が好み?

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=Majdanski/Shutterstock.com)

今回の話では、違う角度から考えてみることも大切です。違う角度とは、孝弘さんの視点です。

会社経営者で年収3000万円の孝弘さんは、最終的に不倫三昧になったとはいえ、なぜ麗子さんと結婚したいと思ったのでしょうか……?

筆者は、高年収な男性が女性を選ぶポイントは下記の5つだと考えています。

・魅力的な容姿(であろうとする姿勢)
・相手には無欲で、自分は野心を持っていること
・趣味が合うこと
・相手に積極的であること
・浮気に対して寛容であること

成功者は意外と、自身のパートナーには一定の強さを求める傾向にあります。若いだけ、可愛いだけの女性では、残念ながら不倫相手、または愛人止まりです。

冒頭で、自立した女性なら玉の輿に興味がないかもと書きましたが、あなたが玉の輿に興味がなくても、相手があなたに興味を示す可能性があります。また、麗子さん同様、特にお金には興味がなくても、その知性や行動力に反応して好意を持つかもしれません。

好意を持つのは、もちろん自由です。しかし、その後の結婚生活を考えると、必ずしも玉の輿男性は結婚相手にふさわしいとは言えない可能性があります。

「年収が高くて優しく家庭的な男」なんていない

玉の輿, 結婚, 慰謝料, 不倫 (写真=Prostock-studio/Shutterstock.com)

女性が男性に年収や生活力を求めるのは本能で、仕方ない部分かもしれません。でも……それで幸せになれるかどうかは別の話。

すべての高年収男性や富裕層がそうだとは限りませんが、「玉の輿」と思われるような男性は忙しく、また色も好むもの。「年収が高くて優しく家庭的な男性」というのは現実に即していない、女性の妄想とも言えるイメージかもしれません。

以前にも「年収が上がったら態度まで上からになった男性」のお話を紹介しましたが、男性にとって年収と横柄な態度はセットと考えていいでしょう。

今回の孝弘さんは、横柄さが不倫という形で現れる男性でしたが、いずれにしても年収の高い男性には、相応のデメリットもあります。

あなたは、結婚したらどんな夫婦生活を送りたいですか?

「結婚後はどんな生活を送りたいか」をしっかり考えて、それに適した人を選ぶことで、本当の幸せをつかめるのではないでしょうか。

【こちらの記事もおすすめ】
未婚シングルマザーという選択。日本の現状と将来像を見てみた
家、子供名義の貯金、株式はどうなる?離婚時の「財産分与」気をつけるポイントは?
結婚したら将来の不安は消えるの?独身女性の結婚観と不安を検証してみた

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集