(写真=NicoElNino/Shutterstock.com)

のんきな彼を「結婚したい!」と焦らせた意外な行動とは?

「逃げれば追う」という自然の摂理

こんにちは、婚活FP(ファイナンシャル・プランナー)山本です。

最近の男性は、本当に結婚したがらないと言われていますが、それは相応に交際が長引いたとしても事情は変わらないといえます。男性はそれでもいいかもしれませんが、結婚したい女性としては困りますよね。

そこで今回は、まさしく「結婚したがらない彼氏を、ある方法で結婚に向かわせた女性」の実話をお伝えします。

あなたの婚活、そして人生にお役立てください。

一向に結婚したがらない彼氏に悩む日々

結婚, 婚活, 決め手 (写真=Paulik/Shutterstock.com)

清美さん(仮名)は30代前半の頃、あることにずっと悩んでいました。それは、彼氏との結婚についてです。

清美さんには、3年間交際が続いている4歳年上の彼氏、達夫さん(仮名)がいましたが、交際が順調であるにもかかわらず、一向に結婚話が進みませんでした。達夫さんは結婚の話になると、すぐに席を立ったりはぐらかしたりするのです。

結婚を渋る彼と別れるべき?粘るべき?

結婚, 婚活, 決め手 (写真=Alexandre Rotenberg/Shutterstock.com)

出産願望も強かった清美さんとしては早く結婚したかったのですが、達夫さんがこの調子では話が前に進みません。

35歳が迫る中で清美さんにも焦りが生まれ、この頃には「彼と別れてほかの男性を探したほうがいいのかな……」とも考えるようになっていました。

ハッキリ言って、女性としては当然の悩みでしょう。友人にも相談してみたところ、「別れてほかを探せ派」と「粘ったほうがいい派」に二分したそうです。達夫さんは性格が穏やかで、お勤め先は中堅企業、年収は500万円少々とのことでした。

上を狙えばキリがないですし、なかなか結婚に踏み切ってくれない点を除けば、年収にも性格にもなんら問題がない達夫さんですから、悩みの深さも理解できるところです。

強引に結婚話をすればケンカになりかねませんから、そういう意味でも悩んだと清美さんは言います。

愚痴とともに解決策をプロに相談

結婚, 婚活, 決め手 (写真=BlurryMe/Shutterstock.com)

業を煮やした清美さんは、ある時、筆者の元へ相談に訪れました。

清美さんの事情を聞き、筆者は「別れるでも粘るでもなく、別途、婚活をしてみるのはいかがでしょうか?」と提案しました。

婚活など考えたこともなかった清美さんは、当初驚いていましたが、筆者から婚活の基本やメリット・デメリットなどさまざまな情報・知識を得て、気分転換がてら婚活パーティに参加することにしました。

当然ながら、婚活パーティは結婚したら参加できませんから、そういう意味でも興味が沸いたそうです。

視野が広がり、愛情を再確認できた

結婚, 婚活, 決め手 (写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

実際に婚活パーティに参加してみた清美さんは、いろんな意味で「視野が広くなった」といいます。普段は家と会社の往復で、話す男性といえば、達夫さんを除けば職場の同僚程度。そう感じたのも無理はありません。

しかも、実はご本人が考えていた以上に、清美さんはモテました。彼氏がいない、できない方々も多い中、清美さんには現に今、彼氏がいるわけですから、ある意味で当然の結果だと言えるのかもしれません。

年収だけなら達夫さんより上の男性からも誘われたそうで、清美さんは別の悩みも抱えてしまいました。それでも結局、総合的に見て達夫さんを上回る男性とは出会えなかったといいます。

事情を知った彼氏が突然豹変!

結婚, 婚活, 決め手 (写真=Syda Productions/Shutterstock.com)

婚活パーティに参加するようになってからは、当然デートの頻度も下がり、達夫さんは予想通り清美さんの変化を感じ取るようになりました。

ある時、達夫さんから何気なく変化の理由を尋ねられた清美さんは、堂々と「婚活パーティに参加している」と伝えました。

すると、今までロクに結婚話に応じなかった達夫さんが、なんと「オレとは結婚しないの?」などと言い出します。すでに愛情の再確認をしていた清美さんは、あまりの変化に驚きつつも――プロポーズとは呼べないレベルの言葉ではありましたが――本当に、本当にうれしかったそうです。

達夫さんは後日、改めて正式にプロポーズをしてくれました。返事はもちろんOK。一時は達夫さんとの結婚を諦めかけていた清美さんだけに、喜びもひとしおのようでした。

その半年後に、2人は無事にゴールイン。現在の清美さんは40歳が目前に迫る年齢になっておられ、待望の長男も授かりました。本当に、おめでとうございます。

清美さんはこんなことを言っています。

「あの時、婚活パーティに参加して良かったです。結果論ですが、おかげで達夫さんも結婚を望んでくれましたし、私も達夫さんの良さを分かったうえで結婚できましたから」

男性は離れようとする女性を追う生き物

結婚, 婚活, 決め手 (写真=kozirsky/Shutterstock.com)

もしかしたら、今回の達夫さんの突然の変化に驚いた方もいるかもしれませんね。ですが、これが男性のリアルと言える実情です。

男性だって、未婚のまま40歳も目前といった年齢になれば、常に結婚について悩んでいるものですし、彼女がいたら、結婚を言い出されることくらい分かっているものです。ただ、今後の雇用に対する不安を感じたり、結婚で発生するさまざまな責任に恐れを感じたり、そう簡単には結婚できない事情があります。

それでも、男性だって愛する女性と結婚したい気持ちはあるわけで、突然、彼女が自分の元から離れようとしている事実を感じれば、もう先送りはできず、決断に踏み切るしかありません。

達夫さんは、何も突然考えを変えたわけではないのです。そして、一概には言えないものの、一般的に男性は、その本能的なプライドから、彼女が自分の元を離れようとすれば、彼女を追おうとする生き物といえます。

今回の話は一つの成功例です。もちろん、必ずこうなるわけではありませんし、男性も本当にさまざまです。

あなたに結婚願望があること自体はよいのですが、男性にだっていろんな事情があるのですから、一定の対策をしながらガマンの許容量をもう少し上乗せして、彼の状態が整うのを待ってあげてもいいのかもしれません。

婚活は就活のようなもの

結婚, 婚活, 決め手 (写真=LightField Studios/Shutterstock.com)

なかには、「彼氏がいる身で婚活パーティに参加するのはどうなの?」と考える女性もおられるでしょう。どう考えるかはあなた次第ですが、少なくとも大抵の婚活パーティでは、恋人がいるからといって参加できない、なんてことはありません。

婚活は就活に例えられることも多いですよね。就活なら、1社から内定をもらっても別の会社に面接へ行くのは当たり前。内定を断ってから次へ……という非効率的な行動は、誰もとらないでしょう。

結婚が常に恋愛の延長線上にあるのであれば、婚活を就活としてとらえるのは難しい考え方かもしれませんが、結婚はある意味で年齢制限があるため、この感覚も大切です。

なぜ彼氏は結婚したがらないの?

結婚, 婚活, 決め手 (写真=TierneyMJ/Shutterstock.com)

もう一つ、女性は、男性の結婚したがらない心理を理解することも重要なポイントです。

現代は、男性でもなかなか思うように稼げない、大手の正社員でもクビになる可能性がある時代です。男性だって1人では経済的に生涯を生き抜けない、そんな時代に突入しているわけですから、そんな将来的な不安により添う姿勢を見せることこそが、結婚への最初の1歩です。

男性は論理的に考える方が多く、どんなに女性が「大丈夫」と感情的に訴えても、簡単には通りません。結婚の後押しには、節約をしたり年収を上げるといった現実的な方策をとるほうが、よほど効果的でしょう。

彼が変わらないなら、乗り換えてよし

結婚, 婚活, 決め手 (写真=Monster Ztudio/Shutterstock.com)

今回お伝えした「結婚してくれない彼への対処法」は、「婚活パーティに参加する」というものでした。結果的に達夫さんは変わってくれたので効果抜群と言えますが、なかには効果ナシ、という男性だっています。

結婚は互いに「相手あってのモノダネ」です。どんなにあなたが結婚を望んでも、相手が望まないなら結婚できないのですから、そのような場合には、結婚を望む別の男性を探して乗り換えましょう。

「待たせたあなたが悪い」と考えれば、気分もラクになります。

婚活は甘くない!

結婚, 婚活, 決め手 (写真=Photobac/Shutterstock.com)

婚活は簡単ではありません。一般的に、一定数の男性は「恋愛と結婚は別物」と考えています。何年も交際を重ねたからといって、結婚につながる保証などありません。

それに、「よって来る男性の質」は年々下がるのが実情です。

彼氏を信じてただ待つか、それとも一定のアクションを起こして変化を狙うか……。どちらが正解かは誰にも分かりませんが、一つ確実なのは、どちらを選んでも「自己責任」ということです。まさに投資と同じ。結果も含めて、大人の女性としてしっかり決断していきましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
40代で結婚した女性が男性と「出会った場所」3選
これを直せば結婚が近づく!?アラフォー婚活女子が陥りがちな勘違い
婚活女子には言えない婚活男性の「3つの本音」とは?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集