(画像=El Nariz/shutterstock.com)

本当の幸せはインスタ映えしないーーお金を掛けずにリッチになる考え方とは

「お金」は美人になれる美容液(2)

この記事は久富有里加氏の著書『「お金」は美人になれる美容液 “憧れの私”になる♥美人のお金レッスン』(WAVE出版)の内容を抜粋したものになります。

【『「お金」は美人になれる美容液』シリーズ】
(1)幸せなお金美人が持っている「唯一の答え」とは
(2)本当の幸せは「インスタ映え」しない お金を掛けずにリッチになる考え方とは

※以下、書籍より抜粋

今すぐ幸せになるお金の使い方

●お金をなにに使うか「ご指名」する

みなさんの中には、「自分だけの好き!」が、なかなか見つからない人もいるかもしれません。

好きなことが見つからなかったり、自信をもって「これが好き!」といえなかったりする人も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、「お金の指名使い」をはじめてみること。

じつはこれは、今すぐ幸せになるお金の使い方でもあります。

少し考えてみてほしいのですが、みなさんは毎日お金を払うもののなかで、「こ れ!」と対象をきちんと指名して使うことが、どれくらいありますか?

たとえば朝、なにか飲み物を買う場合、いつものコンビニやキヨスクの商品棚の前で、どれにしようかなと考えて選びますよね。「お茶かなー」と気分をざっくり決めておいて、その中から選ぶこともあるでしょう。

でもこの場合は、自分で決めているというわけではなく、手が届く範囲から物を選択している。 つまり、それが本当に自分が欲しいものかどうかはわからないけれど、とりあえず満たしてくれるものなのです。

毎日の生活の、たくさんの小さな選択・決定が「私」をつくっていくのです。

だからといって、朝早く起きてホテルまで足を運んでラウンジで満たされましょうとか、贅沢の型にあてはめてみましょうということではありません。

たとえば朝、飲み物を買うときには、「今の自分が一番飲みたいものにこだわって選んでみてください」ということなんです。

コンビニのたくさん並ぶ商品群の前に立つ前に、お茶ならどんなお茶がいいのか、ほうじ茶なのか緑茶なのか。緑茶なら抹茶入りとか、CMで見た新しい限定商品を試してみたいとか……。

お茶を買う、ランチをする、おやつタイムにお菓子を食べる、文房具を買う、日用品を選ぶ……などなど、毎日の生活のなかには、自分で選んでお金を使うチャンスがたくさんあります。

でもその中で、「自分の好き」をちゃんと反映させて、自分自身を満たした選択ができていることが、果たして何回あるでしょうか?

●小さなことをおろそかにしない

私たちの生活はとても便利で、のどがかわいたら飲み物を簡単に買えるし、種類もたくさん用意されています。

世の中の商品は、万人受けを目指して大量生産するものがほとんどなので、どれを買ってもそこそこの満足が得られるはずです。

また、この「自分の好き」を考えるというのは、エネルギーをたくさん消費することなので、ついおろそかになってしまい、そこそこの満足感で毎日をすごすことに慣れてしまっています。

「今日、なに食べたい?」

と聞かれて、

「なんでもいいよ」

という返事をしてしまう人は、本当はこれがいいという気持ちが心の中にあっても、それを素直にだしていくことができなくなっています。

このようにお金を使っていると、そこそこの満足は得られるかもしれませんが、これから先満たされ続けるとか、充実感がもっと大きくなるという感覚が生まれません。

自分の人生を思いどおり魔法のように変えてくれる人はいないし、変えてくれるものもありません。

こう書くと「現実的で厳しいな」と感じる人がいるかもしれません。

けれど、逆に自分の人生は、自分が決めさえすれば、いつでも自由に変えられるのです。お金がないと変わらないとか、なにか特殊な能力がないと変わらないということはないのです。

仕事をしてお給料をもらって、ランチをしたり、お茶をしたり、友達と出かけたり、お買い物をしたり……。

毎日それなりにすごせてはいるけれど、自分の生活がどこか満たされないという場合は、ぜひこの「お金の指名使い」をはじめてみてください。

「今朝はこれが飲みたい!」「ランチは和食でお魚がいい!」など、自分の意思で選んで決めていくことの積み重ねで、人生が変わっていくのです。

私たちの人生は、特別なことやドラマチックな展開が、日替わりのように起きるわけではありません。

でもその中で、満たされている人とそうではない人の違いは、そんな毎日のなかに潜んでいる、小さないいことや楽しいことにピンと気づくことができて、ワクワク心を満たせるかどうかなのです。

なので、小さなことからでいいのです。というより、小さなことをおろそかにしないことが、自分に特別な贅沢を味わわせてくれます。

最初はわからないこともあるでしょう。

でも、きっと心の中に、自分だけが知っている「これがいい!」があるはずです。

●「私」だけの贅沢が「私」を満たす

さて、その「これがいい!」がわかって、お店に行ってその商品を買えたとき、またそれを飲んだとき、どんな気持ちになりそうですか?

たくさんある商品の前で、迷わずそれを指名できたときの「私が欲しいもの!」という気持ちを満たせたとき、あるいは口に含んで「これこれ!」と思えたときの心の動き。デスクに置いてあって、ちらっと目に入るボトルのすてきなデザイン。

もし自分を満たす商品がお店になくても、できる限りこだわってほしいのです。

私は朝から3軒、コンビニをまわったことがあります。   飲み物だったら、このようにたった100円ちょっとのお金でも、自分を満たす方法があります。お金で満たされるということは、決してたくさん使うことではなく、自分の思いどおりに使えたときなのです。

もしかすると、明日は家にあるお気に入りのマグカップでコーヒーを飲みたいと思うかもしれません。

その場合は、お金ではなく時間の投資です。

便利さより、「私の好き」を優先して時間を使ってみる。朝の時間にこだわるということです。

幸せは、みんながなんとなくインスタグラムにあげているような、おしゃれなカフェの朝食や、ホテルのブレックファストなど、自分では手の届かないちょっと値段が高いものにあると思いがちです。

でも本当はそうではなくて、毎日の小さな選択の中で自分を満たすことにこだわることにあるのです。

そうすることが、じつは一番贅沢で幸せを感じ続けられる秘訣だと考えます。

お金をたくさんかけるのではなく、いつでも「今の私」のままでリッチになることができる。

こういう生活を続けていると、「私の好き」をどんなときでも、正直にあらわせるようになります。朝の飲み物から、ランチのこと、洋服や夏休みの予定、そして将来のビジョン……。

夢や未来のことを考えるということは、毎日の生活のなかの小さな選択の延長線だと、私は思います。

インスタ映え, お金 (画像=Webサイトより ※クリックするとAmazonに飛びます)

久富有里加(ひさとみ・ゆりか)
ファイナンシャルプランナー/トータルマネーアドバイザー。株式会社マネネCOO。1986年東京生まれ。新卒で大和証券(株)へ入社し、計算が苦手ながらも社内表彰を連続受賞。その後、欧米型の独立系アドバイザーの普及に尽力する楽天証券(株)に転職し、システムや商品の企画等に携わり楽天賞を受賞。(株)キッズラインを経て、2016年にブログ『美人投資』を立ち上げ、独立。2018年より株式会社マネネCOO。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集