(写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)

思いがけない交通事故……保険会社に「言ってはいけない」3つのNGワード

うかつに発言すると、取り返しのつかないことも……

思いがけず起きてしまった交通事故。人生の中で何度も経験することではないですし、どう対応して良いか分からない場合も多いですよね。

この一言を言ってしまったばっかりに保険が下りないかも?とならないためのNGワードをまとめました。

NGワード(1)「私の不注意ですので、こちらで修理します」

→自己負担を求められる可能性も?

交通事故, NGワード (写真=Martin Novak/Shutterstock.com)

自分が加害者になってしまった事故の直後に言ってしまいがちなNGワードの代表です。

保険会社に相談をする前に具体的な金額の話や示談などを勝手に進めてしまったり、保険会社以外が手配したレッカー車やレンタカーを利用してしまったりすることがありますが、保険会社との見解に相違が生じ自己負担を求められる可能性もありますので注意が必要です。

100%加害者になってしまった場合でも、誠意あるお詫びの言葉を伝えながらこの言葉は出さずに、「加入している保険で対応させていただきます」の一言を添えると良いでしょう。

NGワード(2)「上司の人を出して」「(相手に対して)直接請求します」

→担当者が変わってしまい、思いもよらない結果に?

交通事故, NGワード (写真=fizkes/Shutterstock.com)

事故を起こした時イライラしてしまい保険会社の対応に納得できなくて、つい言ってしまいそうなNGワードです。

事故対応はあくまでも客観的事実に基づいて判断され、過去の判例を基に当事者に確認をしながら双方の保険会社の担当者間で話し合われます。そこには、お客さまとのやり取りの中で少しでも納得してもらえるように、という人間的な思いも含まれているもの。

それが、上のような言葉を発することで、担当者が変わってしまったり、相手側も弁護士を入れてきてしまう可能性が出てくるかも知れません。こうした事態になると杓子定規な判断となり、より不満が残る結果になってしまうこともあります。

しかし、どうしても納得できない時には「そんぽADRセンター」という交通事故における相談・苦情・紛争の窓口であるところがあります。そこに連絡してみてはいかがでしょうか。

NGワード(3)「まったく予測できませんでした」

→賠償責任扱いにならなくなってしまう?

交通事故, NGワード (写真=Sergey Mironov/Shutterstock.com)

これは「個人賠償責任保険」に関するNGワードです。

そもそも、法律上の損害賠償責任は「予測できたのに対応を怠った」場合に該当するので、まったく予測できていなかったら賠償責任にはなりません。

屋根に積もった雪が滑り落ちてお隣のガレージを壊してしまった時に「家にいなかったから分からなかった」などと言ってしまうと、保険会社の担当者が「ん?」と思ってしまうかもしれません。

担当者の質問の意味や法律用語が分からない時は、面倒がらずに尋ねましょう。きちんと説明してくれますし、理解したうえで答える方が納得できます。

●事故が起こったときの鉄則3か条
【鉄則1】事故対応の基本は、保険会社に連絡して加入内容を確認したうえで指示をあおぐ。
【鉄則2】事故は客観的事実により判断されるが、保険会社の担当者も人間である。
【鉄則3】保険会社の担当者の質問には意図がある場合もある。

OKワードは?この言葉は使っても大丈夫

交通事故, NGワード (写真=wavebreakmedia/Shutterstock.com)

それではここで、使っても大丈夫なワードを2つご紹介しましょう。

・「お相手への謝罪はどうしたら良いですか?」
当事者同士の直接のやり取りは控えた方が良いのですが、誠意ある行為は大切です。事故に慣れている保険会社の担当者にアドバイスをもらうことで、適切な対応ができるうえに印象も良くなります。

・「お相手の方が直接来て困っています」
精神的な苦痛は耐え難いものですよね。そのようなときにも保険会社に相談をし、こちらの苦痛を相手方の保険会社へ伝えてもらって間に入ってもらうことで対処をお願いしてみても良いでしょう。

事故対応は「人と人」

交通事故, NGワード (写真=PopTika/Shutterstock.com)

保険会社の担当者はお客さまの不安を払拭し、スムーズな保険金の支払いができるように対応してくれるアドバイザーです。

事故の当事者になってしまったら、まずは警察と加入している保険会社の事故受付に連絡し指示をあおぎましょう。

事故が起こったときに客観的事実を基に伝えるのは難しいときもあるのではないでしょうか。また電話対応が多く対応が冷たく感じてしまうこともあるかもしれませんが、あくまでも保険会社とのやり取りは人と人とのやり取りであることを忘れないようにしましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
事故を起こしても等級が変わらない?「自動車保険」おトクな裏ワザ徹底解説
横断歩道外での交通事故は保険金が変わるってホント?
自転車に乗ってポケモンGO…事故ったら保険はどうなる?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集