(写真=4 PM production/Shutterstock.com)

夏休みにも使える「お得なきっぷ・パス」4選

役立つお得なきっぷを紹介します。

そろそろ夏休み!帰省や観光でどこかに出かける機会が多くなると思います。今回はそんな時に役立つお得なきっぷを紹介します。電車やバスが1日乗り放題になりますから、うまく使えば通常よりも格安に移動できます。

「それって青春18きっぷでしょ?知ってるよ」と思ったそこのあなた。確かに青春18きっぷもその1つでとってもお得なのですが、そのほかにもいろいろあるんですよ。

お得なきっぷ・パスその1:北海道フリーパス

北海道内を回りたい場合は広いので交通費がかかりますが、北海道フリーパスを使えば定額で特急列車を利用することができます。

北海道フリーパスは、JR北海道内の在来線普通車、在来線特急列車の自由席、ジェイ・アール北海道バス(一部を除く)が7日間乗り放題のきっぷです。普通車指定席も6回まで利用できます。北海道周遊されたい方にとっておトクなきっぷです。ただし道内の北海道新幹線は利用できません。

<利用期間>
通年(但し4月27日~5月6日、8月11日~8月20日、12月28日~1月6日は利用不可)

<発売額>
23600円(税込)

<購入場所>
JR北海道、JR各社の主な駅のみどりの窓口、旅行センター及び主な旅行会社

<お得度>
札幌から北海道内の主な地域への特急列車料金(窓口で通常購入した場合の往復指定席)は以下のとおりです。

札幌~釧路(9370円)
札幌~旭川(9620円)
札幌~帯広(14400円)
札幌~函館(17660円)
札幌~稚内(20900円)

つまり、おおよそ2カ所~3カ所以上回りたい! という方ならば、北海道フリーパスを使ったほうが断然お得だということになります。

お得なきっぷ・パスその2:週末パス

フリーエリア内(主に関東地方、新潟、東北地方南部)のJR線のほか、会津鉄道線をはじめ14の鉄道会社線の普通列車(普通、快速)が乗り放題のきっぷです。新幹線や在来線特急を利用する場合は別途特急券が必要です。

<利用期間>
連続する土日2日間(ただし、4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~1月6日は利用不可)

<発売額>
8730円(きっぷは利用開始日の1ヶ月前から前日まで購入する必要があります。)

<購入場所>
フリーエリア内のJR東日本の駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センターおよび主な旅行会社へ(一部お取扱いしていない場合もあります。)

<お得度>
東京と仙台を新幹線(窓口で通常購入した場合の往復指定席)で往復した場合を比べてみます。

片道のはやぶさ指定席(東京~仙台間)は11200円(乗車券5940円、特急券5260円)となりますので往復の場合は合計で22400円になります。 一方で週末パスを利用する場合は、週末パス(8730円)と特急券を往復分(10520円)購入すればいいので、合計19250円となり3150円も安くなります。

しかも週末パスはエリア内の普通列車が乗り放題なので、仙台から隣県へ移動したり、逆に首都圏をJR線で移動したりできますので、よりお得になります。

お得なきっぷ・パスその3:都区内パス

東京23区内の普通列車(普通、快速)が乗り放題になるきっぷです。長い区間を移動したり、途中下車が何回もあったりするなどで、750円以上JR線でかかりそうな場合は、このきっぷをあらかじめ購入した方がお得です。

<利用期間>
1日間(通年利用可能)

<発売額>
750円

<購入場所>
フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センター、JR EAST Travel Service Center及び主な旅行会社(一部お取扱いしていない場合もあります。)

お得なきっぷ・パスその4:2枚きっぷ(指定席)

九州内を移動する場合に利用できるきっぷです。九州内の在来線の特急列車・普通列車の普通車指定席に乗車できます。往復のきっぷをまとめて買うことで、別々に買うよりも割安になります。

<利用期間>
通年利用可能(きっぷの有効期間は1ヶ月間)

<発売額>
路線によって異なります。

(例)福岡市内~長崎間往復:大人6180円
(例)福岡市内~別府・大分間往復:大人6180円

<購入場所>
JR九州の駅・旅行の窓口・九州内の主な旅行会社(インターネットや車内での発売はなし)

<お得度>
博多と長崎を在来線特急(窓口で通常購入した場合の往復指定席)で往復した場合を比べてみます。

博多~長崎間の片道運賃は4710円となり、往復の場合は9420円となります。対して、九州2枚きっぷ(博多~長崎間)を購入した場合は6180円となり、1470円もお得になります(ただし、7/21~8/31など所定のピーク期に指定席を利用する場合は指定の列車ごとに指定料金券(大人520円・こども260円)が必要です)

お得なきっぷまとめ

お得なきっぷを有効に使うためには、事前に乗り換え案内のサイトで自分が乗る電車の通常運賃を計算するのがいいでしょう。

一部区間は定期券などを持っている、という場合はその分を差し引いて計算しましょう。定期券を利用した場合の運賃を考慮してより詳細に計算ができるサイトもあります。

夏休み,旅行,お得なきっぷ,パス (画像:ジョルダン 乗換案内・時刻表・運行情報サービス)

お得なきっぷを使って、ぜひ旅行や帰省を楽しんでください!

大場 脩
ファイナンシャルサポーター
山形をベースに全国で活動するファインシャルプランナー。お金のことはシンプルに前向きに考えるのがモットー。保険、資産運用、各種ローン、家計改善など身近なお金のことが得意。できるだけ専門用語を使わず、わかりやすくお金のことを伝えている。
HP:http://fp-syu.com

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集