(写真=Renosy)

知ってる?「リフォーム」と「リノベーション」の違い

住まいに手を加えて住みやすくする方法

住まいに手を加えて住みやすくする方法には「リフォーム」と「リノベーション」があります。この二つの言葉は混同されやすいのですが、実はそれらへのアプローチはそれぞれ異なる考え方に基づいて行われるのです。今回はリフォームとリノベーションの違いについて紹介します。

リフォーム

リフォーム,リノベーション,違い (写真=Renosy)

まず、リフォームとはどのような工事を表す言葉なのでしょうか。

▼リフォームは「生活スタイルを家に合わせる」

リフォームを一言で表すなら「原状回復」です。新築時から数年~数十年が経過して状態や機能が変化した家を修理して、元の状態に戻すことが目的です。間取りを変更して部屋数を増減させることは含みません。

リフォームを行うと家の状態が改善することは当然ですが、マイナスをゼロにするイメージだと考えて下さい。つまりリフォームの考え方は「家を直す」のが目的であり、住む人は家に合わせた生活スタイルを送ることになります。

▼リフォームの実例とは?

おもなリフォームの実例は、キッチン・トイレ・お風呂・洗面所といった水回りの設備を新しくする、古くなった壁紙を交換する、といったものです。

リノベーションとは「生活スタイルに合わせて家を変える」

リノベーションは、最近は雑誌やウェブサイトなどで頻繁に取り上げられるようになり、デザイン性の高いおしゃれな住まいが注目を集めています。しかしリノベーションの本質的な意味は見た目の良さではありません。

▼リノベーションは「生活スタイルに合わせて家を変える」

リノベーションは「理想の生活スタイルを実現するためには、どんな家にすればいいのか」というアプローチで住まいに手を加えます。リフォームのように「古くなったから直す」という発想ではなく、ゼロ地点から生活スタイルにあった部屋や機能をプラスしていく、家に+αの付加価値を加えて暮らしの質を好転させるという、とってもクリエイティブなものなのです。

▼リノベーションの実例とは?

中古マンションのリノベーションでは、例えば、対面型のアイランドキッチンなどがあげられます。従来の壁付け型のキッチンでは料理をする人がリビングの家族から取り残されてしまいがちでしたが、アイランドキッチンならリビングが自然と目に入り、家族が近くに感じられるようになるでしょう。

また、子どもの勉強を見守れるようにリビングに勉強スペースをつくりたい、趣味の映画を心ゆくまで鑑賞できるように防音のシアタールームが欲しい、といった例もあります。

間取りや部屋数の変更も可能です。子どものいる家庭なら、のびのび遊べる子ども部屋をつくるために、小さな二つの部屋をひとつながりの大きな部屋に変えることもできますし、一人暮らしなら、壁を取り払って家全体を広々としたワンルームに生まれ変わらせることもできるでしょう。

また、キッチンと洗面所を隣に配置すれば、お弁当の準備や身支度で忙しい朝でもスムーズな動線で活動できます。

リノベーションには新築を上回るメリットが!

リフォーム,リノベーション,違い (写真=Renosy)

リフォームとは大きな違いがある、リノベーション。住まい探し=新築、と思っている方にこそ知ってほしい、さまざまなメリットがあります。

▼自分らしい暮らしが実現できる

新築マンションは真新しい内装や最新の設備が魅力ですが、中には「もう少しこの部屋が広ければ…」「ここまでグレードの高い設備はいらない…」としっくりこない部分があるかもしれません。画一的な内装デザインに面白みを感じない方もいるでしょう。自分にぴったりフィットする暮らしを叶えたいならリノベーションが最適です。

▼理想の住まいに求める条件がバランス良く叶う

住まいを探す際は、物件価格、住みたい街、快適な間取り、好みのテイストの内装などいろいろな条件から検討するものです。中古マンション+リノベーションなら、物件価格は新築マンションの3分の2程度なので人気のエリアの物件にも手が届きやすく、リノベーションで思い通りの住まいをつくれます。

▼プロの協力サポートがあれば初めてでもスムーズ

中古マンションのリノベーションに興味はあるものの「新築購入と比べて大変そう……」「相当こだわる性格じゃないと無理かも…」と尻込みする方もいるでしょう。しかし最近は物件購入まで一括でサポートしてくれるリノベーション会社も登場しています。希望するリノベーションが実現できる物件を提案してもらえたり、資金計画について物件購入費用と施工費用をトータルで相談できたりと、初めてのリノベーションでも安心して任せることができるでしょう。

リフォームとの違いを知ると、リノベーションの魅力を実感してもらえたのではないでしょうか。最初は新築志向だったのに、いざリノベーションを知ると住まいを自由に作り上げる楽しさにすっかりハマったという人も少なくありません。もっと詳しく知りたい方は、まずはリノベーション会社に気軽に相談してみることがおすすめです。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集