(写真=Bloomicon/Shutterstock.com)

女子会の割り勘も楽ちん♪最新のキャッシュレスサービス6選

Fintech協会キャッシュレス勉強会リポート・後編

今、日本は国を挙げて「キャッシュレス」社会に向かっています。

経済産業省が今年4月に発表した「キャッシュレス・ビジョン」によると、日本は2015年時点で18.4%にとどまっているキャッシュレス決済比率を、10年後(2025年)までに40%まで引き上げることを目指しています。

そんな流れを受け、一般社団法人Fintech協会による記者勉強会が2018年6月14日に都内で開かれました。

本記事ではその勉強会の中で紹介された今話題のキャッシュレスサービス6つを紹介します。今のトレンドは?今後どうなっていくの?キャッシュレス社会を支える、各社の取り組みをチェックしていきましょう。

前編はこちら。

女子会で大活躍:paymo(ペイモ)

キャッシュレス, お会計, アプリ (写真=筆者撮影)

AnyPayが提供する「paymo(ペイモ)」は、個人間の割り勘や支払いを、スマートフォンで行えるアプリです。ダウンロードしてすぐ使える手軽さが人気だといいます。

「20代から30代の社会人や学生さんが、ランチや女子会で使うことが多いですね」(AnyPay ペイメント事業部 責任者 井上貴文さん)

今は、人々の働き方が変わったことで、スモールビジネスを立ちあげるなど副業する人も多くなっています。個人事業主、ショップなど、小規模のビジネス用の決済サービスが「paymo biz(ペイモ ビズ)」です。

paymo biz が提供しているのは、ECサイトを持っていない事業者でもクレジットカード決済が導入できる仕組みです。お稽古ごとの先生へのレッスン費用の支払いといった、今までは現金支払い中心だったお金も、クレジットカード払いができるようになります。

商品やチケットをウェブ上で販売する、ユーザーに月額課金するといった機能も付いています。

今回の勉強会には経済産業省の担当者も参加し、多様化したサービスをいかにまとめていくかについても議論されました。

「やっぱり弊社のものも含め、お店がどれを導入したらいいのか迷う部分もあります。統一QRコードという話も出ましたが、弊社も期待しているところがありますね」(井上さん)

SNS上の友達に送金できる:Kyash(キャッシュ)

キャッシュレス, お会計, アプリ (写真=筆者撮影)

ウォレットアプリKyash(キャッシュ)は、買い物や割り勘ができるサービスです。利用者にはプリペイド式のVISAカードが発行されます。これは審査不要で、手数料や年会費も無料、コンビニや銀行のATMでお金をチャージして使います。

利用者はこの「Kyash VISAカード」で買い物をしたり、SNSなどでつながっている友達への送金を行ったりすることができます。送金の場合、そこにメッセージを付けることも可能です。

「人々のお金の持ち方はよりデジタルになっていきます。幅広く送金するというところを模索していくなかでVISAカードとの連携が始まりました。人と人とのお金のやりとりの、キャッシュレス化を進めていきたいと思っています」(Kyash 代表取締役社長 鷹取 真一さん)

今まではスマホ内でのバーチャルなカードのみでしたが、リアルの「Kyash VISAカード」も登場しました。バーチャルが先で、後からリアルのカードができるところも、興味深いですね。

同人誌販売もキャッシュレス:pixiv PAY(ピクシブペイ)

キャッシュレス, お会計, アプリ (写真=筆者撮影)

イラストなど、投稿した作品を通じてコミュニケーションができる会員制ウェブサイト「pixiv(ピクシブ)」。pixivと連携したネットショップの作成、オリジナルアイテムのグッズ制作など、10以上のサービスを展開しています。

クリエイターのニーズから生まれたのが、キャッシュレスの決済サービスpixiv PAY(ピクシブペイ)です。

コミックマーケットなどイベントで同人誌を売りたいという場合、現金でのやり取りが必要になります。でもそこには不便がありました。

「たくさんの小銭が必要になる、お金を持っているので盗難被害に遭うことがある、お金のやりとりにスピードが要求されるので500円といった『きりのいい値付け』しかできない、現金でしか買えないことで、海外からの参加者のハードルも上がってしまう、などです(ピクシブ クリエイター事業部 部長 重松裕三さん)

そうした課題を解決するために、QRコードで商品の決済ができる決済アプリ「pixiv PAY」のサービスを昨年から始めました。

「同人誌を販売するコミックマーケットといったイベントから、キャッシュレス化を進めていきたいですね。若い世代を入口にして、幅広い世代に広げていきます」(重松さん)

イベント会場でも決済できる:STAMPAY(スタンペイ)

キャッシュレス, お会計, アプリ (写真=筆者撮影)

金融アプリケーションサービス事業をはじめ、幅広いIT系の事業を行うアイ・ティ・リアライズは「STAMPAY(スタンペイ)」を提供しています。

利用者は銀行預金などからアプリ内のウォレットに電子マネーをチャージし、「電子スタンプ」で決済を行います。耳慣れない「電子スタンプ」ですが、使い方はまさに電子版のハンコというイメージです。

店舗に設置してあるQRコードをスマートフォンで読み取って金額を入力し、店員に画面を見せると、「電子スタンプ」が押されます。「お支払いが完了しました」と表示されれば、支払い完了です。

利用者はスマートフォンが必要ですが、電子スタンプを押すのには電源や通信が必要ありません。店舗だけでなく、露店やイベント会場でも使えるのが特徴です。

「キャッシュレスを地方にも浸透させたい地方銀行、自治体などの依頼による、BtoB(事業者向け)のサービスです」(アイ・ティ・リアライズ 代表取締役 尾上 正憲さん)

取り組みの一例として、JTBビジネスイノベーターズと協業で、今年8~10月にかけて訪日外国人向けスマートフォン決済サービス「Japan Travel Pay」の実証実験を行うことになりました。実験を経て、年内には本稼働を目指します。

「訪日外国人の中には、買い物はしたいのに、たまたま日本円が手元になかったから買えなかった、という人もいるでしょう。地方ではキャッシュレスがなかなか広がらないといわれていますが、こうした新しい決済方法をまず体験してもらうことで、キャッシュレスを広めていければと思っています」(尾上さん)

スマホ決済の先駆け:Origami(オリガミ)

キャッシュレス, お会計, アプリ (写真=筆者撮影)

日本での、スマートフォン決済サービスの先がけが「Origami」(オリガミ)です。

「2012年、Eコマースから始まった会社です。でもEコマースそのものというより、資金の移動をインターネット上でできるようにするためにシステムを構築し、2016年にOrigami Payのサービスを始めました」(Origami マーケティング部 ディレクター 古見 幸生さん)

その後、中国のアリペイなどとも提携し、アリペイのユーザーがOrigami Payの加盟店で支払いができるといった業務提携も行っています。

2018年には一部の銀行と提携し、利用金額を銀行口座からリアルタイムで引き落とせるサービスも展開しています。

現在、飲食やタクシー、商業施設など、加盟店は約2万店です。「使えるお店が多くないとインフラにはならないので、ここは力を入れています」(古見さん)

今取り組んでいることは、サービスをクローズせず、Origami Payをオープン化する試みです。今年1月には、セゾンカード、UCカード会員向けのスマートフォンアプリ上で、Origami Payが利用できるサービスを開始しました。Origami Payをダウンロードしなくても、他社のアプリでスマートフォン決済が可能になった初めての事例でした。

店舗側の負担を解消:Anywhere(エニウェア)

キャッシュレス, お会計, アプリ (写真=筆者撮影)

お会計の時、クレジットカードや電子マネーなど、レジのまわりにさまざまな支払い方法に対応するための端末が置いてあり「店員さん、大変そう」と思った経験はありませんか?

リンク・プロセシングの「Anywhere(エニウェア)」はそんな店舗側の負担を軽減するために開発された、クレジットカード、デビッドカード、ポイントなどの処理が、1台の端末で決済できるサービスです。

新しい決済手段がどんどん生み出されるなか、導入する側の視点に立ったサービスも重要ですよね。

こうしたサービスを手がけている立場から、キャッシュレス化の普及について、リンク・プロセシング 取締役の高橋 徹弥さんはこう語っていました。

「いろいろなサービスが出てくる中で、オペレーションを複雑にしたくない。スタッフさんが覚えなければならないところをできるだけシンプルに、究極的には操作画面がワンボタンで済むような世界を作れば、加盟店側の障壁も下がっていくと思います」

キャッシュレスが「当たり前」になる日はもうすぐ?

キャッシュレス, お会計, アプリ (写真=筆者撮影)

私たちは、いつの間にかスマートフォンを肌身離さず持つことが当たり前になり、駅の改札では特に意識せず交通系ICカードを出します。しかし振り返れば、これらが登場したのは、それほど昔のことではありません。

便利なものはすぐ「当たり前」となっていくので、キャッシュレスが進み、現金を見ることが「珍しい」となる日も、遠い未来ではないような気がします。

こんなにもたくさんのキャッシュレスのサービスがあり、元気なベンチャー企業がユニークなサービスを次々と出している今は、業界の最も面白い時期かもしれません。

規格を統一しようという話も出ている今、各社のサービスがどんなふうにまとまっていくのかも含めて、しばらく目が離せないですね。(Fintech協会キャッシュレス勉強会リポート、おわり)

【こちらの記事もおすすめ】
なぜキャッシュレス女子は貯金上手なの?貯金額は現金派の2.3倍
使いやすい家計簿アプリはどれ?タイプ別おすすめ6選
「フィンテック」を先どり!女性にうれしい3つの最新サービス

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集