(写真=筆者撮影)

「お金の女子会」リポート。投資を成功させる「金融資産のピラミッド」とは?

筋肉質なポートフォリオをつくるには

丸の内のおしゃれなレストランでスイーツを楽しみながら、女性だけでお金の話。こんな「お金の女子会」が2018年6月に開催されました。

集まったのは20代~30代の女性30人。店内は仕事帰りの女性で満席となり、華やかな雰囲気に包まれました。

講師は、楽天証券のファンドアナリスト篠田尚子さん、ファイナンシャル・プランナーで「美人投資」代表の久富有里加さんです。楽しげな雰囲気をかもし出しながらも、参加者は真剣に耳を傾けていました。その内容を少しご紹介します。

筋肉質の資産ポートフォリオを作るには

お金の女子会, 楽天証券 左から、この日講師を務めた久富さん、篠田さん(写真=筆者撮影)

「長期投資を成功させるには、『資産分散』『時間分散』の2つの要素が必要です。今日のお話でどちらも身に付きますから、まずこの要素を覚えておいてください」(※以下、カッコ内はすべて篠田さんの発言)

篠田さんは、健康意識の高い人がピラミッド型の栄養指針「(ヘルシー)フードピラミッド」で食事管理をするように、資産管理も「ピラミッド」で考えることが大事だと語ります。

「まず見ていただきたいのは、自分の金融資産がこのピラミッドのようになっているかです。資産運用でうまくいかなくなるのは、このピラミッドが作られていないか、作ろうとしていない場合です」

お金の女子会, 楽天証券 パネル1:保有金融資産のバランスイメージ(写真=筆者撮影)

ピラミッドの一番下は、「預金、現金」といった流動性の高いお金です。金融資産のベースとなる部分を安定させたうえで、真ん中の「投資性金融商品」部分の活用が大切だと篠田さんは強調します。

「株式、債券、投資信託、それらを組み入れることができる(企業型・個人型の)確定拠出年金、NISAやつみたてNISAといった非課税制度。こうしたものを上手に取り入れることで、より筋肉質な資産を作ることができます」

ありがちなのが、「その他」と書いてあるピラミッドの頂上に一気にジャンプしてしまうこと。ここにはFX、物件購入による不動産取引、仮想通貨など、少ない元手で「てこの原理」を使ってもうけようとする投資方法や、投資の「おまけ」的存在である株主優待、ふるさと納税も含まれています。

投資と長く付き合うのなら、手早くもうけたい、「おまけ」が欲しいと「ジャンプしたくなる」気持ちは抑え、まずは「投資性金融商品」に注目するのがよいでしょう。

お金管理の「器」を上手に使い分ける

お金の女子会, 楽天証券 パネル2:お金を管理する「器」を使い分ける(写真=筆者撮影)

こんな指摘もありました。

「お金には『守る』器と『増やす』器があります。『守る』のほうで増やそうとしないでください。皆さんご存じのように、今は金利が低いですよね。預金や保険は金利にとても影響されます。世界的に(見ても)、今は預金や保険で増やすことは不可能です」

例えば、「ふるさと納税」も間違えやすいポイントだと篠田さん。ふるさと納税は「守る」「増やす」どちらにも入りません。地方への「貢献」に加えて「お得」という視点では「返礼品」がもらえるメリットもありますが、あくまでも「楽しむ」という位置づけだということです。

「ふるさと納税ではお金は貯まりませんし、増えません。資産形成を助ける制度ではないので、投資と混同しないようにしましょう」

一方、パネル2(写真)の右側、「増やす」の器には、iDeCo(個人型確定拠出年金)、NISAといった制度を上手に取り入れ、優先順位をつけてお金を振り分けていくことが大事になるのですね。

篠田さん自身の「器」の使い分けは?

篠田さんは、お金管理の「器」をどう活用しているのでしょう。

「預金口座では、短期間の定期預金を自動継続にしています。保険については掛け捨てのシンプルなものにしています。ただ、保険はライフステージの変化によって変えていただく必要があるということは把握しておいてください」

篠田さんが「増やす」で活用しているのは投資信託です。

「私は仕事柄、株の取引に制限があり、資産はすべて投資信託で運用しています。株式の投資信託が中心で、iDeCo、NISA、それから証券会社の特定口座で積み立てをしています」

いわく、具体的な「増やす」は「節税効果の高い制度から」が原則とのこと。

「もっとも節税効果が高いのがiDeCo。次がNISA、つみたてNISA。証券会社の特定口座や一般口座は非課税メリットがあるわけではないので、もし投資資金が余分にあったら、で結構です」

篠田さんのポートフォリオ公開!

お金の女子会, 楽天証券 パネル3:篠田さんのポートフォリオは「増やす」を意識(写真=筆者撮影)

節税効果ナンバーワンのiDeCoについて、篠田さんから興味深いお話を伺いました。

「確定拠出年金は、iDeCo(個人型)も企業型も(仕組みは)基本的に同じで、自分で資産運用するということです。難しそうに聞こえますが、そんなことは全くありません。そして、実は女性にとってはとても都合のいい制度です。ライフステージに応じて掛け金を増減できますし、受け取りも絶対に60歳(からと決まっているわけ)ではなく、60歳から70歳の間でいいのです」

転職する際、企業型確定拠出年金の「引っ越し」も経験した篠田さんのポートフォリオはこのようになっていました。

▽企業型確定拠出年金からの移管資産(現金化したお金)
・定期預金…50%
・バランス型ファンド(投資信託)…50%

▽iDeCoの掛け金(月2万3000円)
・海外株式(インデックス)ファンド…50%
・国内株式(アクティブ)ファンド…40%
・国内REIT(アクティブ)…10%

「(企業型確定拠出年金を)『お引っ越し』するときは、いったん資金を現金化しなければなりません。『移管資産』は、転職前に運用して現金化したお金です。金額が大きいので半分は定期預金、残りはバランス型ファンド(投資信託)にしていますが、そろそろ全額をバランス型ファンドにしてもいいかなと思っています」

「掛け金」とあるほうが、現在月に2万3000円ずつiDeCoで運用しているお金です。

「株式の投資信託で積極的に運用しています。REIT(リート=不動産投資信託)も持っていますが、今後は国内株式と海外株式の投資信託で半々ずつ(運用)しようかと思っています。年金の開始までまだ十分に時間があるので、シンプルに資産を増やしていこうと考えています」

アメリカでは女性の半分が確定拠出年金に加入

お金の女子会, 楽天証券 パネル4:世界の確定拠出年金制度(写真=筆者撮影)

こんな話題もありました。

篠田さんの愛読誌でもあるアメリカのファッション誌『GLAMOUR』が、お金の大特集を組みました。これだけでもすごいことですが、その中に確定拠出年金についてのアンケートがあり、回答者1143人のうち56%が「加入していない」と答えています。

「このアンケートのニュアンスからすると『加入していない人がこんなに多い』ということなのですが、私の感覚からすると、残りの女性(44%)は加入しているということ。日本で同じアンケートを取ったら、『大部分が加入していない』となるでしょう」

ちなみに、そのほかのアンケート結果で篠田さんが注目したのは、「85%が株を持っていない」「51%が貯金500ドル以下」という部分でした。

「女子会」の魅力たっぷりのセミナー

お金の女子会, 楽天証券 こんな情報もシェア(写真=筆者撮影)

セミナー後半は、ファイナンシャル・プランナーかつ「美人投資」代表の久富有里加さんによる「ポイントのお得な貯め方」講座。こちらも、詳しい友達に教えてもらっているような、親しみやすい内容でした。

女性同士の話で楽しいのは「あなたはどうしているの?」という個人的な情報を分かち合うことや、「うん、うん、分かる」といった共感ですよね。

今回のセミナーでは篠田さん自身の運用ポートフォリオまで教えてもらい、内容も「女子会」というコンセプトそのもの。筆者は参加者としても楽しませてもらいました。

「投資セミナーに興味はあるけれど、男性の目が気になる」という女性の声はよく聞きます。でも、質を維持しながら、ここまで「女子会」に振り切ったイベントは、投資のすそ野が広がってきていることを実感しました。

お金の女子会, 楽天証券 会場の様子をSNSでシェアするとプレゼントがもらえる企画も(写真=筆者撮影)

【こちらの記事もおすすめ】
素人でもお金が増える 投資信託選びのポイントは?
投資信託にかかる税金はどれくらい?
積立投資信託とは?メリット、デメリットから投資先4選まで

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集