(写真=A. and I. Kruk/Shutterstock.com)

知識と情報でお金を「したたか」に使う方法とは?

具体的なアプリも紹介

この記事は風呂内亜矢氏の著書『ほったらかしでもなぜか貯まる!』(主婦の友社)の内容を抜粋したものになります。

※以下、書籍より抜粋

お金を大切にする人のところへ情報は集まってくる

●お金に関心を持ち、したたかな使い方を

なんの気なしに使っていたお金に目を向け、大切なことだけにお金をかけるようになると、お金がもたらしてくれる充足感はますます大きくなります。

自分の将来を自分で支えていく仕組みをつくれば、先々への漠然とした不安が薄れて、心が強くなったような頼もしさも覚えます。

「どうしたらお金を有効に使えるだろう?」と意識すると、ただ漫然とお財布を開いていた生活は一変! 賢く、したたかなお金の使い方が身についていくはずです。

関心を持っている人のところに、情報は集まってきます。

アンテナを張っていれば、クーポン、ポイント、割引などのお得情報も、使いこなせるようになるでしょう。

また、「こんなすてきなサービスがあったよ」「ここで買うとお得だよ」といった話題は、トレンドに敏感な人にとって興味をひくもの。

友人同士でお得情報を交換したり、お金について気がねなく話したりできるようになれば、情報力はますますアップしていくでしょう。

情報感度を上げれば、やみくもにセコセコ、ケチケチしなくても、締めるところは締め、使うところは気持ちよく使えるようになっていくはずです。

●知っていると知らないとでは大違い!

世の中を見回してみると、知識や情報が大きなアドバンテージになることが少なくありません。

どんなに画期的なサービスも、どんなにすばらしい商品も、知らなければ、その人にとって存在しないのと同じです。

でも、それではあまりにもったいない!

衣食住遊、私たちの暮らしのあらゆるシーンにおいて、お金はなくてはならないもの。知っていれば有益な割引や特典、より心地よい暮らしをかなえてくれるサービスも、実はたくさん用意されています。

最近では、シェアリング・エコノミーが注目され、ファッション、ワーキングスペース、車などをシェアしてお得に使えるサービスが続々登場しています。

子どもが小さいうちなら、無料で遊べる施設やイベントをチェックするのもいいですね。また、興味のある分野から、お得情報をリサーチするのもおすすめです。

●申請すればもらえるお金、戻ってくるお金がある

長い人生の中では、さまざまな理由から仕事をセーブする期間が出てくることも考えられます。

たとえば出産や子育て、親の介護、ステップアップのための勉強、あるいは病気やケガでの休職……。ワーク・ライフ・バランスを見直して、ライフに比重をおきたい期間もあるでしょう。   家計への貢献は、なにも収入をもたらすことだけではありません。

知識や情報で、家計を助けることもできるはずです。転職、失業、出産、子育て、住宅購入、介護など、大きなお金が必要となるシーンでは、国や自治体もさまざまなサポートを用意しています。

たとえば、出産すると子ども1人につき42万円が支給される「出産育児一時金」、住宅購入の際に最高30万円の給付金がもらえる「すまい給付金」、医療費が限度額を超えるとお金が戻ってくる「高額療養費制度」など、あげればキリがありません。   申請をするだけで助成金・補助金が出る、税金が戻ってくるのであれば、申請をしない手はありません。

こうした情報をもらさずキャッチし、受けられるサービスをのがさず活用することも、家計への貢献だと強く思います。住んでいる地域、家族構成などによって、受けられるサービスは異なります。

「もらえるお金」「戻ってくるお金」をとりこぼさないよう、国や自治体の情報にもアンテナを張っておきましょう。

届け出でもらえるお金・サービスをのがさない 自治体の助成を調べるアプリ

●ほじょナビ

・自分が受けられるサービスがスマホに届く!

東京23区内に住んでいる人向けのアプリ。健康診断などの行政サービスや、申請するだけでもらえるお金、利用できる助成の情報や申し込み締め切りなどをプッシュ通知でお知らせしてくれます。

・登録、利用料が無料で、すべてのサービスを利用できる
・家族が受けられるサービスもわかる

●Zaim

家計簿アプリZaimの機能「わたしの給付金」

全国の自治体の給付金や手当の情報を調べることができます。住んでいる地域や家族構成、家計簿の記録から、「もらえる可能性がある給付金・手当・控除」を自動で割り出してくれるサービスもあります。

・全国の市区町村に対応している
・自動抽出は、プレミアム会員(月額360円)のみ

●マチイロ

・すきま時間を有効活用! 最新の行政情報を気軽にチェック

全国の自治体が発行する広報紙やホームページの最新情報をスマホなどで読めるアプリ。補助金・助成金などお金にまつわる情報だけでなく、子育てやイベントなど、自治体に関するさまざまな情報が収集できます。

・全国700超の自治体の広報紙が読める
・自治体の情報をタイムリーにキャッチ

*掲載内容は、2018年5月20日現在の情報をもとにしております。サービスや商品、金額などは各機関にお問い合わせください

(画像=Webサイトより ※クリックするとAmazonに飛びます)

風呂内亜矢(ふろうち・あや)
「わかりやすいお金の話」で人気のFP(ファイナンシャル・プランナー)。3000人以上の資産状況をヒアリングし、富裕層のお金のつきあい方を学ぶ。「あさイチ」(NHK)、『日経WOMAN』などでも活躍中。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集