(写真=PIXTA)

投資信託で失敗しやすい3つのポイントとは?注意点をやさしく解説

「投資って、なんとなく難しい……怖い」と感じている人必読!

投資経験のない人でも、少額から始められ、ポイントをしっかり押さえておけば「守りながら増やす」ことができるのが「投資信託」です。

この記事では投資信託とはどのようなものか、また投資信託で初心者が失敗しやすいポイントはどこか、そして資産運用をスタートさせる時に初心者が気をつけておくべきことは何かについて解説します。

投資信託とは?

投資信託, 初心者 (写真=PIXTA)

「投資」と一口に言っても、債券、不動産、株、FX、仮想通貨など、投資対象となる金融商品にはさまざまな種類があります。本来ならばさまざまな金融商品を自分に合うように組み合わせて「分散投資」することが理想ですが、全ての金融商品の特徴を把握することは投資初心者には至難の業です。

そこで、おすすめなのが「投資信託」です。投資信託とは、投資家から集めたお金を、資産運用のプロであるファンドマネージャーが、株式や債券など複数の商品に投資・運用し、その運用の成果として生まれた利益を、投資家に還元する仕組みの金融商品です。

投資信託の特徴として、ファンドマネージャーが複数の投資対象をパッケージとして、ひとつの商品として売っており、すでに「分散」できていることが挙げられます。

投資信託は少額(証券会社によっては100円!)から購入できるのも初心者にはうれしいポイント。さらに、「積立設定」をすることにより、そのあとはほったらかしておいても自動で「積立投資」をすることができます。

一度、積立設定したものを途中で売ったり、積立購入を途中でやめてしまったりせず、「長期」で続けていくことで、「長期」「積立」「分散」を実践することができます。短期的に「増えた・減った」ではなく、良いときも悪いときも一喜一憂せず、淡々と資産運用を続けることによって、長い目で資産を育てていくことにつながります。

なぜ投資信託は初心者に向いているの?

投資信託, 初心者 (写真=jakkapan/Shutterstock.com)

投資信託はなぜ初心者に向いているといわれるのでしょう。それは、資産形成に大切な3つのキーワード「長期」「積立」「分散」を簡単に実現できるからです。

・長期投資のすすめ

投資を考えるうえで「いつ買ったらよいか」を気にする方もいらっしゃるかと思います。しかし、世界経済を長い目で見ると、これまで短期的な上下を繰り返しながらも中長期的には成長し続けています。そのため、投資を始めるタイミングについては「なるべく早くスタートし、長期で続ける」ことを意識すると、より恩恵を受ける確率が高くなるでしょう。

「100年に一度の危機」といわれたリーマンショックでさえ、当時は資産が大きく目減りしましたが、時間をかけてマイナスを取り戻し、現在はさらに成長しています。

できるだけ「安く買って高く売りたい」のが人情かもしれませんが、いつまた暴落が起きるかはわかりません。短期的な値動きに気を取られず、気長に資産を形成する意識を持つことがとても大切です。

・積立投資のすすめ

投資で儲けを出すには、「値下がりしている商品を多めに買い」「値上がりしている商品を買い控える」ようにすれば良い、と誰もが分かりきっていることだと思います。

しかし、いざ金融商品を買うとなると、「損をしたくない」という感情が邪魔をして初心者は「安く買って高く売る」ことがうまくできません。値上がりしている商品を「もっと上がりそう!」と期待して割高なのに買ってしまったり、値下がりしている商品は「これ以上、値下がりしたら嫌だ」と不安になって売ってしまったりします。

そこで、投資初心者の方はタイミングを見計らって購入するのではなく、購入するタイミングを「月に一度」などあらかじめ決めておき、「同じ金額」をコツコツと自動的に買っていく「積立投資」がおすすめです。

「損をしたくない」という感情に左右されず、機械的に淡々と資金を積み立てられるこの仕組みは資産形成において、とても有効な方法といえます。

・分散投資のすすめ

投資の格言に「卵は一つのカゴに盛るな」というものがあります。これは、卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合に全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落として卵が割れてだめになったとしても、ほかのカゴの卵は影響を受けずに済む、という意味です。

投資を行う際には、一つの商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行った方が、リスクを分散することができます。

投資信託にはどんな種類があるの?

投資信託, 初心者 (写真=B-D-S Piotr Marcinsk/Shutterstock.com)

投資信託には大きく分けて「インデックスファンド」「アクティブファンド」「バランスファンド」の3種類があります。

・インデックスファンドとは?

「インデックスファンド」は日経平均株価やTOPIX、NYダウなどの指数(インデックス)と同じ値動きをする投資信託のことで、「パッシブファンド」ともいいます。

保有コストである手数料(信託報酬)が低く市場全体(指数)に投資ができます。代表的な指数に連動するものが多いので、情報を得やすいといったメリットもあります。

・アクティブファンドとは?

「アクティブファンド」は独自のテーマなどに基づいて銘柄を選別して投資し、指数を上回る運用成果を得ることを目的とした投資信託のことです。テーマや目的に沿った投資ができ、良い商品を探し出せれば指数以上の運用成績を上げられるのがメリットです。

一方、デメリットは、ファンドマネージャーの腕次第で大きな損失を被ってしまうことです。投資対象への調査費用などの手間もかかるため、手数料も高めとなっています。利益と同じくらい、またはそれ以上に手数料がかかることがないように注意が必要です。

・バランスファンドとは?

「バランスファンド」は、海外や国内の株式や債券などさまざまな資産をバランス良くパッケージした投資信託です。たとえば、「日本株式25%、外国株式25%、日本債券25%、外国債券25%」などとあらかじめ資産配分が決められた商品で、分散投資によるリスク低減をはかることができるというメリットがあります。また、運用により資産配分が変わったときに比率を調整して元に戻す「リバランス」も自動でやってくれるため手間がかかりません。

一方、デメリットは、手間をかけなくて良い分、手数料がやや高めであることや投資対象のバランス比率を自分で変えることができないことです。

投資信託選びでありがちな3つの失敗例

投資信託, 初心者 (写真=fizkes/Shutterstock.com)

・証券会社や金融機関の窓口で勧められるがまま購入

証券会社や金融機関などの販売会社は、より多くの手数料収入を得るために、販売手数料や、信託報酬など手数料が高い銘柄を紹介することが多くあります。

そのため、多くのコストが発生してしまい、手数料を差し引くと利益がほとんど残らず、時には損失につながるケースも。投資信託を選ぶ際には、目論見書などで販売手数料や信託報酬、運用実績をしっかりと確認して購入することが重要です。

・「毎月分配型」を配当のように感じてしまう

その名の通り、毎月分配金を受け取ることができる投資信託のことです。

「毎月配当金をもらえる」「不労所得になる」といった“お小遣い感覚”で投資をしてしまう方も少なくありませんが、分配金は利息のようなものではなく、投資信託を購入するために投資したお金の中から出されるため、分配金を出せば出すほど投資信託の資産は減っていき基準価額が下がってしまいます。また、毎月分配するために決算をおこなうため、手間がかかり、売買手数料や信託報酬などの手数料が高くなります。

・「人気ランキング」を見て購入する

投資経験がなく、何を買ったら良いかわからないときに、ほかの人はどんな投資信託を買っているのだろう?と人気ランキングを参考にすることがあると思います。そこで見た「人気ランキング1位!」はとても魅力的で儲かりそうな感じがします。

しかし、ランキングの上位に入っている投資信託は、上記でお話ししたように証券会社や金融機関が積極的に売っているため、販売額ランキングの上位に入りやすくなっている可能性も高いです。

また、「毎月分配型」は、毎月お金がもらえることへの安心感から上位にランキングされやすいですが、購入した人が分配金の仕組みをよく理解していないことが多くあります。

「売れている=自分に合っている」ではありません。ランキングを過信することはやめましょう。

初心者が投資信託を選ぶときに気を付けたいこと

投資信託, 初心者 (写真=PIXTA)

投資信託を選ぶ時に気をつけていただきたいのはまず「手数料」です。

投資信託は購入時(販売手数料)、保有時(信託報酬)、解約時(信託財産留保額)にそれぞれ手数料がかかります。

1.購入時の手数料(販売手数料)とは?

購入手数料(販売手数料)とは、投資信託を購入する際に、販売会社に支払う手数料のことです。購入手数料(販売手数料)は証券会社や投資信託によって異なります。

一般的には店舗を持つ証券会社よりネット証券の方が手数料は安い傾向にあります。また、最近では、ノーロード投資信託とよばれ購入手数料(販売手数料)が無料のものもあります。

2.保有時の手数料(信託報酬)とは?

信託報酬とは、保有期間中、年率をもとに日々差し引かれる手数料です。つまり、積立投資により保有残高が大きくなるにつれて手数料の金額も大きくなります。また、長期で運用する際にはちょっとした手数料の差が大きく、運用成績を下げてしまうことにもつながりますので、必ずチェックしましょう。

3.解約時(信託財産留保額)とは?

信託財産留保額とは、投資信託の解約時にかかる中途解約手数料のようなものです。

購入時の手数料(販売手数料)や保有時の手数料(信託報酬)にように、運用会社や販売会社に払うものではなく、売却時のペナルティとして投資信託に残す財産です。

この信託財産留保額は、投資信託によってかからない場合もあります。

コツコツと大切な資産を育てていくために、3つのキーワード「長期」「積立」「分散」をしっかりおさえながら、資産運用への第一歩を踏み出しましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
第1回 ゆるキャラが解説!「投資信託」基本のき
積立投資信託とは?メリット、デメリットから投資先4選まで
「だめんず」はココにもいた!【投資信託メンズ化計画①】

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集