(写真=PIXTA)

意外と多い!映画『ハリー・ポッター』の「投資」に役立つ名言4選

人生を切り開く勇気がでる言葉

J・K・ローリングのベストセラー小説を映画化し、世界的大ヒットを記録したファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズ。魔法学校を舞台に、主人公ハリー・ポッターやその友人たちの成長を描き、大人から子供まで幅広い年代に愛され続けています。

ハリーやその仲間たちがいくつもの困難にぶち当たりながら、一人前の魔法使いとして成長していく物語なのですが、意外と「投資」に関連する名言が散りばめられています。そのうちの一部を紹介しましょう。

なお、本記事ネタバレが含まれていますので、本編をご覧になっていない方はご注意ください。

立派な魔法使いになるために……

両親を亡くし、伯母の家族に引き取られたハリーは、楽しいとは言えない生活を送っていました。そんなハリーのもとに、11歳の誕生日が近づいたある日、ホグワーツ魔法学校への入学許可証が届きます。

「ここからは明るい未来が待っているはず!」と思いきや、ハリーを待っていたのは、試練の数々でした……。

『ハリー・ポッター』シリーズを通して名言を多数生み出しているのは、魔法学校の校長、ダンブルドアです。ハリーに対しては一生徒以上に目をかけていたダンブルドアは、ハリーが「自分で」答えを導けるように、絶妙なタイミングでアドバイスをしてくれます。これが名言だらけなのです。

1.『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ダンブルドアの名言

「自分が何者かは能力で決まるわけではない。“何を選択するか”じゃ」

シリーズ第2作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の中で、ダンブルドアがハリーに言ったセリフです。

もちろん、持って生まれた能力や環境も含めて自分の一部ではあるものの、それらにとらわれると過去にこだわることになる。どんな選択をするかによって、目は未来に向けられる。つまり、未来の自分は今の自分の選択がつくるものなのです。

2.『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ダンブルドアの名言

「どう生まれたのかは重要ではない、どう成長するかじゃ」

シリーズ第4作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の中で、ダンブルドアがハリーに言ったセリフです。最初に紹介した名言と通じるところがありますね。表現を変え、シリーズを通してハリーに伝え続けている、そんな印象を受けるメッセージです。

「いつも心にこの言葉を」と言われているような気がします。両親が立派な魔法使いだったこともあり、自身も特別な能力を持つ、いわば選ばれし者であるハリー。だからこそ、多くの悩みを抱えています。悩むのも自分、解決するのも自分。自分の人生は自分で切り開いていくものと教えています。

3.『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』シリウス・ブラックの名言

「大事なのはどちらを選択するかだ。それが人間を決定づける」

ハリーの後見人であるシリウス・ブラックが、誰もが心の中に光と影を持っていることを前置きし、放った名言です。ハリーの心強い味方として活躍したシリウスですが、アズカバンでの長い囚人生活により、心に傷を負った不安定な人物として描かれています。決して完璧な人間とは言えませんが、だからこそ、名言が胸に突き刺さります。

もしほかの選択をしていたら……と考えることは誰にでもあります。『ハリー・ポッター』の物語では、シリーズを通して「選択」という言葉が出てきます。自分で選択することの大切さは、作者が伝えたい大切なメッセージの一つなのかもしれません。

投資にも選択はつきものですよね。自分にとって正しい選択をしていきたいものです。

4.『ハリー・ポッターと賢者の石』ダンブルドアの名言

「敵に立ち向かうのは大変勇気がいることだが、友人に立ち向かうのはもっと勇気がいる」

優しく、そして、背中をグッと押してくれる素敵な言葉です。シリーズ第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ダンブルドアがネビルに対して言ったセリフで、気が弱くお人好しのネビルがハリーたちに向かって注意を促した勇気をたたえたものです。

友達には、嫌われたくないし、ケンカもしたくないもの。しかし、間違いは間違いと指摘するのは相手のためを思うからこそ。優しさとは、見て見ぬふりをすることではありません。必要に応じて、あえて厳しいことを言う。苦言を呈すこともときには必要なのです。勇気が自分自身、そして相手の未来を切り開きます。“嫌われる勇気”という言葉もあるように、明るい未来のために「勇気」は欠かせないものなのです。

投資に必要な「勇気」を与えてくれる

投資をしていると「何を買ったらいいのか」「いつ売ったらいいのか」など、選択に迷う場面がしばしばあります。

『ハリー・ポッター』シリーズには、自分自身で選択すること、明るい未来を自分で切り開いていくためのヒントが詰まっています。どんなときでも、どんなことでも、最後に選択するのは自分自身ですが、大きな選択に踏み出すために必要な勇気を与えてくれますよ。

【こちらの記事もおすすめ】
「明日もまたがんばろう」と思える映画7選
「それが私の生き方だ」追い詰められた大富豪、故ハワード・ヒューズ氏の名言
カンヌ最高賞・是枝監督作品『海よりもまだ深く』ーーあなたは人生に満足してますか?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集