(写真=Voyagerix/Shutterstock.com)

なぜ不仲夫婦ほど「へそくり」が多いのか?

へそくりは「将来の不安」が形になったもののようです

夫婦の中には、夫か妻かを問わず「へそくり」をしていることがあります。そしてどうやら、このへそくりは「不仲な夫婦ほど多い」と言えるのが実情のようです。

なぜ、不仲な夫婦ほどへそくりが多いのか。そして、なぜ男性に比べて女性の方がへそくりをするのか……?今回は、60、70代のシニア夫婦へのアンケート結果をもとに「へそくり」について考えていきます。

シニア夫婦の半数以上「へそくりしている」

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

シニア女性誌を発行する「ハルメク」が2018年1月に、60歳~79歳の婚姻関係のあるシニアの男女437人に「夫婦関係とへそくり」に関するアンケート調査をおこないました。まずは、そのアンケート結果をお伝えします。

同調査によると、「へそくりあり」と答えた人が全体の53.5%を占め、なんとシニアの半数以上が「へそくりをしている」と判明しました。

また「へそくりをしている」という方の金額を見てみると、「50万〜200万円未満」が29.5%で、もっとも多いことが分かりました。

▽へそくりの金額
・50万円未満…23.1%
・50万〜200万円未満…29.5%
・200万〜500万円未満…16.7%
・500万〜1000万円未満…14.9%
・1000万円以上…15.8%

へそくりというと少額のイメージがありましたが、1000万円以上という人が15%もいるのですね。

さらに「へそくりをしている」方の金額を男女別で見ると、男性の平均額が330万円なのに対し、女性平均は514万円と、およそ1.6倍ものへそくりをしている結果となりました。

不仲夫婦ほど「へそくり額」が多い事実

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

ハルメクでは「仲良し夫婦」と「不仲夫婦」で分けての調査もしています。それによると、不仲夫婦ほど平均「へそくり額」が多く、特に女性は男性の約2倍もへそくりしているという事実が判明しています。

▽仲良し夫婦の平均「へそくり」額
・夫…308万円
・妻…479万円

▽不仲夫婦の平均「へそくり」額
・夫…472万円
・妻…898万円

今回の調査はシニア限定ですが、ぜひ50代以下の世代でも事情を調査してみてほしいところですね。

女性がへそくりをする理由は「長生き」と「不信感」

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

そもそも、なぜ女性は男性よりも多くへそくりをしているのでしょうか?同調査では女性の「へそくりの理由」として「自分の老後のため」が挙げられていました。

▽女性が「へそくり」を貯めている理由(自由回答)
・自分の老後のお金に心配がないように貯金している。残されるのは私だから(66歳)
・過去に配偶者が投資で失敗して全財産を失った。それもあり、夫には内緒で300万確保してある。いざというときの「へそくり」は心強い(61歳)

確かに、厚生労働省の2016年度「簡易生命表」によると、現代の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳ですから、理由としては納得できるかもしれません。

「へそくりが多い」=「離婚の可能性が高い」!?

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

さらに、先ほど「不仲夫婦のほう方が、へそくり額が多い」との結果がありましたが、これはつまり「離婚の可能性」を意識していると言えそうです。不仲夫婦のコメントを紹介します。

▽不仲夫婦のコメント
【男性】
・女房はひとりじゃ生活できない。我慢してでも一緒にいた方がお互いにいいはず(69歳)
・相手も小言いいながらも、離婚は言ってこない。相続とかにメリットがないからではないか(63歳)

【女性】
・親としての責任は終わったし、へそくりも2000万円あるから離婚したい(66歳)
・実際問題、放り出したら夫はどうなるか。何もできない人だし。これから何とか折り合いを見つけていかないといけない(73歳)

不仲夫婦でも「妻は夫の約2倍へそくりしている」という点からも、夫のほうが離婚に対して楽観視しているようです。実際にどうかはともかく、男性は万が一、離婚することになっても一人で死ぬまで稼いでいけると思い込んでいるのかもしれません。

同調査の最後には離婚に関する回答もあるのですが、それによると、半数程度の方は離婚を考えたことがある一方、回答者の約90%は結婚生活を30年以上続けており、実際には「離婚しない」人がほとんどです。

へそくりは、あくまで「保険」なのかもしれませんね。

リアルなシニア夫婦の男性心理は?

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

筆者は、婚活FPとしてさまざまなご夫婦の相談にのってきましたが、とりわけ「シニア不仲夫婦の夫側の心理」については、毎回、実に興味深く聞いてきました。一部をご紹介しましょう。

「なんだかんだ言いながら、きっと妻は離婚なんか言いませんよ。だってこのまま同居していれば、私のメシを作るだけで、家賃もかからず生活できるんですから。もちろん、離婚するなら財産の半分は渡しますが、それだと共倒れになるだけです。そのくらい考えていますよ」

これを聞いた時は、こちらの旦那さまは奥さまをナメているなと感じましたが、確かに家計診断をすると、離婚すれば共倒れする可能性が高いと分かりました。とはいえ、逆に奥さまはこの結果を知らないからこそ、暴走して離婚を言い出す可能性があるのですが……。

ほかに、こんな意見もありました。

「離婚ですか?確かにその可能性もありますが、そうなっても大丈夫なように家計の貯金以上に個人資産をへそくりしています。それに妻はずっとパートでしたし、ロクに稼げませんから、まぁ大丈夫ですよ。もっとも、離婚になったらなったで、次を探すだけですけどね」

これも、奥さまが聞いたら激怒するでしょうね……。不仲夫婦になったからこその心理なのか、このような心理だから不仲になったのか。少なくとも、悲しいことにこれが不仲になった夫の心理状態の一つです。

プロが語る「へそくり」のメリット

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

そもそも「へそくり」には、プロから見たときに以下のようなメリットがあります。

・心理的な安心感を得られる

まずは「心理的な安心感を得られる」です。これは早い話、アンケート結果にもあった「残されるリスク」や「離婚に対するリスク」への対策になります。

特に、不仲なほどに後者のリスクは何歳になっても高いままとも言えますから、少しでも多くへそくりをして、いざというときのために備えたいですよね。

ちなみに、夫が亡くなり妻が残された場合、基本的には夫の老齢厚生年金の3/4程度が「遺族厚生年金」としてもらえますから、足しにはなるはずです。

・精神的な優越感や憂さ晴らしができる

次に「精神的な優越感や憂さ晴らしができる」です。これは特に、不仲夫婦ほどに感じられるメリットといえるでしょう。

一般的には、豪華なランチやショッピングなどの浪費に向かうことも多いのですが、へそくりのような「ナイショの貯金」にも、同様の効果があるといえます。また、不仲であるほど、その金額を大きくしないと不満は解消されません。

・夫の浪費から家計を守ることができる

最後に「パートナーの浪費から家計を守ることができる」です。

これは夫婦仲の良しあしに関係なく感じられるメリットである一方、浪費は不仲にも直結しやすいため、むしろ不仲になるのを防衛できるメリットといえます。

ただしこの場合は、「まさかどこかに隠してるんじゃ……」と、へそくりを疑う人もいますから、しっかり隠すことが大切です。

プロが語る「へそくり」のデメリット

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

逆に「へそくり」には、プロの目から見たデメリットもあります。

・少額ずつしか貯められず、運用しにくい

まずは「少額ずつしか貯められず、運用もしにくい」です。へそくりでの最優先事項は、どうしても「パートナーにバレないこと」になります。

バレないよう少額ずつ実行するしかなく、また、運用報告書などの書類が届いたりするとバレるリスクが高まります。

「効率性」という観点では決して良いとは言えないのが「へそくり」なのです。夫婦仲が良いなら、堂々と運用したほうがお金の増えるスピードは速まるかもしれませんよ。

・パートナーの前では使えない

次に「パートナーの前では使えない」です。へそくりは、政治で言うところの「裏金」に相当するような表に出せないお金。

もし使ってしまえば、当然のように「その金はどうしたんだ?」と出所を問われるでしょう。そして少しならばごまかせても、大きな金額にとなれば不信感が生まれてしまうかもしれません。離婚や死別などで夫と別れる日まで陰で貯め続けなければいけません。

・不仲を誘発しやすい

最後に「不仲を誘発しやすい」です。これは不倫に例えると分かりやすいでしょう。

不倫だって、たまに実行する分にはバレないでいられる可能性もありますが、継続するほどにボロが出やすく、次第に気も緩んでしまうもの。

それだけに、最低限の防衛の意味を込めて、バレたときの「言い訳(理由)」はしっかり準備しておきましょう。

「へそくり」であなたの未来は大丈夫?

離婚, へそくり, 夫婦 (写真=PIXTA)

最後に、肝心な点をお伝えします。筆者としては「へそくり」を否定も肯定もするつもりはありません。ただ肝心なのは「それで本当にあなたの未来が大丈夫なのかどうか」という点です。

例えば前述の調査で、へそくりの理由に「長生きや離婚」が上がっていましたが、へそくりがあれば、本当にそういった未来に対して対処が可能なのか、一度、考えてみませんか。

もちろん、「無いよりはあったほうがいい」のは分かりますし、なかには相応の額を貯めておられる方もいるようです。しかし、現実的に「想定する未来に対して足りるかどうか」という点で見ると、へそくりで十分という方は、かなり限られているのが実情のように思えます。

現に、先ほどのアンケート結果を見ても、約70%の女性は500万円にも満たない額しか貯めておられません。緊急資金としては、非常に「か細い命綱」でしょう。それだけに「へそくりがあるから大丈夫」といえるはずはなく、別途しっかりと人生設計をすることが重要です。

夫婦仲が良ければ「へそくり」の必要性はなく、しかも、堂々と貯めることができます。もし可能であれば、「夫婦仲の改善」に意識を傾けたほうが貯金の効率は良いでしょう。

【こちらの記事もおすすめ】
夫婦の貯蓄に「贈与税」がかかる理由
「共有口座」はキケン!? 弁護士がすすめる夫婦の家計管理法
老後のリスクは「長生き」「インフレ」。3つの対処法って?」な理由

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集