(写真=g-stockstudio/Shutterstock.com)

お金が戻るイオン、マックは無料券、ディズニーはパスポート……プチハッピーな株主優待

楽しい優待生活を送れるのはどれ?

身近な投資として、優待株投資が浸透し始めているようです。

「株式投資はハードル高そうだけど、株主優待ならやってみたい」と、そんな声を多く聞くようになりました。

株主優待人気ランキングをみても、日頃お世話になっている企業がランクインしています。

ここでは主に、100株を所有していることを想定して優待生活をシミュレーションしながら人気の銘柄をご紹介していきましょう。

人気の株主優待銘柄:お食事券編4つ

1)愛され優待の代表格!日本マクドナルドホールディングス<2702>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=PIXTA)

株主優待:バーガー類含めた商品の無料引換券1冊(シート6枚)×2回

日本マクドナルドホールディングス<2702>は言わずと知れた世界最大のハンバーガーチェーン、米国マクドナルドの日本法人です。

株主優待の代表格でもある同社は、過去に鶏肉期限切れ問題が起きた際でも、優待目当ての株主が手放さず株価を下支えしたほど。広くみんなに愛されている銘柄です。

株主優待は、優待お食事券(1冊)が年2回貰えます。 優待の食事券は金額ベースのものが多いのですが、マクドナルドの場合はハンバーガー、サイドメニュー、ドリンクが無料で6回分×年2回食べられます。

期間限定のハンバーガーでも使えたり、値段を気にせず選べたりできるのは嬉しいですね。また、店舗は全国各地どこにでもあるので使い勝手が良いのもポイントが高いです。

買い物に疲れたら、マクドナルドでひと休み。いつもの味にホッと癒されるのも良いですね。

2)ランチには最強!吉野家ホールディングス<9861>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=StreetVJ/Shutterstock.com)

株主優待:「吉野家」「はなまるうどん」「京樽」などで使えるお食事券3000円分(300円×10枚)×2回

吉野家ホールディングス<9861>は東京・日本橋発祥の牛丼屋の老舗。牛丼チェーンとしては国内2位です。

讃岐うどんの「はなまる」、ステーキハウス「どん」、持ち帰り寿司の「京樽」もグループです。500店舗体制を目指す「はなまるうどん」は積極的な海外展開で業績を拡大しています。

吉野家ホールディングス<9861>の株主優待は「吉野家」「はなまるうどん」「アークミール」「京樽」などの店舗で使える食事券が年間6000円分(300円分×10枚×年2回)もらえます。

300円単位で使いやすいと評判で、クーポンなどと併用もできます。ちなみに優待券1冊(10枚)は、「吉野家外販商品詰め合わせセット」と引き換えができます。

「お腹が空いたなー」となっても、使える店舗が多いので、優待をしっかり堪能できるのもお得ですね。配当利回り+優待利回りは4%近くあり、20万円以下で買えるのも魅力的です。

女性ひとりだと吉野家には少し入りづらい印象ですが、はなまるうどんなら使えそう。優待とクーポンの合わせ技で、タダでお腹いっぱいになれます。

3)ファミリー層に大人気!すかいらーく<3197>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=StreetVJ/Shutterstock.com)

株主優待:「すかいらーく」「しゃぶ葉」など優待カード3000円相当×2回

すかいらーく<3197>は皆さんご存知のファミレス最大手。主力は「ガスト」。グループで3000店、和食・洋食・中華・カフェなど20を超える業態で展開しています。

17年10月に全業態でサイドメニュー中心に行った値上げやクーポンによる販促で既存店は好調。出店は人気の「しゃぶ葉」中心に行う計画です。

株主優待は、優待カード(3000円相当)が年2回もらえます。すかいらーくレストランツの店舗や、傘下企業の展開する「しゃぶ葉」など使える店舗が多く、ファミリー層に大人気の優待です。

配当利回り+優待利回りで6%近くあるのも魅力的。「しゃぶ葉」ではたっぷりの野菜とお肉を優待で食べられるのは嬉しいですね。

休日の晩ごはんは、「しゃぶ葉」で外食、家族みんなでしゃぶしゃぶはいかがでしょう?

4)「議決権なし」でさらにお得に!伊藤園<2593>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=Takashi Images/Shutterstock.com)

株主優待:人気のお茶やジュースの詰合せ(1500円相当)

伊藤園<2593>は「お~いお茶」で知られる緑茶飲料のトップメーカー。売上の9割を飲料で占めています。お茶系以外にもミネラルウオーター「エビアン」や「充実野菜」などの野菜飲料も手がけています。

2006年にターリーズコーヒーを買収し出店を拡大、利益に貢献しています。3月に下方修正で経常減益見通しとなりましたが、現在株価は切り返しています。

伊藤園<2593>の株主優待は自社製品(1500円相当)で人気のお茶やジュースの詰合せです。

伊藤園には伊藤園第一種優先株式<25935>という株があり、こちらは議決権(株主総会で議決に賛否を入れる権利)がない代わりに普通株より配当が25%多くもらえ、優待も普通株と同様です。優待や配当目的で、議決権はいらないと言う人ならこちらがお得です。

家に戻ると伊藤園の株主優待品詰め合わせが届いていました。「充実野菜」をゴクリと飲んで疲れが吹っ飛びました。

人気の株主優待銘柄:お店でオトク編・2つ

1)日常のあらゆるシーンで使えるイオン<8267>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=PIXTA)

株主優待:3%のキャッシュバック方式

イオン<8267>は総合スーパー、食品スーパー、専門店などを全国展開しています。みなさんの住むエリアにも「イオン」があるのでは。

郊外型ショッピングセンターのビジネスモデルとM&Aで成長、海外にも出店を加速中です。ダイエーや、マルエツ、カスミなどの首都圏でお馴染みのスーパーもイオングループです。

身近なスーパーとしてお馴染み、イオン<8267>の株主優待は、「キャッシュバック式」です。オーナーズカードは、イオン、ダイエー、マックスバリュなどでも使えます。毎回の買い物で3%キャッシュバックされるため、お得に使えます。

さらに、毎月20日、30日の「お客様感謝デー」には、イオンカードを提示すれば、5%の割引特典とキャッシュバック特典を受けられます。イオンシネマやタルポットなど映画館や専門店でも優待料金や割引金額で利用できます。日常のあらゆるシーンで活躍できる頼れる優待です。

爽やかな初夏のある休日、いつもより早く起きたらイオンへ買い出しに出掛けてみてはいかがでしょうか。

2) 家電から日用品まで!ヤマダ電機<9831>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=Sorbis/Shutterstock.com)

株主優待:ヤマダ電機全店で利用できる割引券3000円分(500円券×6枚)

ヤマダ電機<9831>は売上高日本一の家電量販店最大手です。全国47都道府県の全てに店舗があります。ドラッグストアの売り場のように日用品や食料品も置いてある大型店舗もあります。

家電と一緒に快適な住空間を作る新業態「家電すまいる」館をひたちなかに昨年オープン、今後は年間100店舗の業態変更(改装)を行う予定です。

株主優待は、ヤマダ電機全店で利用できる割引券が、3月末に2枚、9月末に4枚(500円券×6枚=合計3000円分)貰えます。 また、株式継続保有1年以上で優待を追加していく制度もあります。

家電だけではなく、日用品・食料品、書籍にも使えるため、とても使い勝手が良い優待です。

配当利回り+優待利回りも8%程度と高利回り、しかも10万円以下で手に入ります。業績を見守っていく必要はあるものの、魅力的でお得な優待銘柄です。

さて、家のドライヤーが壊れたのでヤマダ電機へ寄ってお買い物。新色のネイルも手に入れることもできますよ。

人気の株主優待銘柄:レジャー編2つ

1)夢の国も優待で!オリエンタルランド<4661>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=saiko3p/Shutterstock.com)

株主優待:ワンデーパスポート、年1回

オリエンタルランド<4661>は、東京ディズニーランド・シーの運営会社です。

入園者数は世界有数。ホテルや商業施設のイクスピアリなど「東京リゾート」も展開しています。2020年にはランドで「美女と野獣」や「ベイマックス」などを開設予定、シーでは「アナと雪の女王」の開設を検討中です。

オリエンタルランド<4661>の株主優待は「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」で使える「1デーパスポート」です。400株以上なら3月と9月と年2回貰えます。入場券が値上げとなっても優待なら安心して出かけられますね。

今期は開業35周年に当たり、入場者数の増加から業績の上振れ期待も。株価は過去最高圏で推移しています。

35周年(2018年9月末)は2枚となったり、東京ディズニーリゾート40周年(2023年9月末)には4枚となったりと何周年かに合わせてもさらに特典が付くようです。

家族でディズニーランドに行こう!と計画を練ってみても良いかも知れませんね。

2)旅行好きなら必見!ANAホールディングス<9202>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=aapsky/Shutterstock.com)

株主優待:片道1区間の料金が50%割引となる株主優待番号ご案内書や、ANAグループの優待券

ANAホールディングス<9202>は、日本を代表する航空会社で、国内線、国際線共に首位。LLCのバニラ・エア、ピーチ・アビエーションも傘下です。世界の航空会社ランキングでも常に上位をキープ、訪日外国人の増加や東京オリンピック開催の背景にさらなる飛躍が期待できそうです。

ANAホールディングス<9202>の株主優待は、片道1区間の料金が50%割引となる株主優待番号ご案内書や、ANAグループの優待券が貰えます。 国内線の運賃が半額になるので、これはとってもお得ですね。旅行好きな人なら必見の優待です。

他にも飛行機型カレンダーがもらえたりANAグループの提携ホテルやツアー、ゴルフ、買い物での割引や株主限定機体工場見学会などを申し込める権利などがあります。

毎年夏休みはANAの優待を使って国内旅行。今年はどこに行こうか悩むところです。

人気の株主優待銘柄:番外編2つ

ここからは、株主優待:番外編をお届けしましょう。

1)今年新設となった優待は?ユナイテッド&コレクティブ<3557>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=PIXTA)

株主優待:お食事券10000円相当

まずは今年4月に株主優待を新設した企業をご紹介しましょう。

ユナイテッド&コレクティブ<3557>は、首都圏を中心に展開する鶏料理居酒屋「てけてけ」が主力の企業。

ハンバーガーチェーン「the3rdBurger」、和食の「魚・旬菜とお酒 心」も運営しています。各店舗内で調理して、素材の旨味にこだわった料理を提供するのが特徴です。

18年2月期は増収減益でしたが、19年2月期は出店数を拡大し、業績回復を目指します。

株主優待は1~3万円のお食事優待券です。同社の展開する「てけてけ」「the3rdBurger」「魚・旬菜とお酒 心」で利用できます。株主優待利回りは3%超えと高く魅力的。

高度成長期をコンセプトにした「てけてけ」で絶品の濃厚コラーゲンスープの博多水炊きを頂くと、お肌も心もプルプルに潤いそうです。

2)ユニークな優待JESCOホールディングス<1434>

株主優待, イオン, マクドナルド, ディズニー (写真=PIXTA)

株主優待:旅行会社が企画するベトナム旅行に抽選で5名を招待(創立50周年事業に関わる記念株主優待)

ユニークな優待で知られるのはJESCOホールディングス<1434>です。

JESCOホールディングス<1434>は日本とベトナムに拠点を持ち、アジアで電機設備・電気通信工事を展開している企業です。

設計・調達・施工管理(EPC)を一貫受注できるのが同社の強み。国内では、ETC/防災行政無線事業が下支えし、海外ではベトナムの民間建設需要の拡大に伴い業績が伸長しています。

株主優待はなんと「ベトナム旅行」!100株以上を保有する株主を対象に旅行会社が企画するベトナム旅行に5組10名が招待され、同社のオフィスや関連施設の見学を含んでいます。

こちらは創立50周年に伴う記念株主優待なので、2018年、2019年限定となります。スペシャルな優待にも注目ですね。

楽しみながら株主優待生活を送ろう

株主優待は使ってこそ価値がでます。多くの方に愛され続ける銘柄には、選ばれるわけがありますから、普段着感覚でどんどん使いたいものですね。

使うことで、楽しみながら、その企業に対する理解をより深めることができます。

ご紹介した優待銘柄はどれも広くみんなに愛されているもの。

楽しい優待生活を始めてみてはいかがでしょうか。

【こちらの記事もおすすめ】
優待生活で美しく。 女性投資家おすすめの化粧品銘柄11選
知らないと大損する⁉ 株主優待目当ての投資 4つの注意点
あるIT企業の株主優待が「国立博物館共通パス」な理由

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集