(写真=pichetw/Shutterstock.com)

性格別で見るIPOの買い方、あなたは「抽選参加」「上場後」どっち?

IPO株にも向き不向きってありますよね……

毎年3月、6月、9月、12月は新規上場銘柄(IPO)が増える時期です。この6月はもうすぐフリマアプリのメルカリ <4385> が東証マザーズへ上場します。連日のようにメルカリの情報が報道されるほど盛り上がりを見せていますね。メルカリなどのIPO株を購入するには、IPOの抽選に応募する方法と上場後に市場で購入する方法の2種類があります。

そのため、IPO株への投資にチャレンジしたいと思っても抽選に参加したほうがよいのか、上場してから買うほうがよいのか悩んでしまう人も多そうです。そこで今回は、性格別に見た、IPO株を抽選で買うのに向いている人と上場してから買うのに向いている人をご紹介します。

☆今回お伺いした人……阿部祐子さん
出版社勤務(雑誌編集者)を経てフリーに。2009年CFP資格取得。DAILY ANDSをはじめとするメディアで、社会・金融・ビジネス系の記事や、やさしい言葉を使ったファイナンス系の読み物などを手掛けています。

IPOは一大イベント!お祭り騒ぎ好きなら抽選参加もあり?

--IPOはほかの投資方法と比べると、どんな人に向いている投資方法なんでしょうか?

IPOは「目論見書(その企業が行う事業やその他の事項に関する説明が記載されている文書)」を読んで抽選に申し込み、当たったところから「イベント参加」が始まります。その企業のことが気になり、ドキドキして上場当日を迎える……。そういう「自分が一員になった」感は、株式投資を始めたばかりの人(投資初心者)にとっては楽しい経験になるのかな、と思います。

もちろん「IPOならなんでもいい」「儲かりそうだから」というのではなく、自分なりに調べて「この企業は伸びそう」「お金を投じてもいい」と思えることが大事です。なぜなら、若干ドキドキしながら真剣に調べる、そして、情報に敏感になる。それが、投資をするにあたって忘れてはならない大切な姿勢だからです。

データ分析や情報収集が好きな勤勉タイプは上場後に買うのもアリ

--初心者が買うならIPOよりも上場後に買ったほうがよいという銘柄はありますか?

I上場後に買ったほうがよい「IPO銘柄」は、投資家として「この企業は伸びる」と思う根拠があるかどうかです。(そういった銘柄があるなら、)直近の株価チャートを見て、なるべく安値のところで(指値するなどして)買って株主になる方法はアリだと思います。

ただ、東証マザーズなどの新興市場はボラティリティ(価格の変動性)の高い銘柄が多く、そのダイナミックさが人気ではありますが、投資に慣れていないと(値動きの激しさに)疲れてしまうかもしれません。

「何を求めて株式投資をするのか」を考えたとき、もし「そんなにドキドキしないで、安定した利益が手に入れるほうがいい」という人であれば、東証一部だけでも2090銘柄(6月11日現在)が上場しています。「配当利回り」「自己資本比率」などで検索すると、爆発的な上昇はなさそうでも安定した値動きをしている銘柄はあります。とにかく株式市場は広いので、特にIPO銘柄にこだわる必要はないと思います。

優柔不断な人は人気の高いIPO株を買って初値で売却するのがおすすめ

--優柔不断な人はどうしたらいいでしょうか?

その企業に思い入れがなく「人気のIPOで儲けたい」なら、ぜひ前日(もしくは当日の朝)に「成行(なりゆき)」で売り注文し、初値で利益確定をするといいですよ。ただし「必ず儲かる(利益確定ができる)」かどうかは、誰も約束できません。

株式投資で性格が変わる人もいる!?

IPO, メルカリ, 買い時 (写真=PIXTA)

--株式投資には性格が影響するものでしょうか?

自動車を運転すると性格が急変する人がいるように、株式投資をする際につい熱くなってしまう人もいれば、消極的になりすぎてしまう人もいます。でも、それは従来の性格とはまた異なったものです。

投資経験が浅いうちは、投資をすると自分がどんな性格になりやすいのか、傾向をつかむようにするとよいでしょう。

投資をしていくなかで、ときには購入した株の価格が下がってしまい、売却損を出さなければならないこともあるでしょう。そのような決断を重ねていくうちに、自分の性格を踏まえた投資スタイルが確立されていきます。

自分の資金を投入して行う株式投資は、つい(気持ちが)熱くなってしまいがちですが、できるだけ冷静になれるよう心掛けましょう。また、購入した株式の値が下がった場合はそのまま持ち続けるのか、あるいは売却するのかの検討を。売却するならあらかじめ価格を決めておけば投資による損失を上手にコントロールすることができるでしょう。

あなたはIPOで投資する?上場してから買う?

今回は阿部祐子さんに、IPOに向いている人と上場してから買ったほうがいい人について、性格別のタイプをお聞きしました。自分の性格がどちら向きかが分かると、自分に向いている投資スタイルが分かり、より真剣に投資のことを考えられるのではないでしょうか。

阿部さんのアドバイスを参考に、あなたもこれからのIPO投資ライフを検討してみませんか。

【こちらの記事もおすすめ】
メルカリ上場で初値はどうなる?「IPO」投資をおさらいしよう
IPO投資「よい」株の見極めポイント3つ!あなたはメルカリをどうみる?
なぜ「メルカリ上場」はここまで注目されるのか?IPO投資のおさらいと徹底分析

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集