(写真=Mocha)

キャリア女性の交流の場「ゴルフ」これから始める人に必要な準備とお金

ゴルフデビューに必要な費用は?

仕事を持つ女性の交流の場としても認識されるようになってきたゴルフ。他のスポーツに比べて道具やプレー代など高額で二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、ゴルフデビューに必要な道具やグッズ、かかる費用などについてご紹介します。

ゴルフデビューに必要な道具とその費用

ゴルフデビューするときに、用意したいものとして道具とグッズがあります。

ゴルフデビュー,道具,費用 (画像=Mocha)

ゴルフをするときにまず揃える道具はクラブです。1本数千円から何十万円もするクラブまであり、初心者がドライバーやアイアン、パターなど必要なクラブを1本1本選ぶのは一苦労。そのため最初は気軽に購入できるゴルフセットが人気です。

ゴルフシューズも大事な要素。スポーツシューズを利用できればよいのですが、芝の上は歩きにくいのでゴルフ用のシューズ着用が必須です。この他にも、ボールや1打目を打つときにボールを乗せるティーなどグッズも必要です。これらのグッズは数千円程度の支出で済みますが、ゴルフ用のボストンバックや日焼け止めなどを入れて持ち歩くサブバックなども購入すると数万円はかかります。

ゴルフデビューの前には、ゴルフ練習場での練習が必須です。ボール代は時間帯や曜日、練習場によって違いがあり1球10円から20円程度が相場でしょうか。100球打ったとして練習代は2000円程度。一般的に利用料はかかりません。

なお、プロのレッスンを受けると別途費用がかかります。コーチにもよりますが、私が受けたレッスンは8回2万円のコース。約2ヵ月のレッスンと自主練習でまっすぐ球が飛ぶようになり、めでたくデビューに至りました。

これまでの費用を計算すると、やっぱりゴルフってお金がかかるスポーツだと思ってしまいますよね。でも、工夫によってデビューにかかる費用は抑えることが可能なのです。

実力に合わせて、道具やグッズを買い足していけば初期費用は抑えられる

ゴルフデビュー,道具,費用 (画像=Mocha)

例えば、初心者ならゴルフセットは本数を抑えたハーフセットで十分だと思います。1本1本揃えるより安価で、キャディーバックだけでなくゴルフシューズがセットなっていることも。また、通販や中古クラブであれば費用を抑えることも可能です。ある程度上手くなれば道具を買い替えたくなります。使わなくなった道具一式を譲り受けることができればラッキーですね。

最近では、ネットでゴルフクラブをレンタル予約し、ゴルフ場での受け取りや返送ができるサービスもあります。1万円程度の費用でできるので、購入するには早いと考えているなら利用してもいいかもしれません。

ゴルフボールはコントロールができないうちは、池ポチャや崖の下に落とすこともよくあること。私は高価なボールを無くして泣かないように、格安な中古ボール(ロストボール)を購入しました。この他にも、マーカーはゴルフ場の備品を借り、ゴルフ用のボストンバックもわざわざ買わなくても手持ちのスポーツバックで代用できます。

最初から高価な道具をそろえるのも良いですが、まずは必要最小限を揃える。そして、実際にコースに出てから自分の実力に合わせて、道具やグッズを買い足していくこともゴルフの楽しみ方のひとつです。

上手に費用を抑えて楽しむ

おしゃれをするのもゴルフの醍醐味。ウェアや帽子にこだわったり、普段着ないような色を身に付けたりと、キャリア女性の交流の場はさながら品評会の様相です。そのため毎回同じ服を着ていくわけにはいかないし、速乾性など機能の充実したものや防寒着など季節に応じたコーディネートも要ります。一般的に価格は高めに設定されているので、定価で購入すると結構なお金が出ていきます。何か工夫が必要ですね。

例えば、百貨店の友の会に毎月一定額の積み立てをすると、1年後の満期時に1ヵ月分程度のボーナスが上乗せされた商品券やプリペイドカードが届きます。 月々1万円ずつ1年間積み立てると、積立金額12万円に対して13万円分の商品券がもらえる計算です。百貨店によっては友の会の商品券は店舗で5%割引など優待割引が受けられることも。

バーゲンの時期を狙って使用すると、より一層割安に購入できますね。もっとも友の会で積み立てた商品券は、他の百貨店では使えません。スポーツ用品売り場にお気に入りのゴルフ店があることを確認してから友の会を申し込んでください。

また、株主優待を利用するのもお勧めです。ミズノ株式会社では、保有基準日現在100株(1単元)以上を所有している株主に対し、ミズノ直営店で利用できる株主優待割引券(2割引)が送付されます。

まとめ

ゴルフはプレーを通じて親睦を深められるのも魅力です。共通の趣味があれば会話も増えるので、職場以外での友達作りや、子どもが巣立った後の夫婦時間にもうってつけのスポーツです。こだわればこだわるほど費用はかかるもの。人生100年時代の楽しみとして、お金と身体に負担をかけない程度にゴルフを楽しみたいですね。

辻本 由香
おふたりさまの暮らしとお金プランナー
企業の会計や大手金融機関での営業など、お金に関する仕事に約30年従事。暮らしにまつわるお金について知識を得ることは、人生を豊かにすると知る。43歳で乳がんを発症した経験から、備えることの大切さを伝える活動を始める。結婚を機に奈良に転居し、現在は奈良で独立系のFP事務所を開業。セミナーを主としながら、子どものいないご夫婦(DINKS・事実婚)やシングルの方の相談業務、執筆も行っている。FP Cafe登録パートナー

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集