(画像=Early Spring/Shutterstock.com)

(PR)「貯金だけ」で安心してない?おひとりさま女子が見逃している3つのこと

リッチな100年ライフを実現しよう

色とりどりに仕上がったお弁当に朝からテンション上がり気味の「お弁当女子」。心も満たされる上にお財布にも嬉しい、定期預金の数字もじわじわと増えて笑顔がこぼれる……。

でもちょっと待って!あなた、もしかして「貯金だけ」で安心していませんか?

「ストック&フローリッチ」な100年ライフの実現に向けて見逃してはいけない3つのポイントをお伝えします。

(1)貯金が目減りする!?インフレリスク

最初にお伝えしたいのは「インフレリスク」です。日本銀行の政策決定会合では2013年以降、年2%の物価上昇率を目標に金融政策を実行しています。2%物価が上昇すると私達にはどんな影響があるのでしょう。

例えば今、家賃8万円のマンションに暮らしているとすると、2%物価が上昇すると1年後の家賃は8万1600円になります。2%の物価上昇が10年続いたとすると家賃は約9万7520円と1.2倍に!

物の価値が上がるということは貨幣の価値が下がるということです。貨幣の価値からすると約22%の減少ということになります。これがインフレリスクです。2%の物価上昇率が10年続くと1000万円の貯金は780万円の価値になってしまうという事を見逃さないで下さい。

(2)お金をいろんな方法で「保管」せよ。リスク分散の重要性

「貯金だけ」で安心してない?おひとりさま女子が見逃している3つのこと (写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

じゃあ、どうすれば良いの?というあなたにお伝えしたいのは「お金に働いてもらう」しかも、リスクを軽減しながら効率良く、ということ。

資産運用の世界には「卵を1つのかごに盛るな」という格言があります。インフレリスクの例のように節約して貯めた資産の全てを同じ方法(かご)で保管していたら全てが同じリスクを負います。しかし、これをいくつかの方法(かご)に分けて保管しておくと、リスクを分散することができます。

分散と言っても投資の種類はたくさんあります。「株式」「債権」「預金」「金」「不動産」「仮想通貨」……。お金の勉強をしながら概要だけでも理解できるようになると、お金を増やすのももっと楽しくなりそうですね。

(3)ストックリッチは本当に安心?

「インフレになっても貯金をたくさん持っていれば安心じゃない?」と思うかもしれませんが、貯金がたくさんある「ストックリッチ」にも落とし穴があります。

将来、貯金を取り崩すだけの生活を想像してみてください。いつまで長生きするかわからない中、果たして安心してお金を使えるでしょうか?「いつか貯金がなくなったらどうしよう」と不安になってしまいそうではありませんか。

本当に安心できるのは、適度に資産があり、収入も継続的に入ってくる「ストック&フローリッチ 」な状態です。

収入の維持をするにはリカレント(学び直し)をして、定年後も収入が得られるような知識やスキルを身に付けることが大切です。

経験豊富な女性FPさんの話を聞きに行こう!

貯金の一部を投資に振り分けてお金に働いてもらうには、お金の基礎知識を身に付ける必要があります。

そこでおすすめしたいのが、「【女性限定】人生は投資の連続。おひとりさまが生涯リッチであり続けるための資産づくりセミナー」(参加無料、2018年7月21日開催)です。

『「株」で着実に資産を10倍にふやした私の方法』(ダイヤモンド社)などの著書があるファイナンシャル・プランナーの横山利香さんが講師となり、資産運用の基本や体験談について講演します。後半では、共に不動産購入経験のある横山さんとDAILY ANDS編集長のくすいともこが対談し、資産運用の中でも特に「不動産」について深掘りします。

会場は銀座1丁目駅から徒歩1分と好立地!まずは経験豊富な女性FPさんのお話を聞いてみることから、リッチな100年ライフへの一歩を踏み出してみませんか?

>>経験豊富な女性FPさんの話を聞きに行く

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集